「青の女王について」

 青、それは貴き尊き色。そして何よりも美しさの代名詞。麗しく賢き者の象徴・証。

 絶対的強者であり弱者の考えを持つ優しき方。在れば暴君、印は椿、口を開けば水仙の根とはまさしく


「ズィークよ、妾はいつまでこれを聞けば良い」

「マスターが飽きるまでに決まっているだろう暗黒神。そもそも貴様がマスターに青の女王の話を振らなければ」

「妾はただどんな者かと」

「はい、そこの二人。我が君のこと(以下略」


 水仙の根には毒がある

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます