天地

 私は体の輪郭を見失い、ドロドロの水に溶けだした。

それからバラバラになって空へ吸い込まれて、ふと思い出して呼んだ。

「龍神様」

「来たな、負の種よ」

 負の種というのは、どうやら私の事らしい。

『あの人は何処だろう?』

 私はこの水の終わりを探した。体はまだバラバラなようだった。

「天井で好きに泳いで居るがよい。そのうち輪郭も定まろう」

 返事をしたか覚えがないけれど、私は言われるままに天井の海の中を泳いだ。

 気持ちのいい水だった。刺すように冷たくて、不純物が一つも無い水。それが私を包むドロドロを少しずつ流していく。

 薄い膜に覆われた赤子が泳いでいる。

 私はきっとアレにはなれない。

 気になって上を目指して泳いだ。どこまでも上へ行く。

 まるで夜のように、紫の光が泳いでいるのを見た。それでもまだ上へ行く。

 ふと水面に出た。『私は水面から来たのではなかったか?』と思ったけれど気にしている余裕はなかった。息が出来ない。苦しい。慌てて水の中に戻り様子を窺う。

 水面の先は黒という言葉が物足りないほどの黒だった。

 指先だけ出してみた。さっきと違って安心する。

 ドロドロで、ベタベタで、純粋な闇だった。

 天井の向こうには闇が待機しているのだった。

「戻りなさい」

 龍神様の声がした。戻って初めて龍神様のお顔を見た。街に降る雪のような灰色をしている。龍神様は言う。

「陽の世界へ行き、負の種を蒔いて来い。さすれば影は光に成り代わらん」

「陽は?」

「影柱に飲み込まれる。その時、光は天地を見失い陽と影は反転するのだ」

「はい」

 難しいことは分からない。私はただ、あの天井の向こうの闇に心を奪われている。あれに飲み込まれた世界はどんなだろう。きっと私と同じ。もう寂しくない。そうだったんだ。今はどちらも曖昧だから苦しいんだ。

 気が付くと私は地下鉄のホームに立っていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます