第4話 何か、私に言う事ありますか?

「はーい、皆さん。本日のお仕事終了の時刻となりました。残業は、どーしてもやらないといけない事がある人だけだよ。お役所が働き方改革をしないのは、まずいから。うんうん。課長の私が率先して帰宅するからね?本当に帰るからね!?……帰っていいですか?小宮こみやさん?」

「あははは……新人の私に聞かれても困りますよ!?わ、分かりました。一緒に帰りましょうか?」

 天川あまかわ課長は、満面の笑みを浮かべて鼻歌まで歌いだした。上司といえども、幼い女性にしか見えない。精神的な意味もあるのだけど。

「さすが、女神のケースワーカー!!お優しい人だよおおお!!まつりちゃんん!!」

「なあ、うちの課長にケースワーカーを派遣した方がいいんじゃないか!?」

「課長!?錯乱さくらんしないでくださいよ!?市民が目撃したらクレーム案件ですよ!?お菓子はどこにあるっけ!?餌付えづけ係は何してんの!?」

 和気あいあいとした雰囲気は、おそらく天川課長のお陰でもある。この仕事は精神的にも、きつい場合が多々ありまくりだ。生活保護の人達の支援といっても、一筋縄ではいかないし。

「なんだ?合法ロリ川課長、また発作ほっさか?幼稚園の保育士も大変だな」

「だ、誰だ!!私をロリと呼ぶ奴は!!生活保護の奴だったら、保護費を打ち切るぞ!!私の権限でえ!?」

 あっちゃー。このタイミングで来ちゃったの?天川課長、明日職場に来てくれるかな?

「はい、御門みかど君……じゃなかった、御門みかどさん、今月の保護費ですね。印鑑を忘れてませんか?」

「忘れてねーよ。まったく、何で手渡しなんだ?振り込みを希望したのにさ。高校時代の同級生に対する仕打ちがこれかい?祀理まつり。そもそも知人が担当者なのは、本来ダメなはずだろうに。なあ?合法ロリ川課長?」

 振り込みだと御門みかど君と会話できないからだよ?コミュニケーションを取らせる秘策です。外出距離も稼げて運動もできる。健康的な生活の一歩。些細ささいな事からスタートです。

「口をひらけば呪いの言葉を吐く奴の担当なんか、誰がやるものか!!みんな辞退するの!!君は例外的に、小宮さんの担当!!こ、こら、頭を撫でるな!?」

「特別な配慮に感謝するよ。よーしよし、お手!!ほんとに成人してるの?年齢詐称?身分証の提示をお願い出来ますか?人魚でも食べたの?あはははは!!」

 こんな調子だから御門みかど君は誤解されちゃうんだよ?何度も忠告してるのに。不満点です。……私が担当になっても、あんまり意味がないんじゃないのかな?過大評価されてると思う。

「か、からかって!!お前なんか大嫌いだ!!」

「あっそう?俺、けっこう好きだよ?天川さんの事」

 うん?正直なのは良いと思うけど……これも誤解を招く言い方だよね?

「な、な、何ですか!?口説いてるの!?わたし、おうちに帰るもん!?」

「お疲れ様でした、天川……行っちゃった。もう!!御門みかど君は!!」

 仮にも年上の女性を困惑させるのは、駄目なんだから!!

「さて、保護費も受け取ったし!?ちょ!?はなせよ!?握力ゴリラか!?」

「何か、私に言う事ありますか?御門みかどさん?」

 保護費の入った封筒をがっちりつかんだ。私との恒例のお約束です!!

「……皆様の大切な税金を生活費として使わせていただきます。なおかつ、社会復帰に向けて無理のない範囲で、努める事を誓います。こっちの方が、よっぽど呪いの言葉じゃないか」

「はい。どうぞ。無駄遣いをしないように、心がけましょう。ちょうど仕事も終わりだから、一緒に帰るよ御門みかど君!!」

「やっぱり小宮さんスゲーな。アイツとちゃんと会話してるし」

「ああ。新人なのに精神力が強いな!!……天川課長も見習って欲しいぜ!!でも、そのままでいて欲しいかも?ロリ最高!!」

 御門みかど君を利用して評価を上げていると思われたら、嫌だな。同級生ですから、それなりの時間を過ごしていたわけで。接し方に慣れてるだけです。

「どうだい?職場の方は?俺の活躍で随分と評価を上げた様だな。おめでとう!!」

「殴るよ!!ピンポイントで心を読まないで!!難儀な同級生だね!!」

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます