ある朝

 朝起きたら、裸でモーテルのベッドに寝ていた。

 いや、裸というには語弊があるか。パンツは履いてるから全裸ではない。ただし、このまま外に出れば間違いなくお縄だ。

 昨夜は呑みすぎて記憶がない。私としたことが。高校の同級生だけで女子会をした。各々が別々の道を歩み始めてはや数年。お酒をひとたび入れると会話は弾んで止まらなかった。

「えー……ってか、頭いたぁ……」

 ズキズキと痛む頭を文字通り抱えながら、ふと隣に

(あっ――これはあかんやつでは)

 生来、裸で寝るような性格はしていないことは自分で知っているし、できれば目を背けたい事実なのだが……まずいものはまずい。

「うぅん……」

 隣の人物が呻く。くぐもってはいるが女の声だった。ロボットのようにぎこちない動きで、首をそちらに向ける。

 彼女もまた、裸だった。いや、下半身は何か履いているかもしれないが、少なくとも上には何も着けていない。白い肩が見えた。

 髪は黒でショートでくせ毛……必死に記憶の糸を手繰り寄せる。同級生とは久々に会った。髪色や髪型が大きく変わっていたが、会って話せばあの頃の記憶は蘇った。彼女の名は、すぐに出てきた。

「あのー…………」

 どきどきしながら、彼女の名前を呼んでみる。

「んぅ……」

 まだ寝惚けている彼女の頭がこちらを向いた。薄く開いた目と視線が合う。たちまち、その瞼がぱっちりと見開かれた。

「………な」

「お…おはようございまーす……」

「なんで⁉」


「ビビるわ……さすがに」

 並んで洗面所で歯を磨く。彼女はぼさぼさの頭を掻きながらぼやいた。

「ははは……お互いにね。起きたらいきなりパンイチだもん」

「まだいいでしょ、こちとら全裸だったっつーの。ったく……」

 彼女は歯を磨く手を一旦止めて、ごく小さな声でどうしてこうなったんだか、と言った。

 その言葉に、耳がかっと熱を持つのを感じる。

「どうしてったって……そりゃあ……」

 返答に逡巡している間に、彼女はさっさと口をゆすいでしまう。だがその顔は、ほおずきの実を連想させる朱に染まっていた。

「……どこまでしたんだと思う」

「キスくらいは……したんじゃないかな。だって……嫌じゃ、ないから」

「あのねぇ……」

 お互いの羞恥を増大させてどうするのか。これでは外にも出られやしない。

「……もっかい、しとく? キスだけ」

「……なんでよぉ」

 否定したのは言葉でだけだった。

 少し背の高い彼女の唇は、とてもやわらかく吸い付いてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます