第54話 初めてのライン

家に着いたなり、親から、バイクが直ったと電話があったそうだ。

とにかく月曜日から、ハローワークに行かないと、いつまでも遊んでいられない。

そんな事を考えていたら、早速、加藤さんからラインが送られてきた。


「無事に帰れたかな?」


なんて優しいんだ!そんな事を思いながら、初めてラインを送ろうとしたが、

文字を打つのに、少しの時間が掛かってしまった。

慣れない事すると、疲れるな・・・・・・・・


「ちゃんと帰れました。今日は楽しかったです。ありがとう」


これだけの文章を打つのに・・・・・・・10分近く掛かった;;

加藤さんの返信は早くて、1分もしないうちに帰ってきた。


「よかった!こちらこそ、ありがとね!!」


しばらく、やり取りが続き、終わった時は、ドッと疲れてしまい、そのまま寝てしまった。何にしても、初めてって緊張するもんだ。


日曜日は、とにかく安静にして家で休み、月曜日。バイクを取りに行き、ハローワークへと足を運んだ。


なんだか、気難しい表情を、職員さんはしていた。


「横井さん、学歴は、中卒ですか~・・・・・・・・。それで、前の会社はどんな理由で辞めたのですか?」


「ちょっと、バイク事故を起こして、入院してました。それで、クビに・・・・・」


「なるほど。正直、学歴が無いと、厳しいんですよね・・・・・・・・どんな仕事が希望なんですか?


「特に希望はないです」


しばらく、職員さんは、パソコンと、にらめっこをしていた。

少しは覚悟はしていたが、学歴が無いと、当然、大企業はムリだし、中小企業もそれなりの、資格や学歴を求めている。

そんな中、職員さんは、これはどうかな?と、勧められたのは、電子部品の流れ作業の仕事だった。


「これでどうですか?」


「とにかく、早く働きたいので、これでお願いします」


「それじゃー面接受けれるように、電話しますね」


職員さんは、その会社に連絡を取って、次の日に面接は決まった。

すんなり決まってくれればいいが・・・・・どうだろうか・・・・・・


ハローワークから一旦家に帰り、加藤さんが待つ、あの場所へと向かった。


「加藤さん、今日もがんばっているね~」


「あっ!横井君。バイク直ったんだ~」


「何かと、足が無いと不便だよね。さっきハローワーク行ってきて、明日、面接なんだ」


「ああ~。一昨日ラインでも言ってたね~。ちゃんと決まるといいね(ニコッ)」


「いつまでも、遊んでいられないからね~」


「それじゃ~、この場所にも余り来れなくなるね」


「来れないときもあるかもだけど、この絵だけは完成させないとね~」


「仕上がりを、期待してます~!!」


そう言って、夕日が沈む前まで、真剣に描いていた。


「よし!下書き完成~!」


「えっ?見せて見せて~~!」


「いや、色を付けるまでは、見せられぬ!(笑)」


「え~~~~~。また~~~~~~。ケチ~~~~~~(笑)」


「それじゃ~帰ろっか~。明日、面接もあることだし」


「そうだね!!がんばってね!!それじゃ~明日も来れたら来てね~バイバイ~」


夕日が沈む頃、二人は帰っていった。



次の日の午前中に、面接を受けたが、どうも、風当たりは悪そうだった。


「どうして前の会社を辞められたんですか?」


「ちょっと、バイク事故で入院してまして・・・・・・・」


当然、履歴書にはウソはつけず、最終学歴の所は中学卒になっている。

ハローワークの職員さんは、どこまで俺の事を話しているのかは分からないが、面接担当の人は、首をかしげていた。


「わかりました。面接の結果は、明日に電話でお知らせします」


ものすごく、手応えが無いように感じられた。

でも、もし就職が決まれば、あの場所にも行けなくなるから、その日の午後に、

加藤さんに会いに行った・・・・じゃなく、絵を仕上げにいった。


「こんにちは、加藤さん」


「あっ!横井君。面接どうだった??」


「ん~~~~~。手応えは無いかな・・・・・・」


「でも、わからないよ!前向きに考えて行こう!」


「仕事が決まったら、ここには余り来れなくなるから、今日で絵を完成させる!」


「そうだよね・・・・・・寂しいけど・・・・・・」


素人ながらも、真剣に、色を塗ってはみたものの、やっぱり難しい。

大雑把な性格がここにきて、色に現れている感じがした。


「こんなもんかな・・・・・・完成~~~~!」


「えっ?早いね~~。見せてみて~~」


「素人だと、これが限界だよ」


加藤さんは、真剣に俺の絵を見ていた。


「横井君・・・・・・・これ・・・・・上手いよ!!なんて言えばいいんだろう。この大胆さが、すごくいい!!私に足りなかったのはこれかも!!」


「え??それは言い過ぎじゃ~?」


「私は、綺麗に描く事に、こだわり過ぎてたのかもしれない。この青空。大雑把で大胆に見えるけど、そこがすごくいい!!」


「そ・・・・・そうなのかな?・・・・・」


「横井君。この絵、貰ってもいいかな?」


「べつに、いいけど・・・・・・・・褒めすぎじゃない??」


「私は、すごく気に入ったんだ~~!!」


そうやって、絵を貰って、すごく嬉しそうに。、加藤さんは帰っていった。

俺には分からない感性があるんだろうか・・・・・・・

でも、喜んでくれた加藤さんを見ていると、何でも上手くいくような気がしていた。


しかし、次の日。

そんなに上手くいくはずもなく、面接は落ちて、仕事は決まらなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます