第52話 デートみたい

退院したからといって、すぐに行動できることが出来ない。

とにかく、足が無いと、どこにも行けない。

まず、壊れたバイクを修理に出し、リハビリに自転車に乗ったりで、それなりに忙しい日々が続いた。

貯めていた貯金も、少なくなって、みじめに思えてきた。


この鳴らないスマホも、元をたどれば、靖枝さんに進められて買った物。

なんだか、妙に腹立たしく思い、解約してしまった。

結局、あれ以来、1度の連絡もなく・・・・・・・・・・・・

まぁあれが、別れる口実だったんだろうと確信した。


リハビリで自転車に乗ってたら、ふと、あの場所に加藤さんが居るかも?と思い、自転車を走らせた。

俺からしてみれば、会社の帰り道だったから、余り行きたくはない所ではあるが、加藤さんとの思い出の場所と思えば、なんてことなかった。


遠くからだったが、人影が見えた。

近づくと、加藤さんだと確信した。


「加藤さん!がんばってるね!」


「あっ!!!横井君!!!ビックリした~~~。だって自転車なんだもん」


「まだ、バイクには乗れないし、修理中だしね」


「そっか~~。まだ完治はしてないもんね」


「もしかしたら、加藤さんが居るかな~と思って、覗きにきた(笑)」


「あっ!!Hな言い方だね~~~(笑)」


二人で笑い、すごく、安らかな時間だ。


「俺も、描いてみようかな、ここの風景を。何か鉛筆とか無いかな?」


「本当に~!!あるよ~~。・・・・・・・はい!」


加藤さんが、鉛筆と紙を渡してくれた。


「俺、真剣に描くから、黙ってるかも(笑)」


「横井君の絵か~~~すごく楽しみ~~~。上手いんだろな~~~!!」


「ハードル上げないでよ(笑)」


「横井君もハードル上げるじゃん(笑)」


それからは、会話もなく、二人真剣に描いていた。

あまり外に出てなかったからあれだけど、もう7月で日が落ちるのも遅く、夕暮れ時になると、結構いい時間になっていた。


「あ~~~~。もうこんな時間だ。最後まで描けなかった~~~~~」


「ほうとだ。もう帰らなきゃだね」


「明日、また来てもいい??」


「もちろん、いいよ~~!!!それで、見せてくれないの??」


「まだ途中だから、ダメ~~~~~(笑)」


「え~~~~~ケチ~~~~~~(笑)」


「じゃ~また明日くるね!!!」


「うん!!明日、待ってるね!!♡それじゃ~~バイバイ~~~」


夕暮れ時に、二人は帰っていた。これぞ青春って感じがした。


次の日、ちょっと遅れて、あの場所へと向かった。


「あっ!横井君、遅いよ~~。それと、スマホが繋がらなかったんだけど??」


「最近、解約したんだ・・・・・ちょっと思いがあってね・・・・・・」


「え~~~~~。横井君と連絡取れないじゃん~~~~」


「俺って、メールやラインしないから、あまり必要性が無いんだよね・・・・」


「私がしたいから、スマホ持ってくれないかな??お願い!!!」


加藤さんに、すごくお願いされてしまった。


「じゃ~、明日、一緒に買いに行ってくれたら、買う!」


「いくいく!!明日土曜日だし、ちょうどいいね(ニコッ)」


「俺、機種とか、まったく分からないから、加藤さんと同じやつでいいや~」


「そうなの?私は教えやすいから、その方がいいけど」


「登録の仕方とか、ほんと、ようわからん!!(笑)」


「それじゃ~、明日12時に、この前と一緒の、駅前の公園でいいかな??待ってる♡」


「OKで~す。今日は、ちょっと遅くなったから、絵は今度にするね」


「そうだね、昨日は遅くなっちゃったからね(笑)」


「それじゃ~~、また明日ね」


「うん!!明日ね!!バイバイ~~~・・(明日はデートみたいだね♡ボソッ)」


最後にボソッと言ったことが、聞き取れなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます