第19話 3年前のトラウマ

 新たな【D】の出現と同時に走り出したのは、二つの影だった。

 つばさしゅうは、すぐさま速度を上げる加速補助ファースト・ギアに切り替え、八咫烏ヤタガラスの雛を追いかけた。電子強弓を抱えている柊は、翼の邪魔にならないよう、少し遅れてついていく。華奢な背中を追いながら、柊が声を掛けた。


「ねえ、あいつ、どこへ行くつもりなの?」


 前を進む翼は、薄暗い駅舎のなかであっても、迷うことなく経路を選んでいく。


「地下にある第二シャッターを壊して、居住区へ行くつもりだ」

「なんでそんな場所に」

「戦闘中に出てこなかったということは、恐らくあいつは、たった今、殻を破ったんだ。どんな生物も、産まれて最初に求めるものは食料だ。プラットホームより地下の居住区のほうがエサが多い、と判断したんだろう」


 廊下を遮るように倒れる瓦礫を、二人は軽々と飛び越えていく。


「だとしても、翼は・・どうして、この先に第二シャッターがある、って分かるの?」


 翼は振り返ることなく走り続ける。


「私は、全国のシェルターの構造、及び周辺地域の地図を記憶しているから」

「……うそだろ」


 彼女の先導でショートカットを繰り返しても、敵との距離はなかなか縮まらない。二人は激しい力で破壊し尽くされた駅舎内を経由し、懸命に雛の背を追う。走りながら、柊はふと、自警団にいた頃の訓練を思い出していた。

 仮に【D】がシェルターへ侵入した場合、自警団は防衛できたシャッターのすぐ内側にバリケードを張る。青森シェルターの自警団たちも、どうにか食い止めたらしい第二シャッターの傍らに、即席の壁を築いているはずだ。


 問題は、その後だ。

 柊も予備科時代、【D】の侵入を仮定した演習に参加したことが何度もある。自警団はバリケードを築いた後、ダブルギアが戦闘を終えるまで、その急ごしらえの壁を死守する決まりだった。


「翼、このままだと、自警団を巻き込むよ」

「分かってる。第二シャッターは半壊しているらしい。たぶん、生まれたての雛でも破壊できてしまう」


 苦しげな翼の声に被せるように、小隊長のさかきから通信が入った。


『榊だ。翼、何名で【D】を追走している?』

「私と柊、二人だけです」


 小さく息を飲む音が、ヘッドギアに内蔵されたイヤホン越しに響く。一拍の間を置いて、再び榊の声が届いた。


『たった今、他の隊員たちとの通信を切った。ここからは、私とおまえたち二人しかこの会話を聞くことはできない』


 僅かなためらいを振り払うような咳払いが通信越しに聞こえる。


佐東さとう、実は、おまえに話していなかったことがある。月読命ツクヨミノミコトのダブルギアは――」

「必殺技の臨界速ダブルギアを発狂せずに使える、って話なら、長谷部はせべ司令から聞きました」


 柊の返答に、翼は思わず振り返った。


「司令に……?」


 しかし柊はその問いかけには答えず、イヤホン越しに榊へ話し続ける。


「俺なら臨界速ダブルギアを使える、って話は、本当ですか?」

『事実だ』


 簡潔な物言いに、柊の胸の内で燻っていた不安と苛立ちが一気にこみあげる。


「なんで、そんな大事なこと、話してくれなかったんですか!」

『佐東、おまえが私に不信感を抱くのは当然だ。詳しいことは、基地へ帰還した後に説明する。だが、最終的な判断は、全て私のしたことだ』

「後で、って……」


 やはり長谷部が言ったように、榊は柊に対し、何か思うところがあるのだろうか?

 黙っているのと嘘を吐くのは違う――確かにそうかもしれない。だが、どんな理由があれば、これほどまでに重要なことを黙らざるを得なかった、というのか。

 そんな理由など、柊には思いつかなかった。

 すると、翼が二人の会話に割り込んだ。


「すまない。私が、柊にはしばらく黙っていてほしい、と小隊長に頼んだんだ」

「翼が?」


 激しい戦闘を物語るように、通路には灰色の作業着を着た死体が幾つも転がっている。青森シェルターの自警団たちだろう。家族を守るため、命懸けでシャッターを閉めたに違いない。だが、ただの人間が武器を手に戦ったところで、【D】には歯が立たない。

 ダブルギアが太刀や和弓のみで敵と互角以上に戦えるのは、彼女らが【D】と同じく神の御力を神降ろしダウンロードされているからであって、覚醒していない一般人が抗おうと、嬲り殺しにされるだけだ。

 床に転がる千切れた死体の山を飛び越え、二人は階段へ進む。しばらく黙っていた翼は、五段飛ばしで階段を駆け下りながら重い口を開いた。


「……怖かったんだ」

「怖いって、何が」

「誰かがあれを使うことが、怖かったんだ。万が一、柊が発狂したら、また・・三年前みたいに、仲間同士で殺し合いが起きてしまう。そう考えたら、できるだけ使ってほしくなかった」


 それきり口を噤んでしまった翼の代わりに、榊が続ける。


『このことは、翼一人の問題ではない。三年前から小隊にいる隊員は、恐らく全員、臨界速ダブルギアに対し、強い拒否感を抱いている』

「俺が使うのを嫌がる、ってことですか?」

『そうだ。仮におまえが皆の前で臨界速ダブルギアを使えば、殆どの隊員が、おまえを激しく拒絶するだろう。それに、あれを使っても死なないとなれば、神や性別の違いまで気づかれる』

「……俺のためだ、って言いたいんですか」

『おまえのためでもあるし、小隊全体の士気に関わることだ』


 階段を抜け、再び通路に出る。

 既に固まり始めた大量の床の血に、足を絡めとられそうになった。まっすぐな通路のあちこちに、くすんだ色の臓器や千切れた手足が転がっている。直視できない光景に吐き気を堪え、死体を飛び越える。


「黙っていたことは、もういいです。それより、通信を入れたってことは、俺にそれを使えってことですよね」

『そうだ。おまえと翼、二人しかいないのなら、使用しても問題なかろう』

「でも、それだと翼の気持ちはどうなるんですか?」


 臨界速ダブルギアのことをしばらく秘密にしてほしい、と榊へ頼んだのは他でもない、すぐ目の前を走り続けている翼なのだ。彼女もまた他の隊員同様、ダブルギアの暴走に、強いトラウマがあるのだろう。


『翼には、小隊に関する全ての資料を読ませてある。佐東、おまえが臨界速ダブルギアを使用しても支障ないことも、知識として知っている。その上で、過去を受けとめるのは、翼自身の問題だ」

「けどっ」


 前を走る翼が、角を曲がりながら叫んだ。


「第二シャッターまで、残り三百メートル!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます