第37話 彼女の誕生日

4月に入り、太陽の温かさが眠気を襲う。

相変わらず、忙しく、残業の日々。

そんな中でも、5日の夜は靖枝さんの部屋で誕生会を開いていた。


「やすえは、21歳になるんだっけ」


「あんまり歳の事、言わないで~~~」


「なんで?まだ21だったら、今からじゃん~」


「やっぱり、永遠の10代がいいの!私は!(笑)」


そう言いながら、キッチンでキャベツの千切りをしていた。

包丁さばきも、かなりのもので、後ろからイチャつこうとすると、切られそうなので止めた。

靖枝さんは、後ろから来てくれるのを待ってるんだろうけど・・・・怖い・・・・


今日は、めちゃくちゃ、大人ぶろうと俺は、気合が入っていた。

サプライズとまでは、いかなくても、プレゼントを渡すシチュエーションとかを、考えまくって、昨日の夜は眠れなかった。


「は~~い、出来たよ~~~食べよ食べよ~~~」


「やすえは、本当に料理が上手くなったよな~」


「あら?褒め殺し?♡」


「そんなんじゃないって。ちゃんと自炊してて偉いな~って」


「だって、給料も安いし~~!こき使われるわりには!だから切り詰めないとね」


「それは、わかる!!」


「なおきは、実家だからそんなに、お金かからないかもだけど、一人暮らしって

やっぱり、光熱費とかもかかるから、大変なのよ~~~!」


「そうか~、一人暮らしって、憧れるけど大変そうだ・・・・・・・」


日に日に、グチが多くなってる気がしてきた。

お金のことになったら、シビアになるって言うか、それだけストレス社会なんだ。

だから、靖枝さんは、明るく振る舞おうと、努力してるのかも??


晩御飯を終えて、後片付けをすまし、一段落した所で、俺はプレゼントを渡した。


「はい!やすえ!誕生日おめでとう!」


「なおき~~~♡ ありがとう~~♡ 開けていい??」


「どうぞどうぞ~」


「あ~~~~~~~可愛いネックレスだ~~~~♡」


「俺が付けてやるよ~」


正面から首筋に着けるとなると、かかなか難しい。

だが、それが俺の狙いだ。


「あれ~?付かないな~~」と言いつつ、いきなりやすえの唇に、激しいディープキスをして押し倒した。


「・・・・・・・・・・・ぁん・・・・・どうしたの、なおき、積極的♡」


俺の方からリードすることは、あまりないから、靖枝さんは少し驚いていた。

でも、なんだか、いつもの靖枝さんとは違い、受け身で積極的アピールもなく

二人の熱い夜は過ぎて行った。


「あ~~~~。また仕事か~~~~」


そうぼやきながら、俺はバイクで、靖枝さんは車で、会社の方へと向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます