第45話 リハビリ

入院して一週間がすぎ、少しは痛みが治まった所で、リハビリ担当者と、その上司が病室へと、あいさつに訪ねてきた。


「横井さん。そろそろ、リハビリに入りたいんですけど、大丈夫ですか?」


「まだ、かなり痛みはあるけど、大丈夫です」


「そうですか。では、担当者を紹介しますね。松本かな さんです」


「は・・初めまして、松本かなです。よろしくお願いします」


「あ。よろしくお願いします」


「まだ、専門学校を卒業したてで、分からないことも多いのだけど、これからの担当に決まったので、よろしくお願いします」


卒業したてって事は、20歳くらい?22歳かな?とても綺麗なお姉さんだ。


「では、明日から、リハビリを開始しますので。横井さんは午前中の10時からになりますので、よろしくお願いします」


「あ。はい、よろしくお願いします」


首の痛みと、左腕の痛みは、まだ相当なもので、やっと動かせる感じで、不安もかなりあったが、ジッとしててもヒマなだけで。

とにかく、早く退院したいから、リハビリを頑張るしかなかった。


次の日の10時に、松本さんが病室まで訪ねてきた。


「コンコン・・・・・横井さん失礼します」


「あ、はい、どうぞ」


「今日から、よろしくお願いします」


「こちらこそ」


「では、案内しますね」


病院の別館へと歩いていくのだが、結構な距離で、痛みがある自分には、これもリハビリなんじゃないか?って、思うくらいの距離だった。


基本的には、お年寄りしかいない。まぁそうだろうな。


「はい、着きました。それじゃ、最初は、首周りをマッサージしますね。痛かったら、ちゃんと言ってくださいね!」


「わかりました」


まだ、痛みが残ってるため、不安していたが、松本さんは、やさしくマッサージをしてくれた。


「痛くないですか?」


「はい、大丈夫です」


「こんな事、言うのもアレなんですけど・・・・・横井さんが、担当になって初めての患者さんなんです。だから、私も不安なので、何でも言ってくださいね」


「そうなんですか・・・・・」


いくら、専門学校出てるからって、初めてだと、緊張もするだろうな。

失敗して、痛くても、俺は我慢する覚悟をしていた。

でも、そんな覚悟はいらず、本当に上手く、気持ちよかった。


俺は、松本さんに、色々と質問してみた。


「すいません。質問してもいいですか?」


「はい、いいですよ~」


「松本さんは、なんでこの仕事を選んだんですか?」


「そうですね~。自分に出来る、人の助けになる仕事につきたくて、この仕事を選びました。道のりは結構大変でしたが、やりがいのある仕事だと思ってます!」


俺とは真逆な答えだった。やりたいこともないまま、1年、我慢して働いていたが、松本さんには、ちゃんと働く理由がある。

お金のためじゃなく、人助けをしたいなんて・・・・

正直、この若さで、自分のやりたい仕事を見つけるのは、凄い事だと思う。


すると、松本さんの方からも質問してきた。


「横井さんに聞いていいですか?」


「はい」


「生年月日を見たら、16歳だから、高校生かな?」


「・・・・・・・・」


また、偏見な目で見られるかも・・・・・そう思った。


「あ~・・・・高校には行かなかったんです・・・」


「あっ。そうなんだ~。じゃ~社会人って事かな?」


「ここに来るまでは・・・そうでしたが・・・・クビになっちゃいまして・・・」


「え?ごめんなさい・・・・・変な事聞いちゃって・・・」


「いや、別にいいですよ・・・」


「じ・・じゃ~次のリハビリに行きますね」


「はい」


「左手の感覚を戻すために、粘土で何かを作ってみてください」


「左手だけですか?」


「いえ、なるべく左手を多く使ってでいいですよ~」


「わかりました」


しびれと、痛みで、まったく言うことが利かない・・・・・・・

健康第一って、まったくその通りだと思った。


「あ・・・さっきの話の続きしても大丈夫ですか?」


「いいですよ」


「じゃ~1年くらいは仕事をしていたんですか?」


「そうですね。自分は、やりたい仕事ではなかったですけどね・・・・・」


「じゃ~私より、社会人の先輩じゃないですか!」


「先輩って言うほどでもないですが・・・・・」


「いや、私の方こそ、いろいろ教えてくださいね!(ニコッ)」


「教えるなんて・・・・・」


松本さんは、俺の事を、偏見的な目で見ていなかった。

これは、単に、自分の思い過ごしなんじゃないか??と、分からなくなってきた。


1時間が経ち、リハビリも終了になり、病室に戻った。


「それじゃ~、また明日の10時に伺いますね。失礼します」


自分の思い通りに行かない左手に、すごいストレスを感じていた。

本当に、ちゃんと動くようになるのか??すごく不安な、リハビリ初日だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます