第33話 つり合い

「お~靖枝~。いらっしゃい~」


「お~、渡辺君~また来たよ~」


本当は来たくなかった、靖枝さんの、友達の店。

まー適当に、時間つぶして帰ろうと思っていた。


「渡辺君、私の彼氏、連れてきちゃった~~~」


「へ~~~。この子が彼氏さんか。ゆっくりしていってな~」


「はい」


席に座り、靖枝さんが、渡辺ってやつの事を、話してきた。


「渡辺君て、私と同い年なんだけど、すごいよね!店長なんだよ~~」


「それはすごいですねー」


「最初はね、会社勤めをしてたんだけど、一人の方が気が楽とかで、独立したらしくてね。出来る男はやっぱ違うよね~~~」


「そうですか~」


「でね、今、2号店もあって、すごくやり手なんだよね~~~」


「そうですか~」


「あと、面倒見もよくて、バイトさんにも好かれてて、もう欠点がないってくらい、いい男なのよ~~~~~~」


なんだ!?べた褒めじゃん・・・・・・・やっぱり来るんじゃなかったと思い始めてた時、次々と、仲間?らしき人が、靖枝さんに声を掛けてきた。


「お~~~、靖枝じゃん~~。今日は店の手伝いしないのか~~?」


「今日はしないよ~~~彼氏と来てるもん~~~~」


「あ~~~~。へ~~~。この子が彼氏か~~~~~。クスッ」


「えらい若い子を捕まえたもんだな~~~~~~フフッ」


(なんだ!!このバカにされたような笑い方は!!失礼な奴ら!!!)


「はいはい!もういいから~~~~~あっち行ってよ~~~!シッシッ(笑)」


やっぱり、靖枝さんには、友達が多そう。性格上、モテるのはよくわかる。

歳下の俺なんかと、一緒にいるのは、つり合いが取れてないんじゃ・・・・・・

また、嫌な捉え方を考え出していた。


しばらく経ってから、店長の渡辺?だっけ・・・が、靖枝さんに声を掛けてきた。


「ごめん、靖枝。デート中悪いけど、ちょっと手伝ってくれないか?」


「え~~そんなに人手が足りないの?」


「今日、バイトの子が次々と休んで困ってるんだよ・・・・・・・頼む!」


「ごめ~ん、なおき。ちょっと手伝ってくるけど、いい??」


「べ・別にいいですよ」


いいわけないだろ!!とは言えずに、靖枝さんは店の手伝いへと行ってしまった・・

なんだか、親しげにしゃべっている姿を見ているだけで、嫌な気持ちになってくる。


俺も、人の事は言えないか・・・・・加藤さんと仲良くしゃべってるし・・・・・

ただ、やたらと、知り合いなのか友達なのか、よく、靖枝さんに声を掛けてくる。

これが、本当の彼女の姿なんだなと、うれしい気持ちにはなれなかった。

結局、2時間くらいは、俺の事をほったらかしで・・・・・この店を後にした。


「ごめん!なおき!!この埋め合わせはちゃんとするから♡♡」


「別にいいですよ」


「あ~~~~~。なんか、なおき怒ってる~~~~~」


「怒ってないですって・・・・・・・」


「怒ってるよ~~~~~~。仕方がないか、私が悪いんだもんね・・・・」


「怒ってませんから」


「もう、いっぱい、いっぱい、いっぱいサービスしちゃうから、部屋にいこ♡♡」


「あ。今日はごめんなさい・・・・・・そんな気分にはなれないので・・・・・」


「あ~~~~~ん。本当に、ごめんてば~~~~~~~」


この後、靖枝さんの部屋には行かなかった。

嫉妬心もあったが、やっぱり、二人はつり合ってない・・・・・・・・・・・・・

あんなに、楽しそうに、みんなとしゃべっている顔。俺は見た事ない・・・・・・

もう、どうしようもない、ネガティブな考え方に自分でも腹が立ってきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます