第50話 順調に

徐々にではあるが、首の痛みも楽になってきて、左手のシビレが治まってきた。

でも、まだ、50%くらいは残っている感じだった。


リハビリ中も、松本さんのお蔭で、そんなに苦じゃなく、話も楽しく順調だった。

とにかく、早く治さないと、リスタートも出来ない。

焦りすぎてもダメだけど、まともに動かないんじゃ、退院しても意味がない。

心の葛藤はあるけど、ポジティブに考えようと、努力していた。


この、ゆがんだ性格も直らないもんかな・・・・・・・・

性格って、そんな簡単に変えれるものじゃないからな・・・・・・・

変えれたら、もうとっくに変わってるはずだからな・・・・・・・


ここ最近は、加藤さんの見舞いの頻度も多くなってきて、毎回差し入れで、お弁当や、夜食用にサンドイッチを作ってきてくれた。


もう、なんだか、お母さんみたいな感じだ。

母性本能がそうさせるのか??

もしかして、俺の事が好きだとか??

臆病になっている俺の心は・・・・・・友達として、と、決めつけていた。


そんな事を思っていると、今日は、仲良し3人組で見舞いに来てくれた。


「コンコン・・・・・・・・・加藤ですけど・・・・・・・・」


「はい~。どうぞ~」


「おじゃましま~す。今日は、ゆうちゃんと三月ちゃんも連れてきたよ~」


「なんだか、ごめんね・・・・・こんな俺なんかのために・・・・・・」


二月さんが、笑いながら話してくれた。


「そんな水臭い事、言わないの!!私たち友達でしょ!!そんな事より、身体の方は良くなってるの??」


「今は、順調にいってるよ~」


「そっかそっか。それじゃ~私たち3人で、ハンドパワー送るからね!!!!

そりゃ~~~~~~~・・・・・ほら、二人もやって~~~~~!!!!(笑)」


「こ・・・・・こうかな? おりゃ~~~~~~~~」


「ちがうちがう~~~。角度が大事なんだよ~~~~(笑)」


すごく楽しく、おかしく、微笑ましく。

俺の事を励ましてくれてるみんなに、うるうるっと、きてしまった。


やっぱり、二月さんは、リーダ的存在なんだろうな。

二人を上手く引っ張っている感じがした。


「それじゃ~、私と三月は帰るね~。早く元気になって、遊びにいこうね~!」


そう言って、加藤さんを残し、二月さんと吉村さんは、帰っていった。


「本当に、ゆうちゃんって、面白いよね~(笑)」


「そうだね~(笑)。でも、仲良し3人組って、すごく伝わってくるよ~」


「2年生になって、クラスがバラバラになったんだけど、昼食の女子会は毎日続いているよ~(笑)」


「最近、絵の方は大丈夫なの??見舞いに結構来てくれるからさ」


「今は、ちょっと、スランプじゃないんだけど、描きたくないって言うか・・・・・

そんな時に描いた絵なんて、絶対に上手くいかないから、描かないんだ~」


「あ~~。俺が焦って、リハビリするようなもんかな?」


「そんな感じだね(笑)」


俺のせいで描けないの? なんて聞けず、加藤さんは、紙袋から何かを取り出した。


「今日ね、クッキーを焼いてきたの~~~。横井君、甘いもの平気だよね?」


「おぉ~!今度はクッキーか~!!甘すぎなければ大丈夫だよ~」


「お菓子作りって余りしないから、自信はないけど、食べてみて!!」


「いただきます!!・・・・・・・・・・うまい!!甘さも丁度いい!!」


「本当に~~~!良かった~~~!!」


「加藤さんは、女子力の固まりだね!!旦那さんは幸せになるよ~絶対に!」


「・・・・・・・・(ポッ)・・・・・・・ありがとう~~♡」

(旦那さんて・・・・・横井君の事かな???・・・・・・・・♡)


「そう言えば、退院の日とかって、まだ分からないのかな?」


「最初は、入院2か月って言われて、もう1か月半たったけど、まだ、50%くらいはシビレと痛みが残ってるからね~。もしかしたら、伸びる可能性もあるかも」


「3人のハンドパワー送ったから、もう安心だよ~(笑)」


「そうかもね(笑)」


「それじゃ~私もそろそろ帰るね~」


「うん。ありがとう!色々と。あと、加藤さんが絵を描けるように、俺からも

 ハンドパワー送るよ!」


そう言って俺は、加藤さんの右手を、両手で握った。


「えいっ!!おりゃ!!と~~う!!」


訳の分からない、おまじないをしたら、加藤さんは爆笑だった。


「横井君も、おかしい~~~~(笑)でも、ありがとね!!」


そう言って、笑いながら帰っていった。

誰かと話したり、笑ったりすると、本当に気持ちが楽になる。

一人で腐ってたら、本当に腐ってしまう。

みんなに励ましをもらい、あと一頑張りできそうだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます