第11話 引っ越し

8月に入り、毎日、暑い暑い日が続いている。

学生は、夏休み真っ盛り。めちゃくちゃ羨ましい!去年までは夏休みだったのに、1年でこんなにも変わるか!と少し、ひがんでいた。


仕事の帰り道に、加藤さんの姿は見かけなくなっていた。

そりゃー夏休み中だし、いるわけないかーと、少し寂しい気持ちになった。

コンクールの絵も、もうすぐ完成と言ってたので、もう完成したのだろう。


もう2週間くらいになるだろうか。

スマホを持ってから、まだ、今村さんから電話が掛かってきていない。

自分から掛ける勇気もなく、ただ待つのみ。

からかわれたのだろうと、あまり期待もしなくなっていた。


草野球の方も、熱中症対策として、しばらくは休みだという。

高校球児は甲子園で熱い戦いをしてると言うのに。

でも、仕方がないか。仕事に影響を及ばすかもしれないから、昼休みのキャッチボールも、しばらくは休止。

木陰にダンボールを敷き、昼寝をしてる所に誰かに起こされた。


「コチョコチョ~」


「ん・・・・あっ・・・・・」寝ぼけてて誰か分からない。


「こら~~直樹君~~起きろ~~」


「こ・・・・この声は・・・・今村さん??」


「も~~~靖枝って呼んでっていつも言ってるでしょ~~~(笑)」


「え・・・でも、職場ですよ」


「そんなの関係ないじゃん~~~」


「いやー、周りの目が・・・」


「まっいいや。そんな事より、今日からよろしくね!!」


「何の事ですか?って、そう言えば何で、や・靖枝さんがここに居るんですか?」


「本社から回されたのよ、新しく建ててたでしょ、会社」


「そう言えば建ててたっけ」


「お昼休みは必ず来るから、私の面倒見てよね♡~~直樹君~~~(笑)」


何だか、うれしいような、また、からかわれるのか。

でも、これから毎日会うのだから、何か進展があるかも!と、また要らぬ事を考え始めていた。


「ところでさぁ~直樹君は、職場で何の仕事してるの?」


「俺は、自転車やバイクとかの、チェーンの部品作ってるんだ」


「リンク?それともブッシュ?」


「ブッシュのほうですね」


「私はねぇ~チェーンの梱包やってるんだ~~」


こんな専門用語で話せる人が居るなんて。

やっぱり同じ現場同士、仲良くなれるのがわかる。

だから、同い歳でも、高校生同士じゃないと、会話が続かない。

俺はもう、別の世界の人間なんだと、認識してしまっていた。


「あっ!そうだ。電話なかなか出来なくてごめんね~~。こっちの会社になったから、引っ越しの準備したんだ~~。急に言われたから、何かとバタバタしちゃっててさぁ~。一人暮らし始めたから、直樹君!お・う・ち・に・く・る?♡」


「一人暮らしですかーいいですね。憧れます・・・・って。行きませんよ;;」


「アハハ~~赤くなって~~~可愛い~~~(笑)」


「からかわないで下さいよう・・・」


またいつものペースで、今村さんに圧倒されていた。

でも、まあ、昼休みの時間が、楽しみになったのも事実。

これから、どうゆう展開になっていくのか、この時、卒業してから初めて、俺も青春してるなーと思い始めていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます