第6話 side セグシュ



 セシリアはとても可愛い。とにかく可愛い。以上。



 ……そうだね、歳の割に賢くて、とても変わってる。


 所作も、マナーの講師をつけたわけでもないのに、不思議と身についているものがあった。

 本人も意識してるわけでは無さそうなので無意識だろう。



 ──セシーは僕が12歳になって、少ししてから産まれた。

 それまでは僕が5人兄弟の末っ子で、兄からも姉からもずいぶん可愛がってもらっていた。


 両親はいつも仲良しで、どの兄弟たちにも平等に愛情を注いでくれていたのだと思っていたけど、産まれる直前からセシリアが歩き始めるまでは、彼女につきっきりだったそうだ。


「そうだ」というのは、僕は側に居なかったから。

 僕は12歳で学園の校則で15歳以下の学生は、事前の申請が無いと長期の外出ができないからだ。

 出産に立ち会えた兄姉もいたようだが、僕は「無事に生まれたらしい」と連絡を受けただけだった。


 年末や季節の変わり目の休暇に、会いに行くことは出来た。

 ……出来たのだが、課題や合宿・所属学科の実習と長期帰宅の予定がつかず、両親にお祝いを伝えただけで、セシリアに至っては、寝ている顔をチラリと見せてもらってそのまま帰宅、ということが続いていた。


 僕がセシリアと関わるようになった時には、もう歩いてたし、舌っ足らずではあるが、しっかり喋るようになっていた。


 セシリアは母さん似の淡い桜色のような銀髪を肩まで伸ばして、大きめの紫の瞳。


 そんなセシリアは、絵本以外は読む機会がない年齢であるはずなのに、ポロリと会話に高度な言葉が混ざる。密会やら魑魅魍魎やら…全く、どこから覚えてきたのやら。

 ただ、その突拍子も無い会話が面白くて、タイミングが合えば積極的に関わるようにしている。



 ──そして今回、両親からの依頼でセシリアの魔力測定会のエスコートをすることになった。


 同じクラスの友人達には「泣くわ、叫ぶわ、暴れるわ、散々だったよ」と哀れみや同情の眼差しをもらった。

 セシリアを見てる限りでは、そんな悲劇は想像がつかなかったから、不思議でしょうがなかったのだけど。


 当日は早朝に学園を出発した。自宅に着いた時には、玄関前に馬車が準備されていたので、声をかけたところで、両親とセシリアが出てくるのが見えた。


 セシリアはふんわりとした淡い水色の膝丈のドレスを着けていて、淡い桜色の銀髪との対比が可愛らしくて、本当にお人形さんのようだった。



「やあ、セシリア!すっかりお姉さんになったね。今日は僕がエスコートさせてもらうよ!よろしくね」

「せぐーにいしゃま、よろしくおねがいしましゅ」



 噛んでる。相変わらずの舌っ足らずで、可愛すぎる。

 サとスとソが、喋れない。喋れないのに、しっかりとした言葉遣いをするギャップが、また良い。



「あぁもう!なにこの可愛い生物は!セシーはずっとこのままでいいよ!」

「やめっ!にしゃま!めーーー」



 セシーが全力で嫌がってたけど、気にしない!

 全力で抱きしめて、くるくると振り回す。



『……今日はセシリアの王子様になってあげてね』



 これが母さんとの約束なので、頑張…ろうと思ったけど、それは馬車を降りてからで…良いよね?

 父さんからも『社交の立ち居振る舞いは場数を踏んで慣れるしかない』との事なので、女性陣に好印象になるなら、今回は特にお叱りはないようだし、思いっきりセシリアの王子様になってあげる。


 ……今回の主役は3歳児。なんとかなるはずだ。





 ******




 ──セシーは可愛いだけじゃない、良い子だ。再確認した!


 入場すら怖がり、ドアの前で嫌だと泣きわめき、母親と思われる女性に引き摺られながら入場する子。

 ほんの少しを待つことができずに、お菓子を片手に控え室から飛び出して、奇声を発しながら走り回る子。


 貴族控え室の廊下ですら、この惨事だ。


 この扉の向こう、魔力測定会が行われる会場は…どんな大惨事となっているのだろうか?


 ……来月、この王城で開かれる事になってる、僕の婚約者のデビュタントの予行練習のつもりだったのだけど、セシーは大人しくエスコートさせてくれるのだろうか?


 不安になってセシリアをに視線を向けると、少し緊張させてしまった様で歩が止まり、固い表情でこちらを見上げていたので、安心させる様ににっこりと笑顔で返す。



「さぁセシー、最高の笑顔で入場しよう!」

「はい、にいしゃま」



 僕の歩に合わせるように、会場のドアが開き始める。



『ガレット公爵家子息、セグシュ・フォン・ガレット、セシリア・ハノン・ガレット、入場!』



 入場の声にびくり、とセシリアが眼前に広がった風景に、固まる。

 少し手を強めに引いてみたが、歩調がおぼつかない。



「うわぁ…」

「うん、セシー大丈夫だよ」



 僕であれば挨拶の位置まで、あと数歩。その数歩が遠い。

 ……惚けているセシリアをドレスがふわりと広がる様に抱き上げて、そのまま進む。


 合図の代わりに、おでこに軽く口づけをし、セシリアを降ろして礼をする。

 続いてセシリアがカーテシーをする。



「ぇええ…」

「セシー完璧だね!最高の可愛さだよ!」



 やっぱり、セシーは可愛い。緊張もあるのだろうが、ほんのりと紅潮した顔が可愛らしい。


 ゆっくりと顔を上げると、正面のずっと奥に満面の笑みを浮かべる、母さんと目があった。

『セシリアの王子様になってあげてね』と言う母さんの課題はクリアできたと思う。


 誤算としては、保護者達の母親…と言うか若い女性率が高かった事。

 ……じりじりと逃げ場を封じられるかの様に、人集りができ始めた事。


 正直、怖い。


 香水の香りがキツイし、視線が痛い。野外訓練で対峙したゴブリンの群と良い勝負だと思う。

 あれもきつい…というか臭いし、隙あらば襲いかかろうと、こちらを凝視してくるのと似てる、と思う。

 あ、でも思う存分攻撃も反撃もできるだけ、ゴブリンの方が可愛いかもしれない。


 どう逃げようかと視線を下げると、セシーがお菓子に向かって離れようとしていたので、便乗させてもらう。



「セシー、まずは王家の皆様にご挨拶するよ?その後は、呼ばれるまで自由にしてていいみたいだから、行こう」

「はぁい」



 やっぱり、社交は面倒臭い。


 まぁ、挨拶さえ終わってしまえば、3歳児は初めての社交ってほどではないが、お茶もお菓子もあるし、お友達作りの場と化すから、セシリアは解放でいいかな。


 視界の端から、じりじりと距離を縮めてくる群れた女性が恐ろしいので、僕は測定の水晶玉の近くに行きたい。



「これはこれは!ガレット公爵家のセグシュ殿と…セシリア殿」

「えっと…フォーレス教会の「司教をしております、ガレウスです。セシリア殿はお母上のクロウディア様にそっくりでございますね!」



 思いっきり被せて勢い込んで話しかけてきたのは、フォーレス教会の司教のガレウスさん、ね。セシリアをガン見してるが、セシリアの視線はすでにお菓子に釘付けになっていたので、手を離すとパッと移動を始めた。



「セシー、素敵なお友達ができるといいね!楽しんでおいで」

「はぁい、おにいしゃま、ありがとう」



 今にも走り出しそうな早歩きで移動していくセシリアを見送って、ガレウス司教へ向き直す。ガレット公爵家の子にとって、教会は鬼門だ。あまり仲良くしたい相手ではない。



「失礼、セシリアはまだ言葉が難しくてね、作法の講師にはまだついていないんだ。今はお菓子しか見えてないみたいだよ」

「いえいえ!十分に可愛らしくお育ちで、測定が楽しみですね」


「そうだね、今のところガレット公爵家うちの兄妹からは光持ちは出ていないからね」

「…いえ!そういう意味では!」



 教会は幼少の魔力持ちを抱え込む。平民にしてみれば、5歳になった時点で魔法学園に入学となると基本的に寮生活となるとはいえ、それまでの2年間を無償で基本的なマナーや読み書きを教えてもらえ、寮生活に最低限必要な物資を揃えてもらえるという教会の申し出はすごくありがたいものだろう。


 ……実際の教会の目的は、属性検査を受けさせて、光属性の魔力持ちを見つけ出し、洗脳に近い教育を施し、教会所属としてから学園に入学させることを目的としているので、そこで光属性を見出されたものは、聖女・聖職者ヒーラー以外の進路はない。


 ちなみに母さんは教会に未所属で「大聖女」という称号を国王より賜っている。

 つまり未所属ノラの聖女もいるにはいるのだが、これはとても珍しい。

 母さんの場合に至っては、王族であり「王家と教会との直接の結びつきがあってはならない」と、教会への所属を断ったから、と聞いている。


 貴族としても騎士団を所有する関係上、一家に一台!救急箱的に欲しい人材ではあるが、絶対数が少ないため、結局は安くはない寄付を教会へ行い、聖女を派遣してもらうこととなる。



「まぁ、6番目だもんね。末っ子くらい光を持ってても良いかもね。母も喜んでつきっきりで教えると思いますよ!では」



 にこりと笑顔を作って、水晶玉の見える位置まで急ぐ。


 2人の姉の時はこの測定会後にひどく揉めて、犯罪行為ぎりぎりの連れ去り行為にまで発展したと聞いてる。

 魔力の有る無しが分かっただけなのに、だ。


 結局、姉達は光属性を持っていなかったために解放されたそうだ。

 もし、光属性を持っていたらどうなっていたのかと思うと、ゾッとする。



 ……どうかセシリアは、狙われませんように。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます