第53話 柔らかい手

自転車で、待ち合わせ場所まで1時間くらいかかる。

はやる気持ちに、ブレーキを掛けられず、2時間前に家を出た。

まだ、リハビリ中で、首と左腕の痛みが残っており、休憩をはさみながら走っていたら、予定より時間が掛かり、1時間30分くらいで公園の近くまで来た。

それでも、30分前に着いたから、ゆっくり待っていようとしたら、すでに、加藤さんの姿がそこにあった。


まだ数回しか見たことはないが、加藤さんの私服は、とても可愛い。

今回は、水色のポロシャツに、白のスカート。

あまり、派手な色は見たことが無いな。そう言えば。

でも、清純そうな加藤さんのイメージ通りなのかも。青色が好きだって言ってたし。


熱い中、30分も前に待っててくれているなんて・・・・・・・・・

急いで、加藤さんの所に駆け寄っていった。


「ごめん、待った?」


「あっ!横井君!自転車だと遠かったでしょ~。身体は大丈夫??」


「リハビリも兼ねてきたから、大丈夫だよ」


「ムリして、ひどくならないでね!」


「ありがとう、加藤さんは本当にやさしいね」


「そうかな?身体の心配するのは当たり前でしょ。まだ完治してないんだから!」


「加藤さんも、熱中症に気を付けないとね。ただでさえ熱いからね~」


「大丈夫!!好きで待ってるから・・・・・・・・・・」


「それじゃ~いこっか~」


「うん!!」


この前も行った、同じショッピングモール内の携帯ショップへと、二人歩いていった。

もう、同じ機種って決まってるから、何も悩むことなく買い物できたが、店員さんの説明は相変わらず長いのと、契約書を書くのが面倒くさい。

1時間過ぎたところで、やっとお店から出られた。


「加藤さん、お腹空かない?」


「空いた~~(笑)」


「じゃー、近くのファミレスでいいかな?」


「横井君となら、どこでもいいよ~~・・・・・・・・」


そうやって、近くのファミレスに入り、注文の品が来る前に加藤さんは、俺のスマホ登録を、簡単そうにササッと終わらせていた。


「これでよし!!」


「俺・・・・・・古代人だから・・・・・ラインなんて使えるかな・・・・・・」


「古代人って(笑)。慣れれば簡単よ~~~」


「左手では、ちょっと使えないな・・・・・・・感覚が鈍くてね・・・・・・・」


「少しづつは良くなってるんでしょ?」


「そうだね、20%くらいはシビレが残ってて、これが完治するのかが不安で」


すると、加藤さんは、俺の左手を両手で包んでくれた。


「横井君も、治るって、信じて・・・・・・・・」


すごく、温かく、柔らかな手。

そう言えば、だんだん加藤さんの行動が大胆になってるような・・・・・・・

俺の気のせいかな??


「横井君、ご飯食べ終わったら、私も、買い物してもいい?」


「いいよ~。何を買うの?」


「いつもの、絵の具!!(笑)」


ご飯を食べ終え、加藤さんの目的場所に移動している時だった。


「また、光武君とゆうちゃんに、会ったりして(笑)」


「(笑)どこまで世間は狭いんだ~~(笑)」


そんな事を言ってると、見覚えのある顔が、目の前から近づいてきた。


「あれ~~~~。一恵ちゃんと横井君じゃん~~!!」


「三月ちゃん!」


今度は、吉村さんと彼氏さんだった。


「二人でショッピングか~~~。一恵ちゃんも、すみにおけないなぁ~」


「私がお願いして、誘ったの~」


「お邪魔だから、私たちは行くね。それじゃ~ね、ごゆっくり~~~~」


あいさつ程度で、吉村さんカップルは立ち去っていった。


「世の中・・・・・・・狭いね・・・・・・(笑)」


「本当に・・・・・・・狭いね・・・・・・(笑)」


二人で、笑い合った。

田舎のショッピングモールだと、そんなものかも。

行く所も決まってしまうから、出会う確率はかなり高め。


こうして、加藤さんのお目当てのお店に着き、品定めしていた。


「横井君、昨日の絵に色は塗るよね?」


「素人の俺だけど・・・・・大丈夫かな・・・・」


「大丈夫!横井君の好きな色を選んでみて~」


「わかった」


俺も、青が好きだから、青空にこだわって行こうと、濃い青と薄い水色の絵の具を選んだ。


「これと、これかな~」


「あっ!!いい色だね~~~!これは私が買うから」


「そんな・・・・悪いからいいよ~」


「私が誘ったんだから、これくらいはしないとね(ニコッ)」


そうやって、加藤さんに2種類の絵の具を買ってもらった。


俺が、自転車で帰らないといけないので、、少し早めだったけど、帰ることにした。


「加藤さん。今度の月曜日は、あの場所に居るかな?」


「うん、いるよ~」


「それじゃ~、俺も月曜に、描きにいくね~~」


「うん。待ってる・・・・・・・♡ あと、ラインもするからね~~(ニコッ)」


「ちゃ・・・・・ちゃんと返信できるかな・・・・・・」


「大丈夫だよ~(笑) それじゃ~、気を付けてね~~!!バイバイ~~~」


そうやって、俺は自転車で帰っていったが、身体は少しダルかった。

無理して再発だけは避けなければならないが、心の方は十分満たされていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます