第3話 たかさき君とは関わりたくねー。

「事件の概要がいようは……なんだ、ニュースと同じ内容か。小学校低学年の女子児童が、帰宅途中の公園で刺されて死亡。そもそも、誰が殺されたか分かんないよ。被害者のプライバシーで報道規制もされてるしさ。低学年って、どこまでの事を言うのさ?」

「仕方ねえだろ。大々的に発表したら被害者家族も大変だしよ。無用な混乱は避けたい。一般人には、もやっとした情報で十分だろ。ああん?学年か?別にいいじゃねーか?」

 ……気まずそうに口ごもったか。なるほどね。可能性が高いのは――

「殺される前に性的暴行でもあったのかい?そして殺された」

「ちっ!!そこの捜査資料のページには書かれてねーんだが。もっと、後ろのページだぜ?相変わらず、勘が良すぎて気持ち悪い奴だな。エスパーでも使えるのかよ?」

 どいつもこいつも超能力だの。だだの演繹法えんえきほうもどきだろ。知らんけど。

「どうにも報道内容がどこも一緒なのが気になってね。だが、今は情報化社会だぜ?いずれはネットとかに事細かく情報が出るだろう。まあ、情報が出るまでの時間稼ぎぐらいは出来るか。その間に犯人を逮捕するつもりなんだろ?ハードなスケジュール、お疲れちゃんですわー!!おーほほほ!!」

「またアニメのモノマネか?けっ!!お前の相手をする方が疲労だぜ。……で、殺害方法は心臓を一突き。刃物の長さはナイフぐらいだろうと鑑識が言ってたな」

「ふーん。被害者に防御創ぼうぎょそうは特に見受けられずか。ま、抵抗なんて中々難しいからね。パニックになるだろうし。犯人の遺留物は……あるんだ。前科者とのDNA検査は……やってる途中ね」

 それからめぼしい情報は……ないか。目撃者や不審者情報も無し。うわー、詰んだ。この情報から犯人を見つけるのは、ほぼ不可能だな。今の所は。

「いや、無理だよ。このままだと未解決事件にノミネートされちゃうぜ?目撃者が居ないのが痛恨だよ。犯人像もさっぱり。生殖機能を有してる男性が犯人なのは分かったけど」

「……だよなあー。犯行時間帯は夕方にも関わらず、誰も犯人を目撃してねーしよ。人通りも全くない訳でもなあ。とにかく、粘り強く聞き込みするしかねーか!!アナログ捜査も馬鹿になんねーからよ!!」

 なるほど。情報不足を補うために、たかさき君まで巻き込んだのか。勝手に聞き込みもする愚か者だし。あの黒タイツ弁護士ちょろいなー。何が極秘情報だ。今となっては、俺の方が情報持ってるじゃないか。やーい、いい気味だぜ!!

 うん?待て待て待て待て!?タイムを要求する!?落ち着こう、俺!?

「赤城のおっさんさあ……たかさき君が事件の情報の一部を知っていたけどさ。その、被害者が犯人に暴行された事実は、知ってるよね!?知ってると言ってよおおお!?今日のたかさき君は凄くまともだったから!?冷静沈着クールビューティーでさ!?悲惨な事件内容なのに、きっと精神修行でもしたのかな!?お寺にでも修行したのかも!?なむあみだぶつ!?」

「ここだけの話だが……言ってねーよ。なんせあの咲嬢だからな。知れば捜査の陣頭指揮でもやり始めるだろうな。警察署内で咲嬢信者が多くてよ。たしかに、良い女だぜ。あれで彼氏も居ねえみてーだから、なおさらな」

「だから、あいつ弁護士だからね!?キャバクラの指名じゃねーんだよ!?警察のボスでもねーよ!?監察制度機能してますか!?たかさき君に警察署が乗っ取られてますよ!?絶対、自分から事件に関わろうとするよ!?暴走モード確定じゃん!!関わりたくねー!!!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます