第35話 ホワイトデー(後編)

ホワイトデー当日の、会社の昼休み、靖枝さんは少しテンションが高めだった。


「どうしたんですか?そんなにうかれて」


「え~~~~、そりゃ~もう、分かってるでしょう~~♡今晩は・・・・・・・・なおきが・・・・・・・いっぱい♡いっぱい♡私をリードしてくれるから♡♡」


「リード?何をリードするんですか・・・・・・・・・」


「私の口から言わせるの~~~♡も~~~~う、なおきの、い・じ・わ・る♡♡」


「何をそんなに期待してるんですか・・・・・・・まったく・・・・・・・・・」


二人でいるときは、いつもこんな感じだけど、数多くの男友達にも、同じ反応をしているんじゃないか?と疑問を持つようになったから、素直に喜べずにいた。


仕事が終わり、二人で買い物を済ませ、部屋に直行っていうのが、定着していた。


「さぁ~~~て、ごはん作っちゃうね~~~~♡」


イベント事には、いつも積極的アピールしてくるけど、今日は普段通りだった。


「あれ?珍しいね~。また目隠しされると思って覚悟してたのに」


「え~~~~~~~。だって、今日はホワイトデーだよ~~~。なおきの方から、後ろから揉んできたり・・・脱がしてきたり・・・してくれるんでしょ~~♡♡」


「ぶっ・・・・・・・・・そういう発想だったか;;」


「私、期待しちゃうもん♡♡ なおきならしてくれるもん♡♡」


なんだか今日は、甘えん坊モードに入っているな、靖枝さん。

やらなかったら・・・・・・・・めちゃくちゃスネるだろうな・・・・・・・・・

ある意味、やりさない!アピールで、いつもの積極的な彼女に変わりがないのか。

料理を作っている彼女の後ろから、やさしく抱きついた。


「あっ!こんな所に、2つの柔らかい肉まんが・・・・・」


「あん・・・・・・・・料理中で手がふさがってるのに~~~~~~~♡♡」


「お腹がペコペコで・・・・・・もう待てない・・・・・・・・・・」


「ハァハァハァ・・・・・そんな所まで・・・・・・・な・・お・・き・・♡♡」


いつも通り、ご飯を食べる前に・・・・・・・・・・・靖枝さんを食べた・・・・


「ねぇ、なおき。この前の事、まだ怒ってる??」


「怒ってないよ・・・・・・」


「本当に!?最近のなおき、ちょっと遠くに行った感じがして・・・・・・・」


「そ・・・・そんなことないよ」


ビックリした。靖枝さんは気づいていたんだ。

それとも、俺が隠すのが下手なのか?表に出ちゃったりしているのか?

女性って、すごく勘が鋭い感じがするから、ある意味怖い生き物だ・・・・・・・


晩御飯を食べ終えて、二人はくつろいでた。


「そうだ、お返しのお菓子あるんだった。食べる?」


「うんうん!食べる食べる!!なおきを♡♡」


「・・・・・・こらっ・・・・・・」


「モグモグ・・・・・・おいしいね~~~~。太っちゃうかな・・・・・・・・・・でも胸に付いてくれたら、なおきも喜ぶからいいか♡♡」


「そりゃ~喜ぶね(笑)」


「ほんと、男って、おっぱい好きだよね~~~~なんでだろ」


「なんでだろうねぇ~。男には無い物だからじゃないの?その柔らかさが」


「そんなもんかね~~」


「やすえだって、無いよりあった方がいいでしょ?」


「そりゃ~~~、ボンッ・キュ・ボンッ ってのは憧れるよね~~~(笑)」


「でも、やすえの胸、俺、好きだけどな~~。程よい大きさで柔らかいし!」


「や~~~ん。なおきが褒めてくれてる~~~~~♡♡」


「ゴホン・・・・・・まぁ~それはさておき、少し、会社のグチいってもいい?」


「どうしたの?何かあった?」


「最近、一人で任されてるのはいいんだけど、誰も手伝ってくれなくて、俺だけ残業ってのが多くなってきて」


「あ~~。よくある話ね~。なおき、あんまり信用したらダメだよ上司を。あいつらは、社畜としか思ってないし!!結局のところ、偉くなっていくのは、学歴がある人だけで嫌になちゃうよ」


「なるほど~。勉強になります!先輩!」


「本当に大切に思ってるのなら、手伝ってくれるし、人をポイ捨て扱いはしない!

上司が動かない会社は正直・・・クソだよ!結局、楽しての高給取りのカスだよ」


珍しく、靖枝さんが熱く語ってくれた。

何か、嫌な事でもされたのか?ここまで言う人じゃないのに。


これが、学歴がない、最大のデメリットなのかもしれない。

どんなに仕事が出来なくても、学歴さえあれば、それなりに上の方に行ける。

逆に、仕事が出来ても、学歴がないせいで、上から押さえつけられる。

靖枝さんの語りは止まることなく、今日という日は過ぎて行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます