第26話 心配しないで

「直~~~いるか~~」


めずらしく、哲が俺の家に、訪ねてきた。


「めずらしいな~、哲が家に来るなんて」


「あ・・・あぁ。まぁ~、その、あれだ。一恵ちゃんから、話は聞いた」


「ああ~なるほどね・・・・」


「今、付き合ってる、彼女がいるんだって?」


「うん。同じ会社の人でね」


「そ・・・・・そっか。俺はてっきり、一恵ちゃんと付き合うもんだとばっかり思ってたよ」


「加藤さんの事、好きだよ。告白もしようとした。ただ、タイミングが合わなくて。それに、俺なんかと、付き合ったら、何て言うかな・・・・ヤンキーと付き合ってると思われて、迷惑かけるんじゃないかと・・・・・」


「そんなこと、一恵ちゃんは思わないと思うぞ!」


「本当に加藤さんは、気が利くいい子だよな・・・・・・この前、加藤さんに会って、彼女の事を少しだけ話したよ。なんだか、ムリに笑ってたようにも見えた」


「一恵ちゃんはな、直の事、ずっと好・・・・・・・・俺から言うのもなんだな」


「俺の彼女、歳上なんだけどさ、似た者同士って言うか、すごい理解者だから、付き合うことにしたんだ」


「まぁ、直が決めた事だから、俺からは、何も言えないからな。それじゃ、俺帰るよ」


「ああ」


「あとさ・・・・・・・気づけなくて・・・・・ごめんな・・・・じゃぁな」


「お・・・・・・おう、またな」


こうやって、哲は帰っていったが、最後の言葉の意味が俺には分からなかった。




次の日の学校の昼食で、光武君が3人の輪の中に入ってきた。


「おい、ゆう!ちゃんと、直から聞いたぞ~」


「ほぉ~~。哲君にしては、行動が早かったのね~~~~」


「なんだと~~~~ケンカ売ってんのか~~~~ってのは、さておき、一恵ちゃん、直から少しは話、聞いたんだね」


「うんうん。どんな彼女か、気になったからね(笑)」


「え~~~~そうなの一恵~~~。で?どんな彼女だったの?」


「なんかね、同じ会社の、歳上のお姉さんみたい」


「歳上お姉さんか~~~~~。哲も、やっぱり歳上がいいと思うの?」


「なんで俺に振る・・・・・・・・まー。憧れはあるんじゃないかな~」


「あるんだ!あるんだ!哲君・・・・・・ひどい・・・・・」


「べ・・・・・別に、あるくらい、いいだろ~~~~~!」


ゆうちゃんと光武君の、言い争いが始まってしまった;;;ここはとりあえず逃げておこう。

三月ちゃんと共に、その場から少し離れた。


「三月ちゃんは彼氏さんと、どう?上手くいってる?」


「それはもう、順調そのものだよ~~~。合わなかったら別れるつもりだったけど、お互いに、知れば知るほど、好きになっていくよ~~。一恵ちゃんには悪いけど;」


「別に、大丈夫だよ(笑)」


「でも、歳上のお姉さんか~~~~強敵だな~~~」


「そんなに考えても、あれだし、今は友達だから、先の事はわかんないよ(笑)」


私の事で、みんなが、心配してくれている。

だからこそ、笑って、心配かけないように、しないといけない。


人を好きになるって、こんなに息苦しく、切ないものなんだな・・・・・・・・・上手くいけば、これが、うれしさや喜びになるんだろうな・・・・・・・・・・・

少しは、私も成長したのかな?っと思い始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます