第8話 徐々に前向きに

会社の昼休み。俺は、田中係長とキャッチボールをしていた。

また今度、練習試合があるらしく、人集めに苦労しているようだった。


「横井君、今度の日曜日お願いできるかな?次はピッチャーをやってほしいんだ」


「ええ、まぁ予定もないですし、いいですよ」


「助かるよー!絶対にみんな驚くから。横井君の球速に」


「そうですかね?大した事ありませんよ」


そう言いながらも、少しは自信があった。

あと、今村マネージャーが来るかもと、少し期待もしていた。


「係長、ちょっと気になる事があるんですけど」


「ああ、なんだ?」


「うちの会社の敷地内に今、建物立ててるでしょ。あれは何ですか?」


「ああーうちの本社の一部が来るらしいぞ。でも、まー下請けのうちらにはあまり関係ないからな」


学校も上下関係が厳しかったけど、社会に出ても同じ事。そんなもんだ。


そして日曜日。野球目的なのにやっぱり キョロキョロ とマネージャーを探してしまう。ただ話したいだけなんだけど、内心は、どこか少し期待していた。

でも、いわゆる 八方美人 タイプだから、誰とでも仲良くなれるポジティブ派。

俺とは真逆の性格っぽいから、過剰な期待を持たないようにと心に刻んでいた。


「あっ!横井君だ~~来てくれたんだね~~」


「ど・・ども」


「今日、ピッチャーやるんだってね!私、期待しちゃうから~~」


「俺、ピッチャーやったことないから不安なんですよー」


「大丈夫!大丈夫!横井君ならうまくやれるよ~~私が保証する(笑)」


(どんな保証してくれるんだ?)


「そう言ってもらえると何か出来そうな気がしてきました」


「うんうん~応援してるから頑張ってね~~」


そう言いながら、他のチームメイトにも声を掛けにいくのに去っていった。


ストレートには自信あったが、後はカーブくらいしか球種がなく、どこまで通用するものなのか・・・・そんな中、試合が始まった。


1回を抑えたら、ある程度、自分の力がわかる。そう思いながら全力投球した。

無事に1回は三者凡退に抑えられた。

(これはいけるかも、三振も2つとれたし)

そうやって上手くこなしながら最終回。ファーボール1つは出したが、ここまでノーヒットに抑えていた。


たかが5回までの試合なのでって、自分は思っていたけど、周りのみんなはノーヒットノーランに少し期待しているようだった。

そんな周りの反応に、急にプレッシャーが押し寄せてきた。

1つアウトを取るだけで何だか騒がしくなり、ツーアウトまでこぎつけた。


「あっと一人~!あっと一人~!」


最後のバッターに対しては自信のあるストレート1本で押しまくった・・・・

ファールで粘られ、タイミングも合ってきている。本来なら次はカーブでタイミングをズラすべきだが、裏をかきストレートだ!と思いっきり投げた結果・・・・・


カキーーン


見事にセンター前ヒットを打たれてしまった。

周りからは「あぁ~~~」とため息が漏れた。

試合には勝ったが、なかなか上手くいかないものである。(人生と一緒だ)

終了後にマネージャーが駆け寄ってきた。


「あ~~~もうちょっとだったのに~~~~おしかったね~~~」


「まーそんなもんでしょ。出来過ぎたほうでしょ」


「あ~~~!横井君は欲がないんだね~~~もっと悔しがらないと~~~」


「実際、初めてピッチャーやったんだから、あれだけも上出来ですよ」


マネージャーの方がすごく悔しがってて、すごく可愛くみえた。

話が進むにつれて、どんどん話題がズレていき、思わぬ方向へ話が切り出された。


「ねぇ横井君、スマホの番号、教えてくれないかな~?」


「えっ?あぁー・・・俺、スマホ持ってないんですよ」


「えええ~~~!今時スマホ持ってないの~~~~!本当に~~~?」


「ま・・まぁ使わないんで」


「今時のスマホは必需品でしょ~~~!あっ!だったら私と一緒に買いに行こう」


「え??」


そうやって半ば強引に、スマホを買いに行こうという感じで、今度の休日に約束をした。正直ここまでされたら、変な期待もしてしまう自分がいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます