「化粧」

「そう言えば家畜、貴様化粧はしないのか?」

「時々なら。あなたは……してないですよねぇ」

「妾はこのままが一番美しい故!」


 自信満々に胸を張る彼女には悪いが、私にはお化粧した方がその美貌がなお映えるような気がするんだけど。金色だし。


「妾に白粉おしろいなどいらぬわ!」

「そこか!」


 彼女のお化粧の知識はそこで止まっているらしい。まぁ確かにあののっぺりとしたのは似合わない。さっそく最近の化粧品を取り寄せ二人で楽しんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます