第32話 バレンタインデー

俺がもっとも嫌いなイベントが始まる。

それが、2月14日のバレンタインデーだ。

自慢じゃないが、人生で1度も貰ったことがない・・・・・・

学生時代は、誰もが、げた箱や机の中を気にするんじゃないだろうか?

本命はなくても、義理チョコくらいは、貰ったことある人の方が多いと思う。

その義理チョコですら、貰ったことがないのである・・・・・・(母は除く)


誰だ、バレンタインデーなんて作ったヤツは!!!!!

企業のたくらみだってことが、分からないのか!!!!!

そう思えてくるくらいに、俺は大嫌いだ!!!!!!!!


しかし、今年は違う!!

ちゃんと、彼女もできたし・・・・・・・・・・たぶん貰えるはず・・・・・・・

当日の昼休みに、靖枝さんから、今晩の予定を聞いてきた。


「なおき~~~~。もちろん、今晩は部屋に来るよね♡」


「と・・・・・当然じゃん!!!」


「じゃー、仕事が終わったら買い物行こうね~~~♡♡」


そうやって、仕事が終わり、買い物を済ませて、部屋へと入った。

なんか、前回もあったような・・・・・・・・・・・・・デジャブが再来した。


「はいっ、なおき。目隠ししてね♡」


「えっ!またですか;;」


今回は何が起こるんだろう・・・・・・・・・・期待してしまう・・・・・・・・

聞こえる音で、何をしてるのか、さぐりを入れることにした。


ガスコンロで、何かを温めているみたい・・・・・・・

もしかして、チョコを今、溶かしてるのか?・・・・・・

手作りチョコにしたら、簡単に冷めないし、食べれないんじゃ・・・・・・・

それとも、普通に料理を作ってるだけなのか?・・・・・・・

いろいろな想像ができて、おもしろいな、これ・・・・・・・・


すると、突然、靖枝さんこが、大声をあげた。


「あちっ!!!!」


「ど・・・どうしたんですか?もしかして火傷ですか?」


急いで目隠しを取ろうとした。


「あっ!!なおき!!まだ、取っちゃだめだからね!!」


「あ~はい・・・・・でも大丈夫ですか?」


「大丈夫!!大丈夫!!もうちょっとだから、待っててね♡」


すると、なぜか、扇風機の音が聞こえてきた・・・・・・・・・

扇風機で、チョコを冷やしてるのか?・・・・・・・・


すごく気になる俺の方から、少し靖枝さんを急かしてみた。


「やすえ~~~~。まだですか~~~。もう取っちゃうぞ~~~~~」


「も~う♡せっかちな、なおきなんだから~~~~♡♡」


「気になって仕方がないから、もういいだろ~?」


「・・・・・・・・・・・・じゃ~~もういいよ~~~取ってみて~~~♡♡♡」


期待しながら、目隠しを取ってみたら・・・・・やっぱりデジャブだった・・・・

腕組をして、寄せた2つの胸の谷間に、チョコボール・・・・・・・

胸の突起物の所は、チョコをヌってデコレーションまでしてある・・・・・・・・

さっきの熱がっていた原因はこれだな・・・・・・・・・・・


「さぁ~なおき♡私の胸の谷間に、顔をうずめながら食べるのよ~~~~~♡♡」


「あ・・・・・あの~・・・・・はい・・・・いただきます・・・」


靖枝さんの胸は、特別大きいわけではないが、寄せているから、かなりボリュームアップで、めちゃくちゃ、柔らかかった!!!


「甘くて・・・・柔らかくて・・・・・もう、何も言えないです・・・・・・・」


「じゃ~・・・次は・・・・こっちの方を、な・め・て♡♡♡」


こんなことをしたら・・・また・・・靖枝さんを・・・・・食べてしまいました。


二人の、甘くて、激しい行為が終わった後、相変わらずの、

裸エプロンで料理を始めた。

どうも、順番が逆のように思えるのは、俺だけなのか??まっ、いっか。


「しかし、やすえは、よくこんな事を思いつくよな・・・・・・・」


「そうかな?これが当たり前じゃないの??」


「当たり前じゃない!!!」


「まぁ~いいじゃない♡私は、なおきとイチャイチャしたいんだよぅ~~~♡♡

あっ!そうだ。今度、私の友達のお店に一緒にいかない?」


「友達の店?どんな店なの?」


「居酒屋なんだけど、私、ちょくちょく顔を出してるの」


「ふ~ん。べ・別に、行ってもいいけど・・・・」


「なおきはお酒、飲んじゃダメだよ~(笑)」


「飲みません!!」


本当は、行きたくなかった。

なぜなら、俺の知らない、靖枝さんの顔が見えるようで・・・・・・・・

人見知りの俺が、そんな所に行っても、しゃべる事は、多分できない。

でも、知らない靖枝さんの部分も見てみたいとも思うし。

複雑の状況の中、しぶしぶ行く事となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます