自主企画用「筆致は物語を超えるか【海が太陽のきらり】」

作者 ゆあん

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

     はい、私の選ぶベスト1は、吉岡梅先生の『もくりこくりきらり』です。あの文体、真似した〜い♡

     アオハル枠では、えーきち先生の『おっぱいきらり(といふらしい)』が好き♡

     竹神チエ先生と野々ちえ先生の作品は、ともに『人魚』というキーワードがありましたね。
     竹神先生の『マナティきらり』に、野々先生の陽子ちゃんと海斗くんの『双方視点きらり』。
     無月弟先生の某童話モチーフの『○○姫きらり』も良かったです。

     奈月先生のきらりは、一作目から二作目読んで、一作目に戻ると『ふおおおおっ!』って、なりますよ☆ 但し、三作目は、色々とレギュレーション違反してるので、レッドカード退場! ……です★

     Han Lu先生の二作目のきらりは、『その構成できましたか!』と驚かされました。大事な部分を端折ったな、と思ってたんだけれど。

     今思い出せるのは、それくらいかな? そもそも、私は全作品はまだ読んでないし。それでも少しずつでも読み進めていきたいと考えています。

  • SAKUHIN-SYOKAI Revi…へのコメント

    統計的にみるとそうなるのですね。
    なるほど。

    とりあえず、1時間2000文字は相当速いと思われます。なので、総時間はもっとかかっているはず。

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    筆致から見ると、ふづき詩織さんの両作、特に1作目が良かったです。凄いなあと思いました。

    その他のお話も楽しく拝読させていただきました。物語の滲み出てる感ですと、wazzwallasisさん、瀬夏ジュンさん。プロット合致度(?)で言うと、えーきちさんのお話が好きです。

    そしてお忙しい中、企画の立案、ならびに運営、本当にありがとうございました。

  • SAKUHIN-SYOKAI Revi…へのコメント

    ウチのおっぱいきらり(ネーミング by ゆうすけ様)が正にピッタリ!!
    10000文字4話。
    ありがとう、ありがとう。
    皆さまの沢山のコメントがとても嬉しかったです!

    けど、この4話って、ゆあんさまのプロットが4話にしやすい構成だっただけかもしれませんよ。
    出会い→海で泳ぐ→秘密の場所でキスと別れ→一年後。
    特に脚色なく(と言っていいのかどうか微妙ですが)書いたら自然と4話になりましたし。

    昨年の黒板に引き続き、今年も楽しかったです!
    ちょっとこの先忙しくて中々新作を読めませんが、この先も追わせて頂きます!

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    同じきらりであってもカテゴリが違いますからね。
    私のようなアオハル全開のきらりもあれば、酷く重苦しくビターなきらりもあり、一番を選ぶのは何とも難しいです。
    しかし、あえてと言うのなら、やっぱり吉岡梅様のもくりこくりかなぁ?

  • SAKUHIN-SYOKAI Revi…へのコメント

    ここの分析が特にほえあー! でした。

    >「全体での各平均値=①」
    平均文字数=9898.556
    平均話数=4.204
    「★獲得数トップ10の平均値=②」
    平均文字数=9988.4
    平均話数=4

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    私もまだすべて読めていませんし、それでも素晴らしい作品が沢山ありすぎて困るのですが……泣きそうになった瀬夏ジュンさんのSFですかね。海の中の生きものたちもとても魅力的でした。

    楽しくて、とても勉強になりました。
    素晴らしい企画をありがとうございます!

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    全て読めきれておらず、現時点で読んだ作品の中で、とてもとても悩んで考えたのですが……。本当に、どの作品も素晴らしく気づきがいくつもありましたからね。

    一作品あげるとすれば、吉岡梅さまの作品でしょうか。あの文体と物語の雰囲気が、とても印象深いです。


    企画の開催&運営ありがとうございました。また、今回も集計作業までしてくださったようで、本当にお疲れ様です。

  • SAKUHIN-SYOKAI Revi…へのコメント

    ほえあーもほえあーですとも。
    すごい!!

    自作の参考にします、参考に!!
    そして共有しなきゃ!
    ありがとうございます

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    一作…無理です! 許してください。
    とても勉強にも刺激にもなりました。
    ゆあんさん、本当におつかれ様です。そしてありがとうございました。
    お心配りも感謝致します。
    素晴らしい企画でした。

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    一作品となると、すみません選べません! 東西に横綱がいる、的な感じです。東、と思ったけれどやはり西も! みたいな。
    ゆあんさん、今年も大変素晴らしい企画と仕切りをありがとうございました。

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    吉岡梅さんと湊波さんとで非常に悩みますけど、私はやっぱり、湊波さんで!

    湊波さんの作品は、構成と描写がとにかく私好みでした。

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    吉岡梅さんのもくりこくり。

    (次点、ふづき詩織さんのペンギン)
    (次々点、竹神チエさんの人魚)

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    衝撃度でいうと奈月さん(2作目)の和風ファンタジーです。
    もう世界観がすごかった。びっくりしました!

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    自主企画お疲れ様でした。
    とりあえずは終了とのことですが、この間、実に長かったです。
    実りも多かったのですが、ダメージもそれなりに……。

    一作というのなら、ふづき様でしょうか。
    ほぼ、プロットに付加した要素が無くて、描写だけで差別化を図れるということは筆致を問うた企画にて王道と思われます。

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    素晴らしいご企画をありがとうございました。
    沢山の学びを得られ、また沢山の作家様と交流させていただき、とても楽しかったです。

    ご企画の作品はどれも素晴らしく甲乙つけ難いのですが…個人的に一番好きなのは吉岡梅さまの作品、もくりこくりです。恐ろし可愛い素敵な作品でした!

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    企画の運営、お疲れ様でした。
    とても楽しかったです。

    全て読むことができていないので、それで選んで良いのかとも思いますが、読んだ中から一作。

    素敵な作品ばかりですが、特に吉岡梅さまの作品が好きです。
    読んでいる間中、不思議で心地よい雰囲気を味わえた作品でした。

    楽しい企画、ありがとうございました。

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    一作……一作だけですか。鬼ですね。笑

    うーん。強いて選ぶなら、wazzwallasisさんの完全陸上きらりですかね。想像力と感情と、いろいろ自分の手が届かない深いところを刺激されて、どうにも言葉にならずレビューが書けなかったくらいです。

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    企画の主宰、大変にお疲れさまでした。
    本企画に参加できたことを大変に嬉しく、光栄に思っています。

    わたしはごく少数の作品しか読めず、また秀作も多く、本当に迷うところです。しかし、この切り口でと驚かされた、お二人。奈月沙耶さまとhan Luさまでしょうか。
    そのうちでも「どちら?」と問われますと、やはりhan Luさまですかね。

    お二人ともに卓越した文章力に、ストーリーの巧みさを感じまして、本当に悩みますが、han Luさまの一作目のファンキーな意外性、そして二作目の本格的な恋愛ストーリー。
    これを「この短期間に書くのか!」驚きに、han Luさまに一票です。(^ω^)

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    うーん。
    一作だけですか。これは禿げるほど悩ましいです。ベスト5ならすぐ上げられるのですが。
    おっぱいきらりとかドラゴンきらりとかシングルマザーきらりとかサイボーグきらりとかペンギンきらりとかいいのはいくつもあったのですが、一作だけ選ぶなら、一視信乃さんのマジカルきらりですね。
    おそろしくかわいい陽子の初恋ストーリー、土左衛門の魔法と土佐弁がものすごいいいアクセントになってます。

  • 企画終了のご挨拶へのコメント

    あ、終わった後も受け付けるんですね……
    さっき近況ページの方でその辺の許可を求めるコメントを書いちゃったんですけど……少し先走ってしまいました。

    とまれ、ほっとしました。なるべく早いうちに発表できるよう尽力します。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    近況ページへのコメント、実は確認させて頂いておりました。大変嬉しく思いました。執筆にもエネルギーが必要ですが、その足がかりになれたのであれば、この上無いです。
    あちらに返信したのでは届きが悪いかな、と思い、今回のエッセイに返信メッセージとして込め、しかし元の近況メッセージに返信をする時間が確保出来ず、こういう形になってしまいました。

    作品、楽しみにしております。是非、よろしくお願いします。

    2019年12月2日 17:07

  • 作品紹介 てきなものへのコメント

    ご紹介ありがとうございます! そして系統感の印象が一緒とは、これまた嬉しいです。

    ゆあんさんの地の文、とてもきれいですよね。

    >回りくどくリズム良くしていく

    まさに今日の更新分で感じたことでした。もう一歩先に行ってしまうと、くどくなりすぎそうなところのギリギリをせめているような『挑戦』を感じて、励まされたというのもおかしいですが、なんか、うん、元気でました(笑)わたしは修飾語のバリエーションが少ないので、いろいろ盗ませてもらいたいと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    読んでいただいた上でお褒め頂きましてありがとうございます。
    ちょっと回りくどいかな、とも思いつつ、主人公の人物像を語りたくて……。まだまだ研究しないとと思いました!
    自然に深みがあって興味をそそられる修飾語を扱える方って尊敬しますよね!

    2019年12月2日 17:04

  • 作品紹介 てきなものへのコメント

    ゆあんさまのを読んでいて、いつもそうなのですが今回特に文のこだわりが見えています。ここに挙げられた表現も、後でもう一度じっくり吟味したいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。いつも嬉しいです。

    こだわりが伝わっているなら良かったー!
    最新は淡白系だったので、新鮮でした。

    それはそうと、きらり、⭐︎100個まであと少しですね!!!

    2019年11月28日 22:21

  • 作品紹介とご連絡へのコメント

    お疲れさまのところ、企画エッセイ更新、ありがとうございます。楽しみに読んでいます。

    皆さんの発想は、勉強するところが多いです。
    もう一つ、アイディアあったのですが4日じゃ無理かな、見送りそうです。
    ゆあんさんもご無理なさらずに!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    返信が遅れて申し訳ありません。

    あ、期間切れでも作品は受け付けますよ!? ←
    とはいえコンテストもあるので、ご無理をなさらずに!

    2019年12月2日 17:10

  • 作品内容 ~あらすじ~へのコメント

    残り4日しかありませんが、参加させていただきました!
    短編です。頑張って急いで書きます。よろしくお願いします!

    作者からの返信

    返信が遅れまして大変申し訳ありません。

    ご参加ありがとうございます! 大変嬉しく思います。
    楽しみに拝読させて頂きますね。
    よろしくお願いします。

    2019年12月2日 17:11

  • 活動報告③へのコメント

    ゆあんさま、ご紹介ありがとうございます。

    作品を読んでくださる方になんとかインパクトを与えようと足掻いた結果ああなったので、そういっていただけてとても嬉しいです。

    まだまだ新たに参加された「きらり」を読めていないので、後で覗きに行こうと思います\(´ω` )/

    作者からの返信

    コメントの返信が遅れまして大変申し訳ありませんでした。

    相当なインパクトでした。青春でしたね。自分はもしかしたらサイコパスなのではないかという不安定さと、その出会い。でも社会人のそれに比べてピュアな部分があって……。私は大変美しいと思いました。
    素敵な作品をありがとうございました。

    2019年12月2日 17:13

  • 活動報告②へのコメント

    あああ
    ふづき様の作品はそういうことだったのか。
    いや、でも。それは……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうなんですよ。ええ、本当に。でもそれは……。
    個人的には、多くの方に知ってもらいたいです。

    2019年11月21日 23:24

  • 活動報告②へのコメント

    このご企画に参加されている作品はどれも素晴らしい作品ばかりです。海が太陽のきらりに凡作なし。その中でも飛びぬけていると感じた作品のひとつが、瀬夏ジュン様の作品でした。その瀬夏ジュン様に並んで拙作を取り上げていただき恐縮でございます。
    お忙しい中で細やかにご企画を運営して下さってありがとうございます。引き続き学ばせていただきます。よろしくお願いします。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。お返事が遅れまして申し訳ありませんでした。

    本当に素晴らしい作品ばかりですよね。何か探しものをと検索かけたりしますが、なかなかアタリ作品に出会えません。が、この企画は皆さん素晴らしいです。
    瀬夏様の作品はやはりメッセージ性というか、奥の深さが全然違いました。私も食い入るように拝読したのを覚えています。
    もちろん、ふづき詩織様の作品も大変素晴らしかったです。筆致の可能性、描写の可能性に挑戦されており、とても勉強になりました。
    こちらこそ、引き続きよろしくお願いします。

    2019年11月21日 23:23

  • 活動報告②へのコメント

    瀬夏ジュン様の作品は他企画の作品とセットで読んで欲しいですね。さらに深みが増すと思いますよ。
    SFってほら、短編だとどうしても表現しきれないと思うのです。説明臭くなってしまったり。
    けど世界観が好きですねー!

    ふづき詩織様はもう、表現力に脱帽です。まさに筆致が物語を超えていました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ▶瀬夏ジュン様の作品は他企画の作品とセットで

    なんですと!? さっそく辿ってみたいと思います。


    ▶まさに筆致が物語を超えていました。

    うまい! 言いたいことを言ってくださいました。ありがとうございます。それを言えない企画主の私って……。

    2019年11月18日 00:16

  • 現地からお届け! 作品紹介へのコメント

    わたしはタイでの食事が口に合わず、
    大変でした。(T-T)
    おまけに赤痢が流行している時で、ガイドには屋台もダメ、アイスクリームも食うな!と口煩く言われ、さんざんでした。
    何せ、一番美味かった食事はマックのハンバーガー。やっぱりビッグマックは世界最高!(笑笑)

    出張はお家まで! どうぞ、お気を付けてお帰りください。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    辛いもの、多いですものね。それも甘辛系が。何でもかんでも挑戦すると、後悔しそう。日本食は最強ですね。
    私は今回、レストランを中心に回ったので大丈夫でした。それでも屋台は注意と言われましたね。事前情報として食文化が違うと聞いていたので、「やったZE痩せる!」と期待していましたが、実際は太りました。ええ、太りましたよ……。

    結果としてマックやKFCは割高でしたね。でも食べてみました。なんだか安心しました(笑)

    帰路も気をつけたいと思います。ありがとうございます!

    2019年11月18日 00:13

  • 海外から作品紹介 その②へのコメント

    わたしがタイに行った時も、バンコクの国際空港に着いたのは、まだまだ暗い真夜中だったのですが、迎えに来てた現地ガイドの車、パネルランプが点いて無かった……「絶対にメーター、見えてないでしょ!」で、高速をぶっ飛ばして、ホテルに送ってくれました。(笑笑)
    中からドアが開くのは、運転席だけの車もあって、到着するとガイドさんが外からさっとドアを開けてくれる車もあったなぁ。(笑)

    だけど、ある白亜の学校の前に、運転手付きのベンツが数十台も並んでて、訊ねたら華僑の学校で、お子さんのお迎えだそうです。
    街角には物売りの子供がいっぱい居て、グループの一人が買うとわらわら集まってくるようなお国事情だったのに……貧富の差がどういうものか、まざまざ見せられた気がしました。

    まぁ、そんなことは抜きにして、面白い国です。いっぱい楽しんでくださいね。
    ただ薬物には注意ですよ。
    わたしが郊外のパーキングエリアでタバコを吸っていると、隣の奴のは妙に葉っぱが焼ける匂いがするなっと思ったら、大麻だそうです。
    ガイドに、「警察が来たら、煩いから行こう」と急かされて離れました。
    小説のネタに「本物って落ち葉が焼ける匂いがするんだっ!」って、頭に刻み込んだ事件でした。(^ω^)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    まったく似たようなシュチュエーションですw 幹線道路が太いので皆飛ばすんですよね(笑)怖かったです(笑)

    貧富の差はすごいですね。そして貧富の差が、立場の差というか、生活の差になっているんですよね。貧しい家庭では教育の機会が得られないため、ビジネス的に成功することがないから、その家計はずっと貧乏。日本と違って、いつでもどこでもチャンスが転がっている訳ではないんですよね。その割に、日本は失敗に厳しすぎます。

    薬物も多いですね! ちゃんと取り締まっているのか、怪しいですけどw

    2019年11月16日 09:43

  • 海外から作品紹介 その②へのコメント

    お疲れ様です。もう、本当に、海外は何があってもツッコミたくなるのですよね。

    ゆっくりホテルではお休みになってくださいね。ご家族の分も含めて、お土産もしっかり買って、ちょっとでも楽しめますように。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    本当にそうですね。一方で、日本がまた変わっているのかもしれないと思うことも沢山あります。「ここが変だよ日本人」的なやつですね。

    ゆっくり休みたいと思います。この機会なので、タイの海も味わってきます!

    2019年11月16日 09:39

  • 海外から作品紹介 その②へのコメント

    ふだんなら短編は公開から一週間もすれば埋もれてしまうんですが、きらりは半月以上たってもまだ読みにきてくださる方がいて、企画のパワーを感じてます。ありがとうございます。

    そして! 押せば動く! なんてこと!笑

    むかし、ひとり旅を趣味にしていた知り合いの女の子が、確かインドのほうだったと思うんですが、やっぱり交通事情のでたらめさに驚いたといっていたのを思い出しました。

    どうぞ、ホテルでゆっくりお過ごしください。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    確かに短編は初動も早いですがアクセス収束も早い感じがしますね。
    カクヨムの短編は良作が多いだけに、もったいないですね。
    企画は皆様のお力です! 本当にありがとうございます。

    最近は日本企業の進出などで、日本食や文化が垣間見れることもあるのですが、交通事情だけは如実に交通事情がでますね(笑)

    2019年11月16日 09:39

  • 海外から作品紹介!へのコメント

     で、タイの『きらり』を期待していいのでしょうか?(笑

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    なるほど、そう来たか(笑)
    題材としてナイスなタイミングの経験ですよね、これって。
    まずはタイの美しい海に飛び込んでみようと思います!

    2019年11月15日 00:24

  • 40作を超えた!へのコメント

    えーきちさんも書いていらっしゃるご意見に大賛成です。
    (そして、だからこそ生まれた(?)えーきちさんのep. 0も素晴らしい)

    ゆあんさんの御多忙の中での企画運営に頭が下がるばかり。ありがとうございます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    蜜柑桜さんこそ、いつも積極的にご参加頂いてありがとうございます。
    お互い仕事で削られていく身……
    こころが痩せていかないように、気をつけてまいりましょう。

    本企画参加者のカクヨムコン作品なら、絶対応援しちゃいますよね(笑)

    2019年11月11日 22:41

  • 40作を超えた!へのコメント

     私が思うに、ここまで参加者同士が交流し合う自主企画って中々ないと思うのです。
     この企画がなければ知り合う事が出来なかった作者様と知り合える。
     一年前と同じ顔触れだったり、新しい方々だったり。
     それって、本当に素晴らしい事なのではないでしょうか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    一方的にコメントすることはあっても、交流、というと確かにあまり無いかも知れません。
    しかも、好みの文章を書かれる作家様に、同じ題材で話しかけにいけますしね!
    合コンで狙いの相手と共通の話題が得られた時の強みといったr(すみません、照れ隠しです

    2019年11月11日 22:39

  • 作品紹介&うれしい話へのコメント

    あー、私は直江津ですけど、何か?(笑
    伊豆は何回か。
    私も泳げませんが海は好きですよ。島国の数少ない内陸生まれですから、海に憧れたものです。

    さて、ep0はおふざけで書いたものですが、昨年の参加者の方々に突き刺さってくれればなぁと思いまして。
    こういったレギュレーションの消化の仕方もあるんだぞ! って事です(笑
    ズルいですけど(汗

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    直江津!? めちゃめちゃ沿岸!
    (どうでもいいですけど、直江津と聞くと市立直江津高校というワードが頭に浮かんで、◯物語が脳内再生されます。すみませんどうでもいい話です)

    Ep0はいまからとても楽しみです。あのように紹介して頂けて、嬉しい。
    さすが、変化球のキレが最高です。

    2019年11月7日 23:23

  • 作品紹介&うれしい話へのコメント

    >俯瞰してみたシーン、泳いでみたシーン、飛び込んだシーンと、同じ海についても様々な角度から切り取る必要に迫られやすい課題

    なるほどです。ゆあんさん、やはりよく考えて出題されたのですね。

    幼少時から外国の海で泳いでいたとは、なんとお洒落な。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    とはいえ、結果論なんですよね。あらすじを考えていたら、「これって色んな角度から海が見れるなぁ」と。そう思ったら、「いろいろな人の海」が見たくなってしまったという……。

    父は昔からアジア&リゾートな国が好きなのですよね。今も海外に住んでいますし。幼少の頃、父とはとても折り合いが悪かったのですが、本当に良い経験をさせて貰ったと思っています。
    それを、いずれは自分の子に返さなければならないなぁ、なんて、これを書きながら思いました。

    いつもありがとうございます。

    2019年11月7日 23:14

  • 作品紹介&うれしい話へのコメント

    海が同じく大好きです。泳げないですけれど。思い切り海を描く機会をいただき感謝いたします。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    蜜柑桜さんは絶対に海が好きだろうなと思っていました!(ヒントは随所にあったので)
    でも泳げなかったんですね。 それなのに、すごいクオリティ。きれいな海を見つけたら、靴を脱ぎ捨て、裾をあげて、足だけでも入れてみる。なんとなくそんな事をしていそうだなと勝手に予想しています。
    (そして現地の人に話しかけられる姿も想像しています)

    二作目も楽しみに拝読させていただきますね!

    2019年11月7日 23:03

  • 作品追加と近況報告へのコメント

    楽しんで頂けたようで何よりです。
    ゆあん様のお言葉、とても嬉しく思います。
    近況報告に『海が太陽のきらり、あとがきっぽいもの』がございますので、お時間のある時にでもちょろっと覗いて頂けると幸いです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    大変楽しませて頂きました。
    あとがきっぽいものも、見に行きますね!

    個人的には第二作目が強烈にきになっていますぞ……
    必ず読みにいきますゆえ!

    2019年11月7日 23:00

  • 作品追加と近況報告へのコメント

    >友人がゲームのデバッグ作業を依頼してきたり

     ゲームのデバック作業? え、えーと、それは、冗談なのか本当なのか、本気でわからないのですが🎮

     ご愁傷さまです★
     元気と気合いと物語への愛で、この苦境を乗り越えて下さい。
     ファイト〜!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    そして自主企画へのご参加も、ありがとうございます。

    デバッグ、というと大げさですけれど、
    知人がインディーズゲームを作っているのです。ノベルゲーム的なもので、通常プレイ+アルファな動作で「気になる動作」を教えてくれ、というものでした。選択肢がでてきたら変な操作してみたりとか色々やりました。

    きっと神様が何かを私に課しているのでしょう!
    元気と気合と物語への愛で、乗り切ってやりますぞー!

    2019年11月7日 22:59

  • 活動報告 その①へのコメント

    九一七様は思考がクリアですよね。初心者にも、ある程度書ける人にも、すごく参考になる内容盛りだくさんのエッセイだと思います。
    正直に書くと今回のあらすじは苦手なタイプでしたが、九一七様の試みを真似するという形で参加することができ、すごく勉強になりました。

    あとは、あっと驚く方向で書いている作品に魅力を感じます。これは完全に個人の好みですが。

    色々な角度から楽しめる企画、ありがとうございます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    こちら返信が漏れておりまして申し訳ありません。

    九一七様の思考のクリアさはとても素晴らしいですよね。その思考によって、動機もコントロールされている。欲求先行型の私にとって「物を書くということ」を改めて考えさせられました。

    オレンジ11様の作品、とても良かったです。やはり、登場人物の背景も含めた人間味が、いいですよね。生きてる。テンプレステレオタイプなキャラクターが一人もいない。だからドラマがあるって思います。そういう作品を読むと、やはり小説も人間力なんだなって改めて感じます。

    オレンジ11様にご参加いただけることが、こちらも励みになっています。今後ともよろしくおねがいします。

    2019年11月8日 00:18

  • 本日も多数追加!へのコメント

    企画として本当に心から惹かれるあらすじを用意してくださり、こちらも感謝させてもらいたいと思っているほどです。
    それぞれの味の出し方を見せてもらう事で、気付きに沢山触れ合える良い企画です。さらに言えば、ある程度の捻じ曲げも情状酌量の余地ありと考えて下さるのが、気を救ってもらえます、ありがとうございます。

    死んでもいいわ。

    作者からの返信

    アオカラ様

    コメントありがとうございます。無精ゆえ、返信が今更になってしまったことをお許しください。
    既に作品は拝読しコメントいたしましたが、本当に素敵な作品でした。やがて人類が故郷を終われ、それを宇宙に求める日が来るのでしょう。それでも、人が根源的に持つ「愛」と、「美しくを愛でる」感覚は、失われないでいてほしいですよね。
    地上で出会うより遥かに広大な宇宙空間で出会うことは、奇跡にほかならないのですから。

    2019年11月8日 00:12

  • 活動報告 その①へのコメント

    なんか持ち上げられすぎて恐縮しきりです。

    紹介ありがとうございました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    とても勉強になりました。
    私もカクヨムコンの参加を検討してはいるのですが、なかなか書き出せず、取り組み方に悩んでいた所に、御エッセイを拝読して、目からウロコでした。

    カクヨムコン作品、楽しみにしております。

    2019年10月29日 23:49

  • 本日も多数追加!へのコメント

    皆さんの作品を読む中で、自然と改稿したいという思いが湧きでました。
    私の場合は、その作品自体を改変して、エピソードを追加するという形にしています。

    追加エピソードなくても、一つの終わりにはなっていますが、それでも作者としては追加のエピソード込みで一つの作品と捉えて欲しいなって思います。

    そして、企画主さんとしての、視点が述べられていてとても興味深いエピソードでした。

    私はこのあらすじが好きです。
    このあらすじにピンとこなかったら企画に参加しなかったですから。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    他の作者様の作品に触れる中で、そういう思いが出てきますよね。
    私はまだ拝読できておらず大変申し訳ない限りなのですが、その際には追加のエピソード含めて、拝読いたします。今からとても楽しみです。

    あらすじを好きと言って頂けて嬉しい……本当に。
    企画をやってよかったな、と心から思います。

    こちらこそ、ありがとうございました。

    2019年10月29日 23:47

  • 本日も多数追加!へのコメント

    はじめまして。

    自分だけではまず出てこないタイプのお話を書けて、それだけでも自分の中が広がったような気がします。思った以上に楽しい企画で、参加してよかったとすでに思っています。素敵な企画をありがとうございます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    はじめまして。しかし実は私は野乃ちえ様の作品を何度かお目にかかっておりまして……
    此度ご参加いただけたことが大変うれしく思います。

    拝読までにお時間を頂戴している点について大変申し訳なく思っておりますが、その時を楽しみにしております。

    2019年10月29日 23:42

  • 本日も多数追加!へのコメント

    みなさまのアドバイス、ゆあんさまのアドバイスにて、既に改稿を本文に施しました。

    その節は、そしてその後もありがとうございました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    こちらこそご丁寧にありがとうございました。
    こうしてユーザー同士のコミュニケーションによって作家として得られるものがあるのが、カクヨムのいいところですよね。
    優しい人が多いし!!! ←

    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    2019年10月29日 23:40

  • 本日も多数追加!へのコメント

    ありがとうございます!
    現在の物はそのままに、改稿後の物を新規エピソードとして追加する形で行きたいと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    拝読までお時間がかかってしまっていて申し訳ございません。新規エピソードも含めて拝読させていただきますね!

    2019年10月29日 23:39

  • 作品内容 ~あらすじ~へのコメント

    またまた、前回以上に恥ずかすぃー内容ですなあ(*ノωノ)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そうなんです。甘々なんです。でも、たまにはどうですか?
    ご参加、お待ちしております! ←

    2019年10月29日 23:37

  • 詳細を変更した件についてへのコメント

    ゆあん様、はじめまして。

    素敵なご企画なので便乗させていただこうと思いまして、さきほど拙作を投稿いたしました。
    とても素敵なご企画ですね。皆さまの作品を拝読するのが楽しみです。

    ご企画の間、よろしくお願いします。

    作者からの返信

    ふづき様
    コメントありがとうございます。今更ながらのこちらのお返事になることをお許しください。

    ふづき様にご参加頂けて、嬉しく思います。私は現時点で未だ拝読できていないのですが、御作を読まれた好意にしている作家様方から、「描写が素晴らしい!」と報告&催促を受けています。今からとても楽しみです。

    一身上の都合からスピーディーな活動ができておらず恐縮なのですが、参加した皆様が良い経験と思えるような企画運営に努めます。
    よろしくお願いします。

    2019年11月7日 23:54

  • 想定される質問などへのコメント

    前回もお世話になりました。
    今回も参加させて頂きました。
    質問なのですが、作品に頂いた応援コメントでのご指摘を受け、それを元に推敲をし直して改稿した作品を、現在の作品の次の話に【改稿版】として書くのはありなのでしょうか?
    折角頂いた指摘を活かした改稿を、最初の物を弄らず、バージョンアップして追加していくような形にしたいなと思ったのです。

    作者からの返信

    南雲 皋様
    コメントありがとうございます。そして返信が遅くなってしまい、申し訳ございません。
    エッセイの更新にて意図を読み取って頂けたようで良かったです。

    2019年10月29日 23:34

  • またまた登場! と、謝罪と指摘の提案へのコメント

    あーっ、指摘のこと、全く気付いていませんでした。しまった。近況ノートに伺って書いてきます。褒めるだけでなく指摘もしあいましょう、というのは良い試みだと思いますので。

    ほとんど読みました。続けて読むと違いがよくわかり面白いです。
    みんな楽しんでいると思いますので、ゆあんさんはどうぞご無理なさらず。

    作者からの返信

    コメント&レビューまでありがとうございます。
    おかげ様で参加者様が増え、作品は20作を超えてまいりました。順調に数を伸ばしていますね!
    今回は滑り出しがあまり良くなかったので、難しいかと思いましたが……

    しかし皆様のアイディアはとてもすごいですよね。割とかっしりとしたあらすじを、よくここまで料理できる。違いがわかるのも楽しいですよね!

    無理せず、しかし頑張って拝読したいと思います。

    2019年10月27日 23:21

  • 詳細を変更した件についてへのコメント

    ふおおおおっ!

    拝見させて頂かなくては。

  • レギュレーション整理へのコメント

    がんばルビィ♪

  • 想定される質問などへのコメント

    はーい、ゆあん先生、質問でーす🙋

    高校2年生男子と女の子(年齢不明)の夏休みのお話ですから、エロースな内容に踏み込んじゃったりする可能性も無きにしもあらずかと。
    その辺り、本企画としての制限はあるのでしょうか?

    本企画の参加作品をいくつか拝読してみようと思います。
    書くかどうかは未定。でも興味はあります。

    作者からの返信

    ご質問ありがとうございます。他にいただいているものも、こちらでお答えさせて頂きます。

    エロースな内容について、特に制限は設けておりません。設定如何で何らかが起こってもおかしくないですし。このあらすじを輝かせる為に必要な要素ということであれば、躊躇することはないと私は考えています。

    ですが下記点はご留意下さい。
    ・性表現が苦手な読者もいる
    ・本企画参加作家様は女性比率高め

    また陽子目線にした場合ですが、再開しないパターンでも、その先を描くことは可能だと思っています。窺い知るというパターンですね。

    ぜひ、作者様の素敵な終わりをご検討下さい。

    2019年10月23日 19:35

  • 執筆詳細へのコメント

    陽子ちゃん目線にしてしまうと、別れの前日で物語が終わってしまうか、再会するかの二択?

    海斗君の姿を見つけつつも、敢えて会わないというのもある?

  • 作品内容 ~あらすじ~へのコメント

    海斗君は高校2年生だから16〜17歳かあ。

    一方、陽子ちゃんは女の子としか書かれてない。
    女の子か〜。上限はいくつくらいなんだろう?30歳以上は、攻めてる感あるね。
    下限は、キスシーンがあるから、小学生はアウト!中学生は滑り込みセーフ、といったところね。
    ほっぺとかおでこにチュッ、だったら小学生でもあり?いや、なしでしょ!犯罪のニオイしかしない。

    >以来、その海面の輝きを「陽子」と呼んでいる。

    この設定が超恥ずかしい💓
    海面の輝きに好きな女の子の名前をつけますか?勇者じゃん!
    ここを、上手い感じで書くの難しそう。

    作者からの返信

    もろもろ考察ありがとうございます!

    女の子の年齢もさることながら、キスをする理由も、色々あるかもしれません。

    2019年10月23日 19:28

  • はじめにへのコメント

    わー、面白そう♡参加を検討してみます

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ぜひお気軽にご参加ください。作家同士のコミュニケーションも活発に行われています。

    ご参加、楽しみにしています。

    2019年10月23日 19:26

  • 10作品に到達!へのコメント

    私も執筆中です。なかなか進みません―難しい!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    オレンジ11さんも執筆してくださっているのですね!
    今から楽しみです!

    2019年10月23日 09:11

  • 10作品に到達!へのコメント

    取りあえげて頂き、感謝です!

    改めて自作を読んでみたのですが、良いですね。
    この作品。
    自画自賛なコメントですが、こういう感想を抱けるのもプロットがしっかりと固定されているからで、この話の流れが私は好きです。
    特に「さよなら」と最後言わせるところは、私一人で作っていたとしたら、この台詞を言わせることはできなかったと思います。
    良い原作を元に、執筆する機会が得られて、本当に良かったです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    良いですよね、自身の作品の振り返り。読んだ時、「まだまだだな」と落ち込むこともありますが、そうして後でも自分の作品に満足できるのは、良い状態で執筆できた証でしょう。

    他社とのコラボレーションで良作が生まれると、自身が成長したと感じますよね。

    そんな作品を拝読するの楽しみにしています!
    (順に追っていますので、今しばらくお待ちを!

    2019年10月23日 09:11

  • 10作品に到達!へのコメント

     えーきち@只今執筆中!
     ああ、早くしないとストーリーかぶりが心配です。
     皆様の作品にコメントを入れているヒマがない。と、ここでコメントしている自分(汗

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    手法まで被ると、作家としてなんか悔しいですよね。
    被ったら被ったで、その差が明確になる分、燃えそうですが!(笑)

    執筆してくださっているということで、大変嬉しく思います。
    公開を楽しみにしております。

    2019年10月23日 09:09

  • 今年も開催! フレーズ品評会設置のお知…へのコメント

    初めまして! 偽田中一郎と申します。
    さきほど作品を書き上げまして、公開させて頂きました。
    企画を拝見しまして、大変興味深い、深すぎる、参加者として味わいたい! となりました。
    楽しい執筆体験をありがとうございました。
    これから、他の参加者の方の作品を読みに回ろうと思います。
    楽しみです!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ぜひお楽しみいただければと思います。なかなか課題を見つけにくい作家活動ですが、このような形なら、目標設定もできますしね。

    拝読するのを楽しみにしています!

    2019年10月23日 09:07

  • 作品続々登場。へのコメント

    企画、ありがとうございます。
    そして過分なお言葉と共に紹介まで!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    蜜柑桜さんの作品、拝読しました。息を飲む美しさでした。私もあの世界へ行ってみたい。

    そして失われた青春をもう一度(笑)

    2019年10月23日 09:04

  • 作品が増えて来ましたへのコメント

    ゆあん様 
    コメント返しありがとうございます!
    優しいお言葉に安心しました…!

    他の方の作品も読んで、しっかり学ばせていただこうと思います\(´ω` )/

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。お返事が遅れて申し訳ありません。

    せっかくですから、色々感じ取って頂き、さらには、他の作者様とコミュニケーションして頂ければと思います。企画参加者の皆様は寛大でいらっしゃいますよ。

    2019年10月23日 09:02

  • 詳細を変更した件についてへのコメント

    ゆあん様、はじめまして。
    あるひと申します。

    自主企画を拝見して、ぜひチャレンジしてみたいと思い、一作品投稿させていただきました。
    初めての参加ですので、企画の意図に反している場合はコメントにて指摘していただけると幸いです。

    よろしくお願い致します。

    作者からの返信

    あるひ様
    はじめまして。本企画にご参加頂きましてありがとうございます。

    未だ拝読できていないのですが、まずは企画用エッセイにてご紹介させて頂きました。きっと大丈夫です!
    私も楽しみに読ませて頂きますし、コメントもさせて頂きますね。

    ぜひ、お楽しみ頂ければと思います。

    2019年10月18日 23:57

  • 詳細を変更した件についてへのコメント

    ゆあん さま おはようございます。

    九一七です。先日はコメントありがとうございました。

    昨日の夜投稿し終えてフラフラしていたら面白そうな企画を見つけて参加したくなりました。

    急遽作品を書き上げて今朝投稿させていただきました。
    かなり試験的な作品ですがよろしくお願いします。

    今日からまたコンテスト用の執筆に戻ります。

    作者からの返信

    九一七様

    お世話になっております。
    早速のご参加、ありがとうございます!
    ちょうどエッセイで「視点によって物語が変わる」とお話されていたので、タイムリーなテーマだったのかと思います。
    すでに拝読いたしました。短時間で執筆されたとは思えない完成度に、感激しました。企画趣旨に伴いコメントを入れさせて頂いております。

    お忙しいところ、ご参加ありがとうございました。
    (コンテスト用作品も楽しみにしております)

    2019年10月17日 11:15

  • 想定される質問などへのコメント

    前回に引き続き参加したいです。でも、自分自身がカナヅチだからなあ(;・∀・)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    「泳ぎの楽しさを」と書いてしまったのが問題だったかも知れませんね。反省しています。

    苦手なものに挑戦するきっかけをくれるのが、他者であることはあると感じています。
    好きだからなのか、反骨精神なのか、魅力的に見えたのか、やけくそなのか、または意地か。
    普段なら挑戦しないのに、なぜかやってしまった。そしてその時、「あれ、これって思ったより……」と感覚を改めるというか。
    そんな瞬間を想像して、お気軽にご参加いただければと思います。
    (楽しさはやっぱりわかんない! でも良いと思っています)

    もちろん、ヨムヨムでも大歓迎です!
    (でも達見ゆう様の作品も読んでみたい……!!!!)

    2019年10月16日 22:35

  • 詳細を変更した件についてへのコメント

    今年も開催するんですね!
    どんな作品が集まるか楽しみです。
    企画、応援しております。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    応援ありがとうございます。
    ヨムヨムはもちろんのこと、カクカクでのご参加も楽しみにしております! ←

    2019年10月17日 11:16

  • 詳細を変更した件についてへのコメント

    ゆあんさんこんばんは。お久しぶりです。
    あの伝説の黒板から約一年、でしょうか。

    とても楽しい企画でしたので、今回も参加させていただきますね!
    よろしくお願いします!

    作者からの返信

    薮坂様

    いつも大変お世話になっております。
    黒板が伝説になってる!(笑) 
    沢山の気づきが得られた企画でしたが、もう一年立つのですね……早いものです。それだけ私の肉体も劣(

    ご参加、楽しみにしております!
    よろしくお願いいたします!

    2019年10月15日 23:22

  • 想定される質問などへのコメント

     ご無沙汰しております。
     参加したいのですが……無理かもしれない。私、泳ぐ楽しさがわからないので。ただ、皆様の作品は読ませて頂きます。
     その内ひょっこり参加してしまうかも。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    泳ぐ楽しさ、難しいですよね。
    ただ、好きな人の好きなものを一緒に味わっているときは、なんとなく良いと思ってしまう、なんてこともあるかなぁと。
    心底良いと思わなくても、「その人がいたから良い機会だと思ってやってみた、へぇこんな感じか」という部分を描ければよいのかなとも思っています。

    レギュレーションは厳密遵守が必須ではないので、お気軽にご参加いただければと思います!!! ←

    ヨムヨムでも、お楽しみいただければ、幸いです。

    2019年10月15日 23:07

  • 想定される質問などへのコメント

    待ってました!
    でも今回のは……、難しそうです……。

    作者からの返信

    いつも大変お世話になっております!

    物語が前回よりも具体的でボリュームがあります。これは某名物企画との差別化のために意図したものですが、その分内容が限定されがちです。これは長短と言ったところでしょうか。

    でも個人的にはゆうすけさんの作品を読んでみたいです…… ←

    執筆として参加されなくても、イベント会場に遊びに来てくれたら嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    2019年10月15日 22:37

  • 想定される質問などへのコメント

    もちろん参加します! でもそれまで、自分ルールで他の方の読めないっ! ですが! かけるかなー!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    超嬉しいです! 前回は名作を沢山生み出してくれた蜜柑桜さんなので、本当に楽しみにしています。今からワクワク!

    2019年10月15日 22:24