湿度

 ミンネの販売審査が下りたので、少しずつ販売の準備を始めている。


 お店に掲載する写真を撮って設定したり、プロフィールを書いたり、この辺りは何とかできるものだ。


 今回、肝心なのは販売する作品である。


 先週、粘土をこねていくつかの作品を成形し、一週間程乾かしておいた。


 湿度が高いのでなかなか乾燥も進まないような感じだったが、一週間経過したのでいいかなと思い、土曜日に焼いてみた。


 焼きは家庭用のオーブンで行うのだが、先週末に個人売買サイトのジモティーに掘り出し物のオーブンレンジのいい物があったので、早速こちらを手配し、倉庫に置いておいた。

 

 やはり食品を扱う自家用の電子レンジで焼き物を焼くのはいかがなものかな、との思いから、ジモティーにないかなと久しぶりに見てみたところ、ちょうどいい中古品があり、よかった。ジモティーは売る側も買う側も手数料がかからないので助かる。今回は使用には全く支障のない訳あり品とのことで、何と無料で手に入れることができた。


 マニュアル通りの設定温度で焼き上げた商品達は、乾燥が甘いのか、多少のヒビが見受けられる物もあったが、概ね、それなりの形になって焼き上がった。


 冷めてから色を付けてみたのだが、これがなかなか難しい。今は梅雨の時期で、湿度を見ると90%近くある。とあるアメリカ製の塗料には、気温が5度以下、湿度が85%以上の時には作業をしないで下さい、と、説明がある。この日はあまり環境が良くないようだった。


 とりあえず最初なので、いくつかの作品に色を塗って様子を見てみたが、まあまあと言ったところだ。車の塗装と一緒で、薄く何度かに分けて塗ると綺麗に仕上がるのはわかっているのだが、いかんせんせっかちになってしまい、厚塗りですぐに仕上げてしまいたくなる。そうすると筆の跡が付いたり、塗りむらができたりして汚くなってしまう。この辺りのさじ加減は、これからわかってくるだろう。


 色が付いたらニスを塗って、もう一度仕上げに焼くらしい。


 今回は、カミサンがパートから帰ってくる時間になってしまったので、いくつかの作品に色を少しだけ塗ったところで作業終了にした。


 一回で仕上げようとせずに、何日も様子を見ながら、作って行けばいいだろう。


 ミンネの我がページには、各種SNSとホームページ、ブログへのリンクを貼ることができるようになっている。ブログの所へ、こちらへのリンクを貼ってみたけれど、ミンネに来る方達がこれを見てもどうかな、と思ったけれど、せっかく毎日書いているので、よろしければどうぞ、ということにしておこう。



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る