第5話 王妃様と王子様。



 いつの間にやら昼寝モードになってた私は、抱きかかえられたまま熟睡し、気づけばセグシュ兄様と2人で会場への入場待ちをしていた。


 今いるのは、控え室のようなところ。

 ホテルのエントランスのような所ね。ウェルカムドリンクがいただける感じ。

 ……紅茶だけどね。


 会場への入場は基本的には到着順だけど、ある程度混雑してくると、爵位の低い順に案内されるんだ。

 なので平民であれば持ち物検査が終われば、そのまま入場できる。

 ちょっと羨ましい。


 貴族はいくつかある控えのスペースに案内されて、お茶とおやつで一服しながら案内されるのを待つよ。

 ガレット家は『公爵』と言って王家の次に位が高い貴族なので、ほぼ最後になる。

 王家以外では大体トリを務める感じ?

 今回は王家が主催なので入場済みだから、最後確定だね。


 ──目の前にセグシュ兄様の大きな手が、差し伸べられる。



「さぁセシー、最高の笑顔で入場しよう!」

「はい、にいしゃま」



『ガレット公爵家子息、セグシュ・フォン・ガレット、セシリア・ハノン・ガレット、入場!』



 入場の声が響く。

 とても大きく通る声でビクッとした瞬間、会場の大きなドアが開く。

 ドアの向こうに急に広がった、きらきらの視界に圧倒されて思わず足が竦む。



「うわぁ…」

「うん、セシー大丈夫だよ」



 兄様の手に添えるように置いていた手を強く引かれる。

 歩き始めた途端に、また、ふわりと花の香りと浮遊感。



「ぇええ…」

「セシー完璧だね!最高の可愛さだよ!」



 入場直後に私は、セグシュ兄様にその場でくるりと回転するかのように抱き上げられ、お姫様抱っこに。

 視界にセグシュ兄様の赤い髪。

 不意におでこに柔らかくて温かいものが触れる。


 セグシュ兄様に向けられたと思われる嬌声が聞こえる。


 そのまま流れるような所作で降ろされて、セグシュ兄様の礼に続いてカーテシーをする。


 ……なにこのミュージカルチックなご挨拶は。

 挨拶が終わって辺りを見回すと、会場の最奥に満面の笑みを浮かべた母様。


 ここが自宅ならば確実に「セシリアちゃん!」と叫びながら突進してきそうな笑顔だった。



「セシー、まずは王家の皆様にご挨拶するよ?その後は、呼ばれるまで自由にしてていいみたいだから、行こう」

「はぁい」



 優しい声、そして甘くとろけそうな笑みで私の手をとる。


 入場直後からセグシュ兄様は綺麗なお姉さまに囲まれ始めていたのだけど、上手くかわして移動を始める。

 爽やかで優しげなセグシュ兄様のモテっぷりを盾に、隠密行動のように気配を消して、美味しいお菓子のテーブルに移動しようとしていたのが、バレバレだったようだ。


 そういえば、セグシュ兄様の周囲に集まっていた、頰を赤く染めた若いお姉さま方って、3歳児健診…もとい、魔力測定会の参加者の保護者だよね?

 人妻に、セグシュ兄様は渡しませんよ?



「ソフィア妃、レオンハルト王子、お久しぶりでございます。セグシュ・フォン・ガレットにございます。こちらが今回の測定会に参加致します、末の妹のセシリア・ハノン・ガレットと申します」



 あ、セグシュ兄様が紹介してくれたから、私の言うことがない。



「はじめましゅて」



 ……あ、噛んだ。というか、サシスセソがまだ上手く喋れないんだよね。


 ふにゃり、となんともいえない優しい笑顔のソフィア妃。

 柔らかそうな淡い金の髪に、細めた眼が青く潤んでる。すごく綺麗…。

 ソフィア妃になら笑われても良いかも!


 とても儚げな「守ってあげたい」と私でも思ってしまうような線の細いソフィア妃。



 レオンハルト王子は肩がふるふると震えてる。

 こちらを見る深緑の瞳は潤んでいて、口元がむずむずしてる。


 笑うなら素直に笑え!……我慢されるほうが余計に痛いよ!



「初めまして、ソフィアよ。この子はレオンハルト。一緒に測定会に参加するから、よろしくね」

「…レオンハルトだ、よろしく」



 レオンハルト王子、母親であるソフィア妃よりははっきりとした金髪で…そうだなぁ、きっと大きくなったら『素敵な白馬の王子様』を地で行くんだろうなという、期待値大の綺麗な顔立ちをしている。

 でもね、笑いを我慢しすぎて、顔赤いし、涙目になってるよ…。


 しょうがないじゃないか、喋れないんだからああああ!



 ま、挨拶終わったし、測定で呼ばれるまでは自由だ!


 お菓子食べ放題だっ!


 王家主催ってことは、ハイレベルなお菓子が集まってるんだろうし、楽しみすぎるっ!



「じゃ、セシー、僕はまだご挨拶があるから。あんまり離れないでね?」



 あはは、今回の主役は3歳児の私なんだけど、セグシュ兄様が社交を一手に引き受けてくれるらしい。ありがたい。

 あ……流石に3歳児の挨拶回りとか、無理か。


 本来は父様母様のお仕事か、まぁ保護者だもんね!代理だもんね!


 頑張れ!セグシュ兄様っ!



「これはこれは!ガレット公爵家のセグシュ殿と…セシリア殿」

「えっと…フォーレス教会の「司教をしております、ガレウスです。セシリア殿はお母上のクロウディア様にそっくりでございますね!」



 早速、神官っぽいオジサンに捕まって会話が…というか随分、前のめりに襲いかからんばかりに勢い込んで話す人が来た。

 やたらこっちを凝視して気持ち悪い。なにこれ、幼女趣味か何かの人なんだろうか。セグシュ兄様も警戒してるのか、私の前に立つようにさっと移動してきた。


 ついでだし、どのお菓子から手に取ろうかと、きょろきょろしていたら、セグシュ兄様が手を離してくれたので、お役御免と言わんばかりに移動を開始する。



「セシー、素敵なお友達ができるといいね!楽しんでおいで」

「はぁい、おにいしゃま、ありがとう」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます