親父が超絶美人なせいで俺は恋愛ができない

作者 八壁ゆかり

39

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

超絶美人、それを聞くと生まれつきの美貌を想像します。
でもこの物語のキーパーソン「暁みちる」は、努力型の美人です。美しくあろうと努力に努力を重ねて頂点に立って、その過程で得た人生経験が彼を魅力的にしています。

それに比べて、実は読み始めたときは、主人公輝に多少の物足りなさを感じました。
けれどだんだんと、輝の魅力はその柔らかい精神にあると気づきました。
疑問や壁にぶつかったときに素直にへこみ、どうしてなのか考えて、ちゃんと一歩を踏み出せるところが、彼を輝かせていきます。

努力でダイヤモンドになった父と違う磨き方をして、彼はどんな宝石になるのでしょうか。
今後が楽しみです!

★★★ Excellent!!!

父親が全世界で有名で、あり得ないくらいの美形という環境で育った主人公。
親が有名だったり偉大だったりすると、子どもはぐれたりすねたりコンプレックスに感じたりするんだろうけども、主人公はそうじゃなかった。素直でまっすぐで、親を自慢することもなくて、でも親のすごさをきちんと受け入れていて、こんな息子欲しい!
ぞん主人公でも、やはりパパんの影響はばっちりあって、恋愛方面に濃い影響で……それがまた面白い、けれどパパんを見れば納得の設定。
あと、むっちゃ読みやすい。