海が太陽のきらり

作者 吉岡梅

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    陽子の語りが楽しくて、とても面白かったです。
    可愛いけど、やっぱりちゃんと妖怪な陽子も興味深くて、熊楠さんみたくグイグイ行きたくなりました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    妖怪主観という事で、少し浮いたような書き方にしてみました。
    楽しんでいただけたのであれば嬉しいです!

    2019年11月28日 05:51

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    はじめまして、企画から来ました。

    独特の世界観と童話のようなお話。
    同じあらすじでも、こういうのもできるんだな。と勉強になりました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    丁度ハロウィンの時期に書き始めた事もあって、怪異モノで行ってみようと思い立ったのです。

    2019年11月27日 06:34

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    文章からにじみ出る優しげな雰囲気と「もくりこくり」という存在が出てくる不思議な世界観がよく合っていて、物語に引きこまれました。
    優しいだけではなくて、「おとこの人をかみ砕く」のように、少し怖い表現があることで「もくりこくり」の存在をよりリアルに感じました。

    最後の終わり方も好きです。切ないけれど切なすぎなくて、優しくて。
    本当に素敵な作品でした……!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    企画のプロットもあり、お別れのお話にしよう、でも、すっと行きたいと思っていたので、そう言っていただけると嬉しいです。

    そして怖さ。やはり怪異モノですから!出さねば!と思い入れてみました。笑。

    2019年11月18日 20:34

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    温かく包み込まれるような雰囲気で、とても素敵でした。
    特に、やわらかい文の中にさらりと書かれている“かみ砕く”という表現が、個人的にはツボです。
    優しいだけではない、妖怪っぽさがこの一語に表れている上に、他の部分との違和感もギャップ萌えレベルで丁度よかったです。
    ただ読み返したら、一話目の表記は漢字になっていたのですが、なにか理由があったのでしょうか?

    あと、ものすごーく些細なことなのですが、“いるか”の傍点はなくても大丈夫な気がしました。
    おそらく読みやすくするために付けてくださったのだと思うのですが、あの文章ならなくても問題なく読めるかと。
    私が気付いていないだけで他に理由があったらごめんなさい。
    本当に「なくても大丈夫だと思いますよ-」というだけです。

    最後まで温かいお話で、幸せな気分になりました。
    ありがとうございます。

    作者からの返信

    かみ砕く/噛み砕くの混在は、うっかりミスです。気づいていませんでした!
    そして、いるかの件は、ご推察の通りです。リズム的に句読点は置きたくないし、かといってカタカナでイルカよりはひらがなにしたい。でも読みにくそう、という事で傍点でした。ご指摘ありがとうございます。

    楽しんで読んでいただけたようで、嬉しい限りです。こちらこそ、ありがとうございました。



    2019年11月18日 06:44

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    す……素晴らしい(言葉が出てこない)。

    設定、ストーリー、語り口、どれも完璧だと思います。

    よーこちゃんが可愛いくて。もうだめ。でも、私たちとは相入れない存在だというところまできちんと描かれていて、お手軽ファンタジーとは一線を画しています。ほんと、すごい。

    なるほど、川上弘美さんかぁ。『海石』は読んでませんけど、私も好きな作家さんです。『真鶴』とかすごく好き。

    遅ればせながら、私もこの企画書いてみようかなーと思ってたのですが、ちょっとこれは書く気が……いやでも書きますけど。

    ともあれ、本当に素晴らしい作品を読ませていただきました。ありがとうございました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。恐縮です。
    そうなのです。川上博美さんの真似なのです。設定など、ほぼそのままです。是非是非ご一読を。

    川上さんは恋愛小説や、文学ものや、実験的な企みのものまで、本当にすごい方だと思っています。中でも初期の頃の、なにこの人シャーマン?妖怪?と思えるようなお話が大好きなのです。真鶴も、怖美しいというのでしょうか。凄いですよね。

    楽しんでいただけたのであれば、嬉しいです!

    2019年11月14日 19:16

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    優しい物語ですね。素敵なラストでした。
    海に生きる生物(?)と人間の境界線がわかりやすく、暖かく書かれていて、胸にじーんとしました。
    また読み返したくなるような作品です。

    作者からの返信

    ありがとうございます。怪異モノですけど、優しいお話にしてみました。
    楽しんでいただけたのであれば、嬉しいです!

    2019年11月14日 08:09

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    吉岡梅さん! あー、幸せなひとときでした…。
    のんびりゆったりなのに、最後まで一気読みでした。
    もし、すぐそばにある異界と柔らかく繋がるなら、
    こんな風がいいです。
    (陽子ちゃんにかじられるのはごめんこうむりたい)
    陽子/なあに
    がもう、堪らなかったです!
    素敵な時間をありがとうございました!

    作者からの返信

    ひょっとしたら、あるかもなあ、いるかもなあ、というのが怪異モノの楽しさのひとつなので、そう感じて頂けたのであれば嬉しいです。ありがとうございました。

    2019年11月9日 17:39

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    可愛くて、切ない。
    圧倒される世界観と文章でした! 素敵な物語をありがとうございました~!(*´▽`*)

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    怪異モノなのでどうかなあと思っていたのですが、楽しんでいただけたのであれば嬉しいです!

    2019年11月7日 21:49

  • 満月ともくりこくりへのコメント

    >熊楠はグイグイ来たけれど

    この表現が妙にツボに入りました……っ(*ノωノ)

    作者からの返信

    たぶん興味津々でグイグイ来そうと思って書いてみました!

    2019年11月7日 21:49

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    初めまして~。語りがすごく可愛いですね!(≧▽≦)
    人目で可愛さに魅了されちゃいました( *´艸`)

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    フワっとした感じで書いてみました。笑。

    2019年11月7日 21:48

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    すてき!
    泣きそうです。

    なあに。

    愛しい子猫が、呼びかけに振り向いてくれた時の様子を重ねてしまいました。うれしい。
    愛おしい終幕でした。

    作者からの返信

    ありがとうございます。「別れ」のプロットのお話ですが、こう、「優しいお別れ」のような形にしてみました。
    楽しんでいただけたのであれば、嬉しいです!

    2019年11月5日 17:01

  • 満月ともくりこくりへのコメント

    胸の中で物語がごろっとふんわりと、不思議な存在感。

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    こういう不思議な感じが大好きです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。いいですよね、ふんわり妖怪モノ。好きなジャンルなのです。

    2019年11月5日 16:59

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    一瞬、ジロドゥの『オンディーヌ』的な展開かと思って「いいそ、やっちまえ!」と応援したところで、陽子の心優しさに荒んだ心を癒されました。すみません。素敵な展開と物語だったと思います。

    作者からの返信

    そう言われてみると、絢爛豪華な悲劇、のような展開もいけるかもしれませんね。意識していませんでした。
    プロットもあり、キャラクター的にもこんな展開にしてみました。ありがとうございました。

    2019年11月5日 16:58

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    自主企画の趣旨に興味があり、勉強のつもりで読ませていただきましたが、控え目に言って最高でした!!

    陽子の可愛さも、「せつない」という言葉の使い方も、海斗を陸へ返した理由も、一年後の再会も、全てがツボでした。
    最後はジンときて目頭が熱くなりました。
    吉岡様のセンスと才能に脱帽です。

    素晴らしい物語を読ませていただきありがとうございました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。「優しい怪異モノ」とでも言うのでしょうか。そのあたりを念頭に置いて書いてみました。
    楽しんでいただけたのであれば、嬉しいです!

    2019年11月5日 16:56

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    素敵でした。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    楽しんでいただけたのであれば、嬉しいです!

    2019年11月3日 16:42

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    かわいいとちょっと怖いのバランスが絶妙ですね。とても好きな空気感のお話でした。指摘のしようがありません(笑)素敵な物語をありがとうございました(#^^#)

    作者からの返信

    ありがとうございます。ハロウィンも近いので、怪異要素も入れてみました。笑。
    ちょっと変化球かなあと思っていたので、楽しんでいただけたのであれば嬉しいです!

    2019年10月28日 21:54

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    はじめまして。企画から参りました。ふづき詩織と申します。

    とても可愛い小説でした…。

    まず、もくりこくりの語る豊かで少し不思議な情景と、単純ともいえる心情(「よくない」「かわいい」など)の文章的なギャップがとても素敵です。かわいい。
    そしてもくりこくり(語呂が良いです)。浅学ゆえにもくりこくりが何なのか解りませんが、外見上可愛いとは言い難い生き物を想像しました。なのに、なんか可愛い…。語りの愛らしさの為せる技ですね!

    一方で、熊楠に関する回想や海斗と陽子の「好き」の違いの部分で、こんなに可愛い陽子が実は得体の知れない海の生き物であることを思い出してハッとしました。
    可愛いだけと思っていると喰われてしまうかもしれません…。

    この世界観、思いのほか好みでした。新しい世界への扉が開かれた気がします。
    ありがとうございました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。そうなのです。もくりこくり、語呂がいいですよね。笑。海岸回りに伝わる、妖怪なのだそうです。
    音の響きにひっぱられて、可愛らしいイメージで書いてみました。

    そして、怪異モノの世界へようこそ!笑。
    楽しんでいただけたのであれば嬉しいです!

    2019年10月28日 20:44

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    なんだこれ、ただの名作だ(T_T)

    すっごく良かったです。また何回でも読みたいです。それくらいパーフェクト。指摘? ありませんよ、そんなもの。

    ありがとうございました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。恐縮です。
    なんとか(怪異モノで)いけそうと踏んで、(怪異モノの)王道を目指して書いてみました。
    楽しんでいただけたのであれば嬉しいです!

    2019年10月28日 18:23

  • 満月ともくりこくりへのコメント

    てめえ、海斗、手ぇ握ってんじゃねーよ、と思ったら、お話にならないくらい経験が上な様子のよーこちゃん。マジか。

    作者からの返信

    はい。笑。
    100年以上お姉さんなのです。

    2019年10月28日 18:20

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    お、お、……(落ち着け)
    なんですか。この可愛い生き物。ヤバいです。心臓ばくばくです。

    フレーズを抜き出せないくらい全ての文章が好みです!(でも無理矢理抜き出す)

    いいなあ。どうしたらこんな文章書けるのだろう。私だったら、無理してもほころびが出ると思います……。

    作者からの返信

    ありがとうございます。こう、フワっとしてて、ややしすぎていて手に余るような感じをイメージして書いてみました。

    2019年10月28日 18:20

  • 満月ともくりこくりへのコメント

    熊楠はぐいぐい来た。

    作者からの返信

    はい。かの熊楠氏なら好奇心が前に出そうと思って書いてみました。笑。

    2019年10月28日 18:18

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    このお題で、こういう話が浮かぶなんて、別次元の才能を見せつけられた気がします。

    作者からの返信

    恐縮です。ハロウィンが近かったので、怪異か怪談のお話はどうだろう、と思って書いてみました。

    2019年10月27日 06:07

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    すごい。パーフェクトではないですか。指摘はですね……うーん、しいていえば、スマホで読もうとした時にちょっと字がびっしりかな、と感じたことくらいです。それで今改めてPCで読んでいるわけですが、単に私がスマホで読むのに慣れていないせいだと思います。適度に改行が入っていますしね。

    >下からにょろにょろ伸びてくる皆の頭をぺんぺん叩き、海坊主に襲われないよう、エイ達に無事海斗を浜辺まで送り届ける様に頼みました。無理やりというのは、駄目なのです。よくない。

    ここの流れが特に素晴らしかったです。陽子の優しさが溢れています。
    ぺんぺん叩くのがかわいいし、最後の「よくない」。
    いやーすごいですね。拍手です。

    作者からの返信

    文字の密度的な物ですか。確かにこのお話ですと、もう少し減らした方が雰囲気も出そうですね。あまり意識してない項目でした。

    優しいお話、との感想は嬉しいですね!なんだかんだで、そういうお話が好きなのです。笑。ありがとうございました。

    2019年10月25日 05:38

  • 満月ともくりこくりへのコメント

    面白いですねえ。あちこちに面白い表現が散りばめられていて、じっくり読みこんでしまいます。

    作者からの返信

    ありがとうございます。いろいろ試してみました。笑。

    2019年10月25日 05:34

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    けつまづき、手を突きながら駆け寄ってみると、石はすぐ傍にうっちゃられています。よくない。

    この「よくない」がすごく好きです。
    この作品、長新太さんを思い出しました。

    作者からの返信

    長新太さん!「おしゃべりな玉子焼き」ですね。プルルップ、トロロット、タッター、でしたっけ。
    そうですね、童話のような雰囲気で書いてみました。

    2019年10月24日 17:18

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    うわっ、何コレ、すご〜い!
    完全にやられちゃいましたね☆

    一番ぶっ飛んだ作品を書いてやろうと思っていたのですが、この作品を超えるのは無理です。脱帽。

    せめて、最高齢陽子ちゃんの座は渡さんぞ!とは思っているのですが。
    年齢は後出しジャンケンが出来るので、あんま意味ないですよね?

    戦う前から完敗です。
    素晴らしい作品と邂逅出来ました。
    乾杯🍻

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    恋愛モノというより、怪異モノのつもりで書いてみました。笑。
    最高齢陽子ちゃん、どんなお話になるのでしょう。楽しみです。

    2019年10月24日 07:28

  • 満月ともくりこくりへのコメント

    熊楠さんというと、有名な南方熊楠さんて方がいらっしゃいますけれど関係あるのかな?

    もし構わなければ、ようこちゃんの年齢をお伺いしてもよろしいでしょうか?

    >オコゼのヒレみたいなふりふり

    この表現が可愛い🐠

    えーと、人食べたの?可愛い顔して意外と獰猛ね〜★

    作者からの返信

    はい。あの南方熊楠さん本人です。笑。
    年齢は200歳くらいかなあ、と考えてます。

    2019年10月24日 07:26

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    最初、人魚かな〜?
    と思ったのですが、『もくりこくり』。存じ上げませんでした。
    でも語感が可愛い♪

    ようこちゃん。話し方などから判断して、可愛い女の子のイメージだな♡

    作者からの返信

    ありがとうございます。そうなのです。妖怪なのです。

    2019年10月24日 07:24

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    これは面白い!(語彙力
    子供に読み聞かせしてやりたい物語だと思います。
    他の方もおっしゃってますが、陽子の人間ではない感情の動きがとてもよく表現出来てるなぁと感心しました。
    素敵な物語をありがとうございました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    少し浮いているというか少し違う感じが伝わっていたら嬉しいです。

    2019年10月23日 20:36

  • 満月ともくりこくりへのコメント

    なるほど、絵本やお伽噺のような手法なんですね。

    作者からの返信

    そうですね。おとぎ話のようなイメージで書いてみました。

    2019年10月23日 20:35

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    陽子ちゃんが可愛くてたまりませんでした。さすがです!

    すべての生き物たちがもっと親密になるといいですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ちょっと天然系というか不思議系とでも言うのでしょうか。そんなセンで行ってみました!

    2019年10月23日 17:43

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    はああああ…………とってもよろしい…………(仰臥

    って、すみません、いきなり。
    ご挨拶が遅れました、壺天と申します(礼

    もう、御作がとっても好みで。
    足跡ついでに、感想をば。
    南紀というワードになじみがないために、『あーあそこかぁ』と察しをつけぬまま、さらっと読み始め。
    熊楠というワードに『おーっとぉ?』っと、線が繋がりました。
    色々言いたいことは出てくるのですが、一番良かったのは、陽子ちゃん(もくりこくり)の中にある、異なるモノの情感がとても異なるモノらしくて。
    ああ、この生き物は、違うモノなのだと自然に思えました。
    それが陽子ちゃんと海斗君の距離を感じさせて、優しい遣る瀬無さを抱きました。
    陽子ちゃんの語り口も、ぽつぽつと湧き上がるような素朴な思いを述べるようで、物語に寄せる読者の心に柔らかかった、というか。
    とても感覚的な感想で申し訳ないのですが、総括すると、とっても良いお話でした!という(笑
    初めましてで長くなり恐縮です。
    では、良い物語をありがとうございました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。そうなのです。熊野では、熊楠さん周りでは、不思議なことが起こっていて欲しい!という思い込みで書いてみました。笑。

    そして、やはり、もくりこくりは人ではないので、その辺りの考え方や感覚の違いはきっちりと、ですが、当人にとっては当たり前のようにすっと出したいと思って書いてみました。楽しんでいただけたのであれば嬉しいです。

    2019年10月23日 17:41

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    確かに、誰よりもめっちゃ地元ですねぇ(笑

    作者からの返信

    はい。完全無欠の地元勢なのです。笑。

    2019年10月23日 17:38

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    おはようございます、薮坂です。
    読ませて頂きました。

    まず一言。完成度が凄い!
    いやなんですかこのお話。全く隙がなく美しく配置されたキャラクタ、ストーリー、表現、モチーフ。どれをとっても素晴らしい!

    まず発想がすごいですよ。妖怪であるもくりこくりが人間の少年と出会うという、いわば「王道」のお話ではあるかもですけど、我々側ではない「もくりこくり」を語り部にしているのに、共感できる。せつなくなってしまう。
    これは丁寧な筆致がそうさせているのでしょうね。本当に勉強になります。

    いやぁ、完璧すぎて「あえて惜しいところをあげるとするならば」が言えない。絵本になったらすぐ買いに行きます!

    素晴らしい作品を、ありがとうございました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ハロウィンも近い事ですし、怪異側に立って書いてみました。笑。
    こういう怪異なら、こう考えるのかなあ、と相談しつつ書いていたので、うまいこと共感していただけたのであれば、嬉しいです。

    2019年10月23日 17:37

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    こんばんは、南紀という言葉に惹かれて覗いてみれば、和歌山の妖怪のお話で驚きました。
    もくりこくりは水陸両用の妖怪で、陸側の鼬に似た姿の話が多く伝わっているみたいですが海側がフィーチャーされていてよかったです。
    熊楠に最初にもくりこくりのことが伝わったときも、クラゲのような姿と言われていたのでまったく矛盾がないですね。
    素敵な文章で綴られる和歌山のお話、ありがとうございました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。海の怪異のお話という事で、舞台はどこかなあ、熊野かなあ、神島の子にしようかなあ、などと考えてるうちに、田辺周辺に落ち着きました。

    実は海斗くんのお母さんは熊野の巫女で、家に遊びに来た陽子を見て、「あら、珍しい。連れて行かないでね」と正体を見抜いて釘をさすような展開も考えていたのですが、長くなるので止めたりしています。笑。

    2019年10月22日 05:53

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    初めまして。偽田中一郎と申します。
    同じ自主企画に参加させて頂きました。
    こうして同じあらすじを元に書かれた作品を読むのは不思議な感じがします。

    物語、3話目を見て、やられました。
    もう完全にやられました。
    絵本の世界のような、ちょっと理不尽なことがまかり通る世界観なのかなと思いきや、綺麗にまとまっていて、うむむと唸りました。

    陽子を求める海斗の気持ちを想像する余韻が、個人的には良い読後感となりました。

    同じあらすじから生み出されたとは思えない。
    そんな作品でした。
    ありがとうございます。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    プロットを拝見するに、たぶん恋愛モノになるのだろうなあ、と思ったので、そこから外して、怪異モノを書こうとしたのがギャップになったのだと思います。

    ちょっと変化球にすぎるかなあ、と思っていたので、楽しんでいただけたのであれば、嬉しいです!

    2019年10月20日 19:19

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    企画から来ました。
    これはすごいですね。
    素晴らしいです。
    ファンタジー、になるんでしょうかね。
    絵本のようなビジュアル付きで読みたくなりました。陽子視点を貫いたのもステキです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ファンタジーですとか、ホラーですとか、そっちよりな気持ちで書いてみました。
    楽しんでいただけたのであれば、嬉しいです。

    2019年10月19日 20:37

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    企画へのご参加、ありがとうございました。

    やられました。完全に。いいお話でした。

    冒頭の強烈なインパクトも去ることながら、もくりこくりの一個体が語り出す海の世界と人間の世界。読んでいて心地よくなる童話のような陽子の言葉の数々に、まず心が持っていかれます。
    その理由が摩訶不思議な海の生命体だと判明してからは、「ちくしょうやられた!」と思わず天を仰ぎました。
    ロマンチックです。とても。

    御伽噺のようなロマンスでありながら、文章そのものはとても丁寧かつシンプルに構成されていて、読みやすい。文節の最後に陽子の感想がぽろっと添えられているのが可愛らしく心地よく、どんどん先に進んで行きます。

    構成もしっかり要点を押さえ、「男女の出会いと別れ」「海天井の美しさを(月明かりに置き換えて)表現」「その後の二人の切なさ」が高いレベルで表現されていました。

    圧倒的個性を持ちながら、隙が無い。この仕上げ方なら、学生の朝読小説にも使えそうです。お見事。

    「目を向いてごぽごぽ」という部分が、誤字(目をひん剥いての剥いて)なのか、方角を指していたのかが分かりにくかった、のが唯一の指摘点です。

    読者として非常に楽しませて頂きました。素敵な作品をありがとうございました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。恐縮です。

    実はこのお話は、川上弘美さんの短編「海石(いくり)」というお話の設定をほぼそのまま拝借しているのです。いわば二次創作のようなもので、まとまりがよかったり、ロマンチックだったりするのは、そのためだと思います。

    私は初期の川上弘美さんの、幻想的というか、現実と幻想を軽々と繋いでしまうような「やり口」が凄く好きで、企画とプロットを拝見して、「あ、あのやり口を紹介できそう」と思い、いっちょやってやるぜと参加させていただきました。笑。

    機会があれば、川上さんのお話をご一読ください。私のこのお話は、いろいろとふざけたりしていますが、川上さんのお話は、それはもう、ぞっとするほど綺麗で、うっとりすること請け合いなのです。

    また、今回も企画の立案ならびに運営、本当にお疲れ様です。ご無理の無いよう、楽しんで進めて下さい。私もまた、楽しませていただこうと思っております。

    そうそう、「目を向く」の件、「剥く」の誤字でした!ご指摘いただいてありがとうございます。しれっと直しておきたいと思います。

    2019年10月19日 20:35

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    冒頭のパワーに完敗です。

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    素敵な作品をありがとうございました。
    ほんとうに「まさか!?」でしたので、すぐに小説の世界に引き込まれてしまいました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    企画のプロットを拝見して、海斗は高2指定ですけど、陽子の年齢が設定されていないという事は、100歳オーバーでもいいんですね!と勢いで進めてみました。笑。

    2019年10月19日 17:37 編集済

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    まさかの設定というか、そう来たか! と思いました。
    不思議な雰囲気でほんわかしていて、でも、ちょっと怖くて面白かったです。

    読みやすい文章で、表現も可愛らしくて素敵でした。
    >陽子。なあに。陽子。なあに。
    ここも素敵で。可愛いからこそ、余計切ない気分になりました。
    とても良かったです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ハロウィンが近いこともあり、怪異系に結び付けてみました。
    1文は割と分割したり、開いたり調整したので、読みやすく進められたのであれば嬉しいです!

    2019年10月19日 16:29

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    冒頭で持って行かれますね。へそ、て(笑)

    作者からの返信

    一発目で「やべーやつの語りが始まった」とわかるようにしてみました。笑。

    2019年10月19日 16:27

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    読ませていただきました\(´ω` )/
    おもしろかったです…!なるほど、こういう「さようなら」の理由があるのか、と読んでいて思わず納得してしまいました。

    最後、海斗がよーこちゃんの名前を呼ぶところが、本当に切ないです…。よーこちゃんが涙を流したりできないのが、逆に虚しい。いつか二人が幸せになれるといいな、と願ってしまわずにはいられないラストでした。

    作者からの返信

    ありがとうございます。そうなんです。あらすじを拝見して、さようならの理由と、海面を陽子と呼ぶ理由ってなんだろうと考えて、これはいっちょ妖怪の仕業にするしかねえな、と変な方向に向かって舵を切ってみました。笑。

    路線が路線なので、どうかなあと心配でしたが、楽しんでいただけたのであれば、嬉しいです。

    2019年10月19日 06:13

  • 今日からわたしはよーこですへのコメント

    出だし…!好きです。もくりこくりって語感はちゃめちゃに可愛い…!
    よーこちゃんが時々ひらがなで描写するのが、非人間味があっていいですね。そして海斗くんから漂うイケメン臭。きっとモテるんだろうな…。

    作者からの返信

    もくりこくり。実は日本各地の海岸周りで実際に言い伝えられている怪異の名前だったりします。語源は「蒙古・高句麗」だとか。

    なんでもイタチみたいな妖怪と言われることが多いそうなのですが、語感が良かったので、海の怪異として名前だけ拝借しました。笑。

    よーこは浮いた感じが出てたら嬉しいです。海斗はいい奴っぽいイメージで書いてみました。

    2019年10月19日 06:09

  • 海が太陽のきらりへのコメント

    はじめまして。
    いいの すけこと申します。

    平易な文章(いい意味で)が心地よく、不思議な気持ちになる文章でした。
    こういうファンタジックなお話は大好きです。

    これからも頑張ってください!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ちょっと浮世離れした語り手にしたくて、こんな感じにしてみました。
    実はファンタジックなのは、企画的にどうかなあ、と思っているのですけど、賑やかしということで、ひとつ。笑。

    楽しんでいただけたのであれば、幸いです。

    2019年10月18日 23:17