第46話 おまじない

ここ数ヶ月、休みも少なく働いてきたから、病院にいても、時間が経つのが遅く感じられ、退屈な日々だった。

痛みがあるから、そんなに動けないし、早く自由に動きたかった。

退院しても、また1から仕事探しもしないといけない。

やりたい仕事も無いから、どうしたらいいのやら・・・・・・・・


しばらくたってから、加藤さんが、またお見舞いに来てくれた。


「おじゃましま~す。どう?横井君、少しは痛みとか取れたかな?」


「いや、全然。リハビリやってても、まったく思い通りに動かなくて・・・」


「そうだよね・・・・・ストレスも溜まりそう・・・・」


「普通に動けるってだけでも、幸せを感じてしまうよ・・・」

そっか~。入院で何か困った事とかないの?

 私に出来る事は、何でもするから(ニコッ)」


「困ったことは1つあるかな・・・・・」


「なになに??言ってみて!!」


「病院食が少なすぎてね;;何もしないで、ジッとしてるだけなのに、腹だけは空くんだよね;;だから、コンビニで買い物して、夜中に食べてるよ(笑)」


「あ~~~~(笑)。食欲があるんだったら、まだ大丈夫だよね(笑)

 じゃ~今度来るときに、何か作ってくるよ!!」


「そ・・・そんな、悪いよ~」


「いいの!!私がやってあげたいんだから(ニコッ)」


本当にうれしかった。凍った心が、溶かされていくようで。


「横井君、左手出してみて」


「え?あ、うん」


加藤さんは、俺の左手を両手でにぎり、額をくっつけてきた。


「早く治りますように・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・よしっ!」

「え?」

「お・ま・じ・な・い・(ニコッ)」


な・・・・なんて可愛い事してくれるんだ~~~~と、心で叫んでいた。


「そ・・・・そう言えばさぁ、コンクールの絵はどうなったの?」


「あの場所の、桜バージョンは、納得いく作品は描けなかったんだ~」


「そうなんだ」


「散るのも早いからね~・・・・・・それに色々と考え事もしちゃってたし・・」


「冬バージョンの方は、結果でたの?」


「ああ~。一応、佳作だったかな~」


「おお~~。一歩ずつ大賞に近づいてるね!!佳作でも凄いと思うけどな~」


「いやいや、まだまだ!これで納得していたら、それ以上先に進めないもん!」


「加藤さんも、頑張ってるから、俺もリハビリ頑張らなきゃ」


「無理せず、ゆっくりで良いと思うよ~。だってこの1年、頑張りすぎたんだから」


「ありがとう・・・・」


こんなに、俺の身体の事を心配してくれるなんて・・・・・・・・・・・・・・・


「じゃ~、あまり、長居も悪いから、これで行くね(ニコッ)」


「そんなことないよ~」


「今度は、差し入れも持ってくるからね(笑)」


「本当に、ありがとね・・・・・・・」


「じゃ~またね~バイバイ~」


加藤さんと居ると、安らぎの時間で、すごく元気をもらってる感じがする。

おまじないも、してもらったし、俺も頑張れる!そんな気がしてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます