第44話 今はまだ、友達でいい

連休中に、みんなで遊ぶ事はできないけど、横井君の報告を兼ねて、

ゆうちゃんと三月ちゃんの女子3人で、ショッピングモールに出かけることにした。

ゆうちゃんが、お見舞いに行った事を聞いてきた。


「一恵、どうだった?横井君の具合は」


「う~~~ん。身体よりも、心のケアが必要かな・・・見た目では」


「何かあったとか??」


「私の口から言っていいのかな? まぁ色々あったみたい。彼女と別れたりとか」


「え~~~、彼女と別れたんだ~」


「それだけじゃなくて、その他、もろもろとね・・・・」


「そっか~。だったら、一恵が付き合って、面倒見ればいいじゃん」


「そりゃ~大好きだし、付き合いたいとは思ってるよ。でも、今は・・・・・・・

違うと思うんだ。なんか、卑怯って言うか・・・・・・上手く言えないけど・・」


「三月はどう思う?」


「私は、一恵ちゃんの思ってる事の方が、正しいと思うけどな。

 弱くなってる心だから、助けてあげたいって気持ちも分かるけど、

 横井君からしてみれば、情けを掛けられてるんじゃないか、と思ってしまうかも」


三月ちゃんの言う通りだと、私も思った。

今はまだ、友達でいい。色々と落ち着いたところで、また考えよう。

私は、そう決心をした。


「ところで、一恵。ケガの具合はどうだったの?」


「二ヶ月くらいは入院って言ってたよ」


「二か月か~~~結構長いね~~。その間に、私たちもお見舞い行かなきゃね。 

 ねっ、三月」


「そうだね!また、みんなでも遊びたいからね」


私たち、友達に出来る事は、励ますくらいの事しか出来ないかもしれない。

横井君を信じて、待つ事しかできない。


だけど、私だけは裏切ったりしないし、横井君を尊敬している。

また、あの場所で話したり、みんなで遊びに行ったりもしたい。

なんで、こんなに横井君の事になると真剣になるのか?

だって、私の、大好きな人だから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます