地下都市の太陽に嫌気が差した、と言って彼女は笑った

作者 沙凪 月夏(Sanagi-Gekka)

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?