第61話 ケジメ

気分がいいと、仕事もはかどる。

テキパキと仕事をこなすけど、ちょっと暇になったら、ボーーーーと加藤さんの事を考えていた。

そこに、田口さんの横ヤリが突き刺さる。


「先輩・・・・・・顔がニヤついてますよ~~。ちょっと気持ち悪い~~(笑)」


「そ・・・・そんなことないぞ~~~~」


「はいはい!!もうわかってますよ~~。あの人と上手くいったんですね~~~」


「ぐ・・・・・・・・いつもながらに鋭いな・・・・・・・」


「誰が見てもわかるくらい、顔が、トローーーーンとしてましたよ~~~(笑)」


「俺って・・・・・そんなに顔に出るの??」


「いつもの、キリッとした顔が、崩れていますからね~~~~(笑)」


「・・・・・・・・・・・・・・」


「おめでとうございます!あ~あ!私を置いてきぼりにされちゃった~~(笑)」

(内心は、凄く悔しい)


「それでも、かなりの苦難があったからね!!」


「でも、今が幸せならいいじゃないですか!先輩もちゃんと青春してますね~!」


「田口さんも、その好きな人に、告白すればいいじゃん!」


「そんなの出来るわけがないじゃないですか~~~~!」


「え?なんで??」


「出来ないものは出来ないの!!(先輩の事ですよ~~~~この鈍感!!!)」



土、日は休みが取れないため、デートをするにはちょっと難があったが、あの場所で会ったり、学校帰りに、ショッピング行ったりで、二人のリア充ライフは、充実していた。


しかし、そんな幸せ絶頂の、このタイミングだった。

仕事から帰り、家でTVを見てた時、何か聞き覚えのあるエンジン音が聞こえてきた。

まさか・・・・・・・・・そう思い、ばれないように、カーテンの隙間から確認してみたら、やっぱり、今村さんの車だった。


3カ月以上も、何の連絡もしてこないのに、今更??

そう思ったが、確かにハッキリ別れたわけじゃない。

とりあえず、今日の所は、頭の中が混乱してるから、会わない方がいいな!

そう思い、そのまま無視してやり過ごした。

もし、次に来たときは、ちゃんと『ケジメ』つけないと・・・・


この事を、加藤さんに言うべきなのか?それでも俺は悩んでいた。

変に言って、心配かけさすより、すべてが終わった結果だけ報告すればいいかな。

俺はそう思っていた。

だいたい、次がいつ来るかもわからないし、もう来ないかもしれない。

さすがに、無視されたら、察するだろうとも思っていた。


しかし、察することもなく、次の日の夜。今村さんは来ていた。

俺は、最後の終わりを告げに、今村さんと会うことにした。


「な~お~き~。久しぶり~。元気だった~??」


「ここじゃ何ですから、近所の駐車場で話しましょう」


そう言って、車に乗り込み、長居は禁物と思い、駐車場へと向かった。


「なおき、私が居なくて寂しかった?」


「いえ、全然!!」


「何か怒ってる??」


あっけらかんとした、今村さんの態度に、むちゃくちゃ腹が立った。


「正気で言ってるんですか?

 もう、何も言いたくないけど、これだけはハッキリ言わせてください!!!

 もう、からかうのは、いい加減にしてください!!!

 二股OKなんて人がいますか?それか、俺はキープ君なんですか?

 仕事に対する考え方が、俺と似てたから好きになりましたけど・・・・・・・

 男にだらしない八方美人タイプは嫌いなんです。

 だから、もう二度と家にも来ないでください!!!!」


「だ・・・・・だって、なおきも大丈夫って言ってくれたから・・・・・」


「大丈夫な訳ないじゃないですか!!あの時は、言う言葉が思い当たらなくて言いましたけど、普通に、こんな事を言える人なんて、頭おかしいでしょ!!!!」


「・・・・・・・わかった・・・・・・・ごめんなさい・・・・・・・・」


そう言って、今村さんは、もう来ない約束をして帰っていった。


俺は、頭に血が上り、冷静ではなかったが、言う事はちゃんと言った。

あとは、この結果を、一恵さんに報告しなきゃと。、ラインで会う約束をした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます