第25話 リシア

 私は、リシアが来たという報告を聞いて、急いで屋敷を出て門の前に行き、出迎えに行った。


 門の前に、数人の執事やメイドを連れた、金髪の少女がいた。


 少女は急いで駆けつけてきた私を見て、微笑みを浮かべ、


「初めまして、わたくしリシア・プレイドと申します」


 と綺麗に頭を下げて挨拶をしてきた。

 優雅な仕草から、育ちの良さを感じさせる。


 私も自己紹介をしながら挨拶を返した。


 リシアを改めて見る。


 身長は低い。

 十歳くらいの年齢だと、女子と男子は成長は変わらないか、女性の方が成長が早いというイメージがあるが、一歳年下の私より背が低いくらいだ。決して私も背が高い方ではない。


 顔はおっとりしているという印象の美少女である。

 目は垂れ目気味。肌は白い。体型は子供なので当然未発達である。

 花が好きだという前情報から、心優しそうな子をイメージしていた。少なくとも外見はイメージ通りである。


 私は、一応彼女も鑑定して見ることにした。リシアは許嫁であり家臣ではないので、それほど優秀でなくてもいいのだが、優秀であるのに越したことはないからな。


 リシア・プレイド 10歳♀

 ・ステータス

 統率 5/10

 武勇 5/10

 知略 45/73

 政治 77/100

 野心 80

 ・適性

 歩兵 D

 騎兵 D

 弓兵 D

 魔法兵 D

 築城 D

 兵器 D

 水軍 D

 空軍 D

 計略 B


 な、なんだこのステータスは……?


 政治の高さが突出していている。知略も高いけど政治に高さに比べれば霞むくらいだ。

 100て……現時点で77もあるし。


 政治は高ければどうなるか、いまいち分かりづらい能力だ。

 コミュニケーション能力が高かったり、交渉能力が高かったり、調整能力が高かったり、良い政策を考えつく発想力があったりすると高くなると思う。


 それと野心の高さがおかしい。

 80って……なぜこんなに高い。

 大領主の嫁にでもなりたいのかこの子は。


 何というか第一印象のおっとりとした優しい様子が、鑑定をしステータスを見ただけで百八十度変わった。


 今もニコニコと笑みを浮かべているが、天然で笑みを浮かべているのではなく、相手に良い印象を与えるよう、計算でやっている可能性がある。優秀な人間なことには間違い無いだろうが、果たしてこれはローベント家にとって吉となるのか凶となるのか分からない。

 まあ、計算ではなく天然でそれをやれるからこそ、政治力が高くなっている可能性もあるか。あまり、考えすぎは良くないかもしれない。


「あの……わたくしの顔に何かついておりますでしょうか?」


 鑑定結果に驚いて、遂リシアの顔をじっと見つめてしまっていたようだ。

 どうやって誤魔化そうか考えていると、


「きっとリシア様のお顔が綺麗で、見惚れていらしたのですよ!」


 と後ろにいるメイドがそう言った。


 場面が場面なら、無神経な発言と取られかねない発言だが、この場は助かった。


「そ、そうです。笑顔が素敵な方だと思って見ておりました」


 とメイドの発言に乗っかり、リシアを褒めた。

 似合わないギザな発言であるが、褒められて悪い気のする女性は多分いない。


「まあ、照れますわ……」


 リシアは少し頬を赤く染めて、照れていた。

 とても自然な反応で、演技であるとは思えない。


「それでは、屋敷までご案内します」

「はい、よろしくおねがいします」


 私は屋敷に向かって歩き出し、リシアはその横を歩く。メイドや執事たちは、私たちから五歩ほど後ろを歩いている。


「ランベルクは素晴らしい場所ですわね」


 リシアはそう切り出してきた。

 お世辞なのか、本気なのかは分からない。


「そうですか?」

「ええ、自然豊かで村にも活気があります。わたくしの故郷トルベキスタもいい場所ですが、それよりもっと素晴らしいですわ」


 嘘をついているようには見えない。

 田舎で何もない土地なので、幻滅されるかとも思っていたが、心配し過ぎだったか?


「トルベキスタは、どんなところなのですか?」

「ここと同じく自然が豊かです。領民たちは優しいですわ。でも、勇猛さには欠けているので、戦ではあまり活躍できておりません。レイヴン様の率いる兵は、とても勇猛で戦場で活躍しておられると聞きますので、その点は羨ましいですわ」


 こんな感じで、会話をしながら歩いた。

 門から屋敷まで、普通に歩けば一分もかからないくらいであるが、話が弾み、途中で止まったりしていたため、結構時間がかかった。


 彼女は、非常に会話がうまい。

 私はそれほどコミュ力があるタイプではないので、話が弾んでいるのは、彼女のおかげだろう。


 始めて許嫁と会うということで、多少緊張しそうなものだろうが、それが全く見られない。

 私の話を引き出して聞くのも上手ければ、自分で起承転結のある話をするのも上手い。

 リアクションも嘘っぽさをまるで感じず、素直に驚いたり笑ったりしているように見える。

 仕切りに相手を褒めて、気分を良くさせることも出来ている。


 出会って五分程度だが、すっかり打ち解けた。


 私が前世の知識もないただの子供で、さらに鑑定スキルを持っていなかったら、この五分間であっさりと籠絡されていたかもしれない。


 これを仮に全て計算でやっているのなら、リシア恐ろしい子……である。


 政治の高いリーツもここまで会話は上手じゃない。

 下手な方ではないと思うのだが、飛び抜けて上手いと思ったこともなかった。


 案外コミュ力は政治と関係ないのか、もしくはほかの能力で補えているのか、どちらかだろう。


 ゆっくりと歩いていたが、屋敷に到着した。

 周囲にはミラミスの花が咲き誇っている。


「あら、綺麗なミラミスがいっぱい咲いておりますわ。もしかして、わたくしのために?」

「ええ、手紙に好きと書いてあったので。お気に召しましたか?」


 リシアは庭に咲き誇るミラミスを眺め、「綺麗ですわ……」と呟き、


「わたくしにために……大変でしたでしょうに。ありがとうございます。わたくし、感激しております」


 と頬を赤く染め、屈託のない笑みを浮かべながら、リシアはそう言った。


 その笑顔を見て、前世ではこんな娘が欲しいと思っていたということを、思い出していた。


 いや、許嫁にこんな父性みたいな感情を抱くのは、良くないだろう。


 将来結婚するということは、男女の交わりをする必要があるということだ。

 そうなった時、凄く罪悪感が湧いてくる気がする。まあ、その時は、彼女も成長しているから、大丈夫かもしれないが。


「どうかなさいました?」


 今度はリシアの笑顔に見惚れて、思わず見つめてしまっていたようだ。


 いつもなら何でもないと言って、首を振るところだが、先程のメイドのおかげで私は成長を遂げていた。


「リシア様の笑顔が綺麗でつい見惚れておりました」

「まあ……アルス様は本当にお上手ですわ」


 とリシアは再び照れて顔を赤く染めていた。


 本当にキザな男なら、ミラミスの花より綺麗、みたいなことを言うかもしれないが、流石にそれを言うと恥ずかしくて死にそうになるだろうから、言えなかった。


 そして私はリシアと一緒に、屋敷の中へ入った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます