第5話 咲さん、やっほー!!

「今日もお仕事お疲れちゃん!!ブラック企業顔負けじゃないか?」

「これでも働き方改革の効果だよ?今日だって、早い時間に帰ってる訳であって……なんで御門みかど君に労働環境のあれこれを言われるの!?ニートだよね!?」

 時刻は午後8時前。これでも普段よりもいい方なのだ!!大体、午後9時頃帰宅だからね。福祉事務は、やることが多いのだよ。えっへん!!

「おいおい、ニートには基本的人権が無いのかい?働いている人と気軽に会話しちゃ駄目なの?……週刊誌の電話番号知ってる?祀理まつりちゃん?」

「ご、誤解を招く言い方!?そんな事、言ってないよ!?こ、こら!!私を週刊誌に売るな!!」

 御門みかど君なら、やりかねない。俺には何も恐いもんねーよ!!無敵状態だぜ!!やほーい!!とか思ってる節が……。

 犯罪者の同級生で取材を受ける未来だけは、やめてよね?今のうちに、卒業アルバムと写真を準備するのは、嫌だよ?

「なるべく普通の写真をマスコミに提供してくれよ?あまりにも幼いのは恥ずかしいです。えへへへ!!」

「犯罪だけは勘弁して!?その考え方が幼稚だよ!?」

 いつもこんな調子です。何も知らない人だと、面を食らってしまうけれども。いい意味では素直なのかな?……と言うか、私の思考を把握されてます!?

「そうだ。御門みかど君?夕食は?食べたの?」

「いや、食べてない。昼間は、ハンバーガーセットだったから、カロリー的にも問題ないだろうさ」

 御門みかど君は朝食を抜くことが多々ある。となると、今日の食事は昼食のみ?いや、カロリー足りないと思うけど。

「はい、指導です。ちゃんと三食きっちり食べましょう!!コンビニに行きますよ!!」

「ええー?大切な保護費を使いたくないよ?支給されたばっかりだし」

 変な所で真面目か!!とツッコミをしたくなる。いや、生活の為の保護費だから。必要な時に使ってください。


「ほら、御門みかど君!!コンビニで求人してるよ?人手不足を解消しては、いかがかな?」

「君は鬼畜かい?コンビニで働けるなら、大抵の所に働ける能力を有しているじゃないか?そもそも、俺は全く使い物にならない人材だぜ?他の人間を雇った方が、店の為にもなるだろうさ」

 言われてみれば。店の接客、掃除、商品の陳列。今では、ネット通販の荷物を受け渡し。さらに、公共料金の支払い、電子マネー払い等々。マニュアルも相当数あるんじゃないかな?いきなりコンビニで働かせるのは、ハードルが高すぎたみたいだね。

「それに、人手不足解消には無人レジだろ?これからどんどんが、人間の働くを奪っていくのか。ダジャレだぜ!!」

「うーん、人間にしか出来ない仕事もあると思うけどなあ。ほら、心のつながりとか、コミュニケーションを必要とする仕事とか?優しさとか?感情面?」

 それもバーチャルリアリティーでカバーできるとか言われそう。人の力、頑張って!!

「……君は相変わらずだな」

「それって褒めてるの?馬鹿にしてるの?」

 少しだけ頬がふくらんでしまった。意図的に言葉を濁して。気になる言い方禁止だよ?

「さてね。君自身が言葉の意味を選択したまえ。どうとらえるかは、自由だよ」

「いやいや、御門みかど君の真意を聞いてるのに。置いていかないでよ!?」

 一足早くコンビニ店内に向かう御門みかど君。だけど、真っ先に出て来たよ?

祀理まつり。ここは危険だ!!やべー奴がコンビニを占拠してる。他のコンビニにしよう!!」

「何!?強盗でもいたの!?……普通の店内だよ?」

 特に異常はないと思うけど。うん?店員さんと話してる人女性は――

「咲さん、やっほー!!ほら、御門みかど君?多華たか さき弁護士だよ?ちゃんと知人には、ご挨拶して!!」

「ちっ。ご挨拶が『やっほー!!』で大音量で言われる方が迷惑だろ。……余計な真似をしやがって。ふん!!」

 

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます