第16話 許可を得る

 この知略限界値は、とにかく凄まじいの一言だ。

 109もあれば、恐らくサマフォース帝国内でも、上の者はそういないだろう。

 それ以外にも、政治力、統率力に優れている。低いのは武勇くらいだ。戦闘の才能はないだろう。


 現在はまだ五歳なので、全ての能力値が低い状態だが、育てれば必ず優秀な家臣になるだろう。


 兄二人でも十分良い人材が来たと思っていたのに、ロセルみたいな子がいるとは。

 キーシャ家がこの村に引っ越してきたことは、僥倖だったな。


「アルス様、その子が気になるのですか?」


 私がロセルをじっと見つめていると、リーツが声をかけてきた。


「ああ、この子は、頭の良さにおいて、類い稀なる潜在能力を持っている。育てればいずれ良い軍師になるだろう」

「軍師ですか……アルス様がおっしゃるなら、間違い無いでしょう」

「まだ、潜在能力があるというのに過ぎないので、高度な教育を受けさせてあげたい」

「それならば、アルス様と一緒に、勉強するのがいいでしょう。そこまで頭の良い子なら、私も教え甲斐があります」


 私と一緒に勉強か。

 それがいいだろうな。

 リーツの教え方は、非常にうまいし、すぐに知略も上がってくれるだろう。


 問題は本人と父親から許可を貰えるかだな。


 ロセルはさきほどから、私を見つめながら黙って震えている。目にうっすらと涙を浮かべたりもしている。


 どうやら私とリーツに怯えているようだ。

 特に何かしたというわけでないのに、ここまで怯えられる理由は分からない。私もリーツも、そこまで見た目が怖いというわけではない。父を見て泣くというのなら、分からないでもないが。


「あ、ロセル!!」


 父親のグレッグがやってきて、ロセルを見て叫ぶ。


「お前、アルス様に挨拶をしたのか!?」


 ロセルは首を横に振った。


「挨拶しなきゃダメじゃねーか! 領主の息子様だぞその方は! 全く人見知りな奴だなお前は!」


 人見知りするタイプだったのか。

 ここまで怯えるというのは、相当ひどい人見知りだな。


 まあ、ロセルの場合、政治力も限界値が高い。

 人見知りのまま政治をするのは、難しいと思うので、恐らく訓練をすればそのうち治るのだろう。


 ちょうどグレッグも来たところだし、ロセルに教育を受けさせるという話をしよう。


「グレッグとロセルよ。話があるのだが、いいか?」

「ん? まだ話があったんですかい? というか俺だけじゃなくて、ロセルにも話?」

「このロセルを見て、彼は将来、軍師になれる才能がある。当然、今は子供なので現時点の能力は低いため、高度な教育を受けさせたい」

「ロ、ロセルが軍師? この小便タレ小僧が? じょ、冗談でしょ?」

「寝小便は子供なら誰もすることだ。そう恥ずかしいことではない」

「しかし、こいつは本当に出来が悪くて、まともに人と目を合わせられないし、体はずっと細くて小さくて、全然成長しやがらなぇ。兄二人はそんな事なく、五歳の頃も、ロセルより遥かにしっかりものだった」


 思ったより、グレッグのロセル評は低いようだ。

 恐らく体の強さばかりを見て、頭の良さは見ていないのだろう。

 現時点でも子供にしては間違いなく賢い方なので、学問を学ばせる家で生まれていたら、神童としてもてはやされていたかもしれないが、狩人の家で学問など学ぶ機会はない。


 兄二人が武勇において、優秀であるというのも、低評価に拍車をかけていだろう。


 確かに武勇だけ比べてみれば、兄二人よりロセルは遥かに劣っている。総合力では逆にロセルの方が遥かに上であるが。


 現時点で、グレッグにロセルの能力を認めさせるのは、難しいと感じた。これは、とにかく頼み込むしかないか。


「ロセルに才能があるというのは、本当のことである。私の下で学問を修めさせれば、必ず良い軍師になること間違いなしである。彼を私の屋敷で学ばせる許可をくれないか?」

「……まあ、アルス様がそうおっしゃるなら、断る理由もありません。ロセルいいな?」


 ロセルはグレッグにそう言われて、無言で頷いた。


 彼自身が決めたというより、親の決定に従ったという感じだ。あまり晴れやかな表情はしていない。出来れば自分の意思で決めて欲しかったが、五歳の子供だと大体親の言うことに従うものであるか。


「ありがとう。では明日から始めたいと思う。明日の朝、ガトスとマルクスは練兵場へ、ロセルは私の住む屋敷へ連れて来てくれ。では以上だ」

「わかりました」


 いきなり始めるのもどうかと思ったので、明日からにすることにした。


 グレッグの返事を聞いた私は家を出て、屋敷に帰り、ワクワクしながら翌日を待った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます