◆主な登場人物◆(第1部のネタバレ注意)

※階級や所属などは全て第1部終了時(7月)に準じる


<主人公>

 佐東さとうしゅう

 15歳、一尉相当戦闘員(後衛)、広報官。月読命ツクヨミノミコトに選ばれた唯一の戦闘員。

 性別不明顔。諸事情で男装少女のふりをしている少年。コミュ障気味。


<巨大生物対策本部・第一小隊(通称ダブルギア)>

 さかきつばさ

 15歳、一尉相当戦闘員(前衛)、現場指揮官。榊小隊長の異母妹で明彦の娘。

 絶世の美少年に見える男装少女。上層部の期待と重圧を一身に背負う。


 生駒いこま美咲みさき

 19歳、一尉相当戦闘員(後衛)、元現場指揮官。二ヶ月後に退役を控える。

 ゆるい三つ編みに薄化粧の美人。巨乳。


 成田なりた伊織いおり

 18歳、三尉相当戦闘員(前衛)。現役の戦闘員の中では前衛最強。

 糸目で超高身長・筋肉質。ある一点を除けば男にしか見えない。爆乳。


 小早川こばやかわ結衣ゆい

 14歳、三尉相当戦闘員(後衛)。柊の教育係。

 亜麻色の髪をツインテにした「ボクっ娘」。


 宇佐うさ

 15歳、三尉相当戦闘員(前衛)。四班副班長。

 柊を女子と認識した上で、過剰な憬れを抱いている。大分弁。


 柳沢やなぎさわ

 14歳、三尉相当戦闘員(前衛)。六班班長代理→副班長

 過剰な功名心から全方位に燃料投下するタイプ。刈上げショート。


 玉置たまき

 17歳、二尉相当戦闘員(後衛)。五班班長。

 イケメンにしか見えない男装の麗人。気障だが仲間想い。「オレ女」。


<大人たち>

 さかき真実まこと

 20代、巨大生物対策本部・第一小隊隊長。二佐。翼の異母姉で明彦の娘。

 眉目秀麗な男装の麗人。ダブルギア一期生にして元伝説の戦闘員レジェンド


 さかき明彦あきひこ

 50代、巨大生物研究所の所長。元FBI捜査官。筋肉質で高身長、眼鏡に白衣。

 初代隊長・さかきこうの一人息子だが、ダブルギアに覚醒しなかった。


 土御門つちみかど

 30代、17年前に再編された陰陽寮の女性職員。

 京都弁を話す小柄な美人。目つきだけでなく性格もキツイ。


 長谷部はせべ

 巨大生物対策本部・第一小隊総司令。自衛隊からの出向組。

 【D】災害において中将権限を有した。第一部の終盤において死亡。


<その他>

 妹になるはずだった女の子

 出産寸前に死産した柊の双子の片割れ。15年以上、柊と身体を共有していたが、

 彼女が成仏したことで柊は月読命のダブルギアに覚醒した。


<NEXT STAGE>

 西村にしむら綾乃あやの

 18歳、???

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます