第60話 遠回りの結果

次の日は平日で、俺は仕事が休みだった。

なんだか、今日という日は長くなりそうな予感がしていた。


かなり遠回りしたけど、やっと告白できる。

一度は告白しようとしたが、タイミングが合わず・・・・・

加藤さんから告白されたときは、靖枝さんと付き合っていた・・・・・・・


このまま友達以上を続けていたら、『別れ』は、無いのかもしれない。

だけど、それ以上も進めないのは、俺としては、すごく嫌だった。


いつも、加藤さんが、あの場所で絵を描いているのは、16時くらいだろうか。

昼食を食べ終わり、少し早いけど俺は、あの場所で待っていることにした。


土手沿いに座り込み、ボーーーーっと空を眺めていた。

結局、どんなに考えても、加藤さんが避けている事の、理由はわからないまま。

とにかく、二人で遊びに行った事や、病院での心の看病は、嘘じゃないって、信じる方向に持っていかないと、俺の心はつぶれそうだった。


いろいろと考え事をしていたら、いつの間にか眠ってしまっていた・・・・・・・・

どれだけ時が経ったのだろう。誰かの声が、うっすらと聞こえてきた。


「・・・・・・くん。・・・・・・・横井君」


「・・・・・・え?・・・・あっ!・・・・加藤さん!」


上からのぞき込んいる加藤さんの姿が、そこにあった。


「お仕事で疲れてるのかな??ご苦労様~!(ニコッ)」


いつもの加藤さんに戻っている様子に、俺からは見えた。


「・・・・・ごめん・・・・呼び出しておいて・・・・・寝てるなんて・・・・」


「大丈夫だよ~。それで、仕事の方は順調かな??」


「そうだね、だいぶん慣れてはきたかな~」


「可愛い女の子もいるからね~~」


「ん??あぁ~バイトの子の事かな?」


「うん。すごく仲いいんだね~~うらやましい~~」


・・・・・・ん???さすがに、鈍感の俺でも、避けている原因がわかった。


「ち・・・・・ちがうよ!あの子とは何でもないんだから・・・・・・」


「ごめんなさい。私、すごく嫌な女だね・・・・・・そんなのはわかってる。

だけど、すごく悔しかったんだもん!!」


その言葉を聞いて、これなら大丈夫と確信を持てた。


「加藤さん・・・・・俺、加藤さんと付き合いたい!!!

 入院してる時に言いたかった・・・・・

 だけど、仕事もしてない時だから、言えなかった。

 それと、こんな俺だから、加藤さんに迷惑掛かると、ずっと思ってた。

 同い年でも、学生と、社会人って所が、ずっと引っかかってた。

 高校で、『あいつ不良と付き合ってるみたい』と言われるんじゃないかと、

 すごく心配で・・・・・・・・

 でも、そんな事、加藤さんの接する態度を見ていたら、

 俺の勘違いだってわかった。

 だから、俺と付き合ってください!!!」


加藤さんの瞳から、涙がこぼれていた。


「やっと・・・・・・・・・・言ってくれたね・・・・・・・・・・

 ずっと待ってた。一度告白して、ダメだったから私・・・・・・臆病になってた。

 頑張っている横井君の事を、悪く言うヤツがいたら、私が叩いてあげる!!

 ただの、偏見で物事を言う人が多すぎる。

 でも、私は・・・・誰が何と言おうとも、味方だからね!!

 だから、横井君も、考えすぎないで!!

 これから二人で、歩いていこうね・・・・・・・ありがとう・・・・・・・・」



しばらく、加藤さんは、泣き止むことが出来なかった。

そんな加藤さんの頭を、俺は、なでながら抱きしめていた。


少し落ち着いてから、沈む夕日を二人で見ながら、手をつないで座っていた。


「なんだか私、すごく ホッ とした」


「俺もだよ」


「だって、そのバイトの子とすごく、仲良くしてるんだもん・・・・・・・」


「ま・・・・まぁ・・・・・話くらいはしてもいいでしょ?」


「どうしよっかな~~~~(笑)。

 私たち、もう付き合ってるから、話ぐらいならいいよ~~」


「加藤さんだって、高校で、他の男子としゃべるでしょ?」


「そうだね・・・・・私って意地悪だね・・・・・・・」


「でもそれだけ、俺の事を、本気で思っててくれてる証拠だね!」


「フフフ。もう、夕日が沈みそうだね」


「また、遅くなるから、そろそろ帰ろっか」


「そうだね・・・・・・・それじゃ~またラインもするね~~直樹くん♡」


急に名前呼びになって俺は、ほほが緩んだ。


「お・・・・おう・・・・・俺もするよ、・・一恵ちゃん(めちゃ恥ずかしい)」


「それじゃ~またね~~~バイバイ~~~♡♡」



出会ってからだと、かなり遠回りだったけど、無事二人は付き合うことができた。

これで、みんなと遊びに行っても、なにも遠慮なく加藤さんとイチャつける。

この場所は、二人にとって、すごく思い出深い場所になった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます