自由のキャンバス

作者

56

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

領主の娘であるヴィオランテが教育係のオリビアと共に成人の儀として魔物が蔓延る世界を旅する物語です
ヴィオランテとオリビアが何を思い何を考えているのかが丁寧に描写されている為、2人の心理的な距離感の変化も楽しむことができる作品だと思います
戦乙女として戦争に身を投じ無数の屍を築き上げ誰からも恐れられた過去をもつオリビアと領主の娘として厳しくも大切に育てられたヴィオランテ、境遇が全く異なる2人が共に歩む姿を見届けたいです

★★★ Excellent!!!

町の荒くれにも一目で美人と分かる先生が、かわいいお弟子さんと一緒に成人のための旅をする!そんなの大好きに決まってるじゃないですか!
正統派ファンタジーぽくてワクワクします。
ヴィオランテは魔物にはまだまだなこどもの気持ちが残ったままのお弟子さんで、無邪気で正義感にあふれてて、先生を愛していて、お嫁さんにするって決めてて(家族の反応に笑いました)めちゃめちゃかわいいです。
先生の決め台詞があああ、そこの動きが目に浮かぶようで「美人すぎる…」って思いました。
旅は始まったばかりですが、続きが楽しみです。