第17話 一緒に勉強

 翌朝。


「アルス様、ロセルがやってきましたよ」


 リーツから報告を受けて、私は急いで屋敷を出て、出迎えに行った。


 表に出ると、グレッグに連れられてきた、ロセルの姿が見えた。


「あ、アルス様、わざわざ出迎えていただいて申し訳ねぇです。お前も頭下げねーか」


 グレッグがロセルの頭を掴んで、下げさせた。


「じゃあ、俺は仕事があるんで。ロセル、絶対迷惑かけるんじゃないぞ」


 そう言って、グレッグは屋敷を去っていった。


「よく来たなロセル、早速、屋敷に……」

「ひっ……」


 私が話しかけながら近づくと、ロセルは怯えながら後ずさる。


 そんなに怖いのか。

 これは人見知りというより、人間恐怖症の部類に入っていないか?


「ロセル、私はお前に危害を加えるつもりはない。そんなに怖がらないでくれ」


 怯えさせないよう、笑顔を浮かべながらそう言った。


 しかし、ロセルの表情は晴れず、


「う、嘘だ」


 そう言った。

 彼がまともに言葉を発したのは、これが始めてだ。


「嘘じゃないさ」

「う、嘘に決まってる。だって、お、俺なんかに才能がありっこないし。き、きっと俺を奴隷か何かにするために呼んだんだ。もしくは、俺をいじめて楽しむために呼んだ。そ、そうだ、き、きっとそうに違いない」


 せきを切ったようにロセルは早口で喋り出した。


 物凄くネガティブな考えの子だな。

 人を簡単に信用したりしないようだ。


 まあ、軍師としてはそういう面があった方がいいのかな? あんまり前向きすぎて、人をすぐ信じるというのも、問題があるだろう。


 ただ、ここはあまり警戒をしてもらいたくない。

 私はロセルに近づき、両手で肩を掴む。

 彼の体は怯えて震えていた。

 私は、涙で潤んだロセルの水色の瞳を、一直線に見つめた。


「私はお前には才能があると確信しているから、ここに来させた。決して危害を加えるためではない」

「……う」


 真剣にそう言ったら、少しだけロセルの震えが収まった気がした。


 しかし、そう簡単に信じるわけはなく、数秒後、ロセルは横を向き、視線を外した。


 これ以上口で言っても仕方ないだろう。


「では、付いてこい」


 私はそう言って、いつもリーツと勉強している、勉強部屋へと向かった。



「あの子、大丈夫なのでしょうか?」


 向かっている途中、リーツが小声で尋ねてきた。


 屋敷に入ってからも、ロセルは不安そうな表情で、キョロキョロと周囲を見回している。

 相当警戒している様子だ。


「ワンワン!!」


 屋敷で飼ってるペット、鳥犬とりいぬのアーシスが走ってこちらに向かってきた。


「うわっ! も、猛獣だ!」


 ロセルはアーシスを見た瞬間、逃げ出して近くにあった銅像に隠れた。


「怖がりすぎだろ。全然大丈夫だし、猛獣じゃないぞ」


 私は大丈夫であるとアピールするため、アーシスの頭を撫でる。するとパタパタと背中の翼をはためかせた。嬉しいとこうするのだ。


「可愛いだろ?」


 見た目は、翼の生えた愛玩犬のちんなので、決して怖くはなく、可愛いだけなのだが。


「た、確かにその状態だと可愛いけど、そ、そうだ、変形するんだ。餌が来ると怖い、ケ、ケルベロスに変形するんだろ……? そ、そうか、俺はそいつの餌にするために呼ばれたんだ。きっとそうに違いない。小さい奴が好物なんだ。絶対そうだ」


 またも早口で、ネガティブな考えを口に出す。


 これはまたシャーロットとは別ベクトルで、癖のある性格をしているな。


 怖がっているので、私は使用人を呼んで、アーシスの散歩に行かせた。


「これで怖くないだろ?」


 私はそう言うが、ロセルはまだ警戒しているのか、キョロキョロしている。


 無駄に時間をかけて、勉強部屋に到着。


 私の勉強部屋にはたくさんの本が置いてある。


「そういえば、ロセルは字が読めるのか?」


 この世界の識字率は、日本ほど高くはない。

 それ以前に五歳なので、まともに字を読める確率は非常に低い。


「ちょっとしか読めない」


 読めないならまずは、字を読めるようになるところだな。


 リーツも最初は読めなかったが、五日くらい勉強したら、すぐ読めるようになっていた。


 私は三週間くらいかけて習得したので、その時は才能の差を思い知らされた。


 ロセルは知略の限界値が高いということは、相当地頭はいいはずである。

 まだ子供で、吸収が早いということを考えれば、リーツより早く習得してもおかしくはない。


「今日は私は自習しておくから、ロセルに字を教えてやってくれ」

「かしこまりました」


 私は自習をして、教えるのはリーツに任せることにした。


 ロセルは怯えているのか、リーツの言うことには素直に従っていた。あの様子でちゃんと勉強できるか不安ではあるが。


 リーツが何とかしてくれると信じて、私は自分の勉強に集中した。


 しかし、教えてくれるのがうまいリーツがいない状況だと、中々捗らない。

 戦術の勉強をしているのだが、そもそも実戦を知らない私には、いまいちピンと来ないことが多い。


 うーん、ほかの事を勉強しよう。戦術は軍師に任せればいいしな。

 地理や歴史を中心に勉強してみるか。


 とこんな感じで、勉強する事をコロコロと変え、結局何一つまともに身に付かずない。所詮、前世の私の学力は中の中もしくは、中の下。

 鬼のように集中して勉強するなんて、無理なのである。


 時間も結構経過したので、ロセルがどのくらい文字を習得したのか見てみるか。


 勉強をやめて、ロセルとリーツを見てみると、何やら黙々と本を読む、ロセルの姿が。


 リーツは何も言わずにロセルを見ている。


「これはどう言う事だ。まさかもう文字を完全に習得したのか?」


 この世界の文字は、日本語より英語に近い。

 複数の文字を使うわけではないので、習得難易度は日本語よりは低いのだが、それでもこの早さで習得するのは驚異的である。


「え、ええ信じがたいですが……飲み込みの良さがちょっと尋常ないくらい良いですねこの子。字を習得し終わったあと、本に興味を示したから、読ませたのですが……」

「本はちゃんと読めているのか?」

「ええ、これ実は一冊目じゃないんですよ。三冊目です」

「馬鹿な。一冊三百ページはあるぞ」

「とにかく読むのが早いんです。それで中身もきちんと理解しています。読んでいるうちは、声をかけても全く反応せず、恐ろしいくらい集中しています。読み終わったあと、いくつか中身に関しての質問に答えると言う感じです。ロセルが本を読んでいる間、僕は座って待っているしかないんですよ。しかし、天才っているもんなんですね……」


 ロセルは、リーツを唸らせるくらい地頭が良いようだ。


「最初は大丈夫かこの子と思っていましたが、やはりアルス様の人の才を見抜く力に、間違いはないようですね……」


 その後、ロセルは本を好きになったのか何冊も続けて読む。


 夜が近づいてくると、頭が疲れたのかいきなり電池が切れたかのように眠った。


 私は使用人に、ロセルを家へ送り届けるように命令した。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます