「青空昼食」

裏庭には果樹がたくさんある。さくらんぼに杏、かりんなど様々で今はその花が咲き乱れているため、昼食がてら花見をしている。


「おぉ、杏があるではないか! 干し杏は好物ぞ!」

「実ったら干し杏いっぱい作りましょうか」

「マスター、そんな。暗黒神に気をつかわなくて」

「果実ならズィークも好きでしょう?」

「っ! はい!」

「……扱いやすい奴よなぁ」

「何か言ったか暗黒神」

「何も?」


くっと喉奥で笑う彼女に、苦笑した私だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます