異世界バーサーカーガール ~JKヒロインの異世界暴拳譚~

作者 黒銘菓(クロメイカ/くろめいか)

89

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界に召喚された(と言えば聞こえはいいが、つまり一種の誘拐・拉致!)JKが、そのことに憤慨し、召喚した面々を半殺しにしてしまう導入部分から、もう興奮と笑いの連続です。
主人公は超絶達人ばかりの格闘技一族に生まれた女の子で、魔法は一切使えないのですが、その格闘センスとスピード、破壊力で相手を圧倒します。
唯一持っている武器らしい武器は、なんと超合金のバール (笑)

もう、あれもこれも常識外れで、こんな物語、ほかで読んだ事がない!
最近の私にはめずらしく、第1章の終わりまで一気に読んでしまいました。

作者様は、自身が格闘技の経験があるのか、バトル場面も奇想天外でありながら、描写は緻密です。つい納得させられてしまいます。

★★★ Excellent!!!

自分を至極真っ当なJKと自己紹介する主人公・八華。
そう、至極真っ当なJK・八華は何と、魔法や不思議な道具がある異世界人相手に素手で挑んで完勝する鍛えられた肉体エリートJKだったのです。
別世界から召喚した人間を勇者と持ち上げながら、内心では見下す外道な異世界人相手にバッタバッタと爽快に薙ぎ倒していく八華さんの戦いぶりが丁寧に描かれた戦闘シーンで綴られています。
格闘技やそういうものを扱った作品を好きな方には堪らない作品ではないでしょうか?

★★★ Excellent!!!

面白いですね、これ♪
いくらなんでも、一見普通のJKが、チートも無しでこんなに強いわけ……なんて疑問点もありましたが(のちのち理由は語られます)、そもそもがバーサーカーガールを見せる為の一章ですからね。そんな突っ込みは野暮でしょう。

とくに良心の呵責もなく、現状に大きな疑問も抱かず、有無を言わせずに異世界人をバッタバッタと倒していく八華さん、爽快です。

見せたいものがきちんとフォーカスされていて、その他の余計なものは一切そぎ落としたような潔さが感じられて、とても清々しい作品だと思います。