「記憶」

 記憶の逆流というものがある。私が彼女と交際するようになってから、彼女の記憶を観るのだ。


『死ぬなっ! エルゥ!』


 人と神の境界線を理解していなかった頃の彼女が、死に際の親友にすがる記憶。傲慢不遜な彼女が、たった1人の人間の死を悼んだ夢。


「朝食は何だ家畜……っ!? なぜ貴様泣いておる!?」


 私の顔を見た途端慌てだした彼女に。

 あぁ、記憶でも彼女の泣き顔なんて見たくなかったんだと悟った日、外では雲雀がないていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます