第80話 3Kくらいしかできない

やっぱりだ。今日で3回目の面接不合格。

毎回のように、渋い顔をされて断られる。

人手不足とはいえ、会社は即戦力を求めすぎだ。

資格も学歴もない俺は、3K(危険、きつい、汚い)仕事しかできないのかも・・・


あまり親父としゃべらないが、めずらしく俺に声を掛けてきた。


「直樹、知り合いの建設会社に頼んでみようか?」


親父は、建設会社に勤めていて、その辺りには顔が広い。

ただ、親父と一緒な仕事をやりたくはなかった。

でも、そうも言ってられないくらい、俺はへこんでいたから、親父も声を掛けてきたんだろう。


「ああ。一応頼んでみて・・・」


不愛想な返事で返した。

親なりに心配してるのは良くわかる。

ただ、上手くいかない事ばかりで、投げやりになり、親にあたる。

まだまだ、俺はガキだな・・・・・そう思うには、かなりの年数がかかった。



学生は夏休み中。

一恵ちゃんは、大学受験で忙しいだろうと思い、余り逢ってない。

それよりも、早く仕事を決めないと、と言う焦りしかなかった。


次の日、親父の方から、建設会社を紹介された。

いわゆる、親のコネってやつで、簡単に就職が決まった。

建設会社って言っても、職種は色々あるが、道路工事をする会社だった。


よくドラマとかで、工事現場のシーンで、一輪車に砂などをスコッパで入れて運ぶとかあるけど、実際は機械仕事がメインで、人力施工は少なめ。

ただ、アスファルトの温度が170度くらいで、揚げ物の油並みに熱い。

上からは、容赦なく照りつける太陽。

気温は35度の猛暑日。

そんな中、170度のアスファルトをさわっているから、汗が滝のように流れて、最初の一週間は、体力の消耗が激しかった。


もともと、色白な俺の顔が、真っ黒になっていた。

一恵ちゃんが見たら、ビックリするだろうな。

もしかしたら俺だって気づかない可能性もある。

でも、親父のコネもあるから、やるしかない!と腹をくくっていた。


夏休みの終わりに、去年も行った夏祭りのお誘いを、一恵ちゃんの方から電話で言ってきた。


「今年は、直樹くんと二人で行きたいな♡♡♡」


「そうだね、俺も二人がいいかな!!」


そう言って、二人きりで夏祭りに行くことになったが、俺の顔を見て、どんな反応をするんだろうと、ちょっとだけ不安に思っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます