第39話 聞いてない

とりあえず、連休までは頑張ろう。

一区切りつけないと、身体も、精神的にも持たない。

そう自分に言い聞かせながら、忙しい日々を過ごしていた。


ただ、昼休みには必ず会いにきてくれる、靖枝さんの姿が昨日は見られなかった。

珍しい事もあるもんだ!と、最初は思っていたが、今日も姿が見えなかった。

どうしたんだろう?カゼでもひいたのかも?と思い、夜に電話をしてみた。


「もしもし、やすえ~。ど~したの?昼休み来なかったけど、カゼとか?」


「あ~。なおき。実は私、会社辞めたの」


「え?・・・・・・・・ちょ・・・・ちょっと待って、俺、何も聞いてないぞ!」


「うん、だって言ってないもん」


「今から部屋に行くから!!」


俺は慌てて、靖枝さんの部屋へと向かった。


「話の続きなんだけどさ、どうしたの??何かあった??」


「これは私の問題だから、なおきには言わなかったの。だって、心配するでしょ」


「それでも、一言くらい言ってくれなきゃ!」


真剣な表情で、靖枝さんは語りだした。


「私ね、今の会社に入って5年になるけど、正社員じゃないって、なおきには言ったよね」


「ああ、それは聞いた」


「最初は、周りから、嫌な目で見られてて、中卒だしね。これも言ったかな」


「うん、聞いた」


「それでも頑張れば社員にしてあげるって、上司が言ったのね。

だから今まで頑張ってきた。1年経つたびに、上司に聞いてた。

いつになったら、社員になれますか?って。だけど、いつも、なあなあの返事でごまかされ続けて、もう、いい加減に、腹が立って、言ってやったの。上司に!!

今年も、社員になれないんですかって。そしたら上司が、「学歴がな・・」とか言って、またごまかしたの!!!

最初から、社員にする気なんてなかったんだ!!!あいつらは!!!

人間扱いもしないで、働かせて、本当にただのブラックな会社だよ!!!!」


ものすごい勢いで、靖枝さんは怒っていた。こんな姿見た事ない。


「そ・・・・・そうだったんですか・・・・・」


「なおきも一応社員だろうけど、給料めちゃ安いでしょ!」


「バイトに毛が生えたくらいかも・・・・・・・」


「そんな会社、信用したらダメだよ!」


確かに・・・・・最近は・・・・・ひどいかも・・・・・・


「そ・・・・・それで、これからどうするんですか?」


「この前、なおきと行ったお店あるでしょ~」


「ああ、友達の店ね」


「店長の渡辺君は、私の気持ちわかってくれて、雇ってくれたんだ~」


「そうなんですか」


「どれだけ頑張っても、ダメなものはダメ!見切りをつけるのも重要だよ~!!

だから、私は後悔なんてまったくしてないんだ~」


社会人の辛さを、身に染みて実感したような気がする。

それと、学歴社会って言うことにも・・・・・・・・・・・・・


俺はそんな、偉くなろうとは思ってはいない。

だけど、それに見合ったお金は当然ほしい。

学歴がないだけで、バイト並みのお金しかもらえないくせに、

責任を任される仕事をさせる。矛盾してないか?!


この出来事で、俺の社会批判の考えが、さらに加速へと進んでいった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます