第82話 一恵ちゃんのリベンジ(2)

ピゥ~~~~~~~~ド~~~~~~ン


花火が始まった。

直樹くんによしかかっている・・・・・なんて幸せ・・・・・

そんなに身体は大きいほうじゃないが、やっぱり男の子!!

ゴツゴツした身体に、私の腰に回っている手。

このままずっと、こうしていたい気持ちで、幸せ全開だった。



俺の方は、花火どころではなかった。

たまになびく髪の毛から、ものすごくいい香りが運ばれてくる。

よしかかっている、一恵ちゃんの小さくて柔らかい身体。

花火の光で浮き上がる、後ろ姿。

愛おしくて、ずっとこのまま離れたくなかった。



花火もクライマックスに入り、二人の気持ちも同じだった。

私の方から振り向き、直樹君に絡みつくようなディープキスをした。

耳からは、連続花火の音。

私たちもどんどん激しくなり、もう止まらなかった。



花火が終わり、二人はしばらく余韻にひたっていた。

高校生最後の夏休みに、すごく心に残る思い出となった。

でも、これで終わりじゃない!!!

私が考えたプランは、第二段階へと切り替わった。



「直樹君、左手はどれくらいしびれてるの?」


「ん~~~2割くらいかな。落ち着いてから余り変わって無い感じ」


そっと左手をつかみ、恥ずかしいけど、私のTシャツの中に引きずりこませた。

(これが、浴衣にしなかった理由その1)


「直樹君・・・・・・私の鼓動感じてる?」


「う・・・・うん」


「恥ずかしいけど・・・・・少し揉んでみて・・・・・・」


「う・・・・・・うん・・・・・・」


「どう?私の胸、感じられる?・・・・・♡♡♡」


「このシビレがなければ、もっと感じられるのに・・・・・・」


「日常でも、ストレス溜まるだろうね・・・・」


「細かい作業になると、やっぱりね・・・・」


「直樹君、明日休みだよね」


「うん、そーだね」


「実は今日、ゆうちゃんの家に泊まるって、初めて親にウソついた・・・・」


「え?・・・・・それってどう言うこと?」


「今日は、直樹くんとお泊りしたい・・・・・ずっとそばにいたい・・・♡♡♡」


「お泊りって・・・・・どこで?・・・・・・」


「・・・・・・Hなホテルで・・・・・♡♡♡」


「ま・・・・・マジで?・・・・・・」


「うん♡♡♡」



女の子から誘うのは恥ずかしいけど、高校生活最後の夏休みに、一線を越えようと思った。

2度、私の家に泊まったけど、最後の一線はまだ超えてない。

直樹くんと、つながりたい、!! 一つになりたい!!

おもいっきり抱かれたい!!!

自宅だと、遠慮もするだろうから、おもいっきり大胆で積極的に直樹君を誘った。

(浴衣にしなかった理由その2)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます