「苺狩り」

「苺狩り行きませんか?」


 その言葉で、私は彼女と学園に来ている。


「逃げるのか? 走るのか?」

「嫌だ、苺が逃げて走るわけないじゃないですか痛っ」


 何故か正論を言えば、彼女にどつかれた。何なんだ。

 さっそくビニールハウスの中。葉の中から引っ込んだり出たり、モグラ叩きのような苺を横薙ぎ一閃で籠へ。

 大きい実を彼女の口に持っていけば、口を開けて待っていた。可愛い。

 しかし何故か


「変わらんではないかたわけ!」


 怒られた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます