光輪のダブルギア

作者 朝比奈 楓

第16話 泣くな。泣いてもいいけど、戦え」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 僭越ながら、という所なのですが。
    前話で八咫烏の大きさを大雑把に説明した後で詳細な解説が入る、二重解説になっているように思います。
    二度説明する事自体に問題はありませんが、必要性は分かりませんでした(出版されると完全に繋がってしまいますので)。
    他者の意見を取り入れる事は良い事ですが、その際には細心の注意は必要かと思われます。
    アドバイスする人もそれによって崩れる事は望んでいないと思いますので。

    これは個人的に意見になるのですが、【D】の脅威を伝えるのも大きさを事細かに説明するだけではないと思っています。
    人が脅威を感じる大きさと言うのもまちまちなので。
    ここでは巨大である事と、どれだけ脅威である事かを伝え、具体的な大きさの想像は読む人に委ねると言う方法も、その一つかと思います(文字媒体の醍醐味でもありますね)。
    人により色々な意見がありますので、その中で自身が良いと思う方法を取捨選択し、最終的にはご自身の意思による修正になるという事を念頭に置いて改稿してしていくのが良いと思います。

    作者からの返信

    九里方 兼人様

    コメントありがとうございます!
    九里方様のコメントを読むまで、敵の脅威を表す手段について、「大きさ以外の表現」という概念を失念しておりました。

    おっしゃる通り、何に対して脅威を感じるか、というのは読み手によって千差万別ですよね。
    爪や嘴などのディテールに拘る方もいるでしょうし、被害者の様子、あるいは残忍な行動やスプラッタ表現など……様々なアプローチがあるはずでした。お恥ずかしい限りです。

    二重解説をしてしまったことも含め、皆さまからいただいたアドバイスをきちんと生かせるよう、全体を見ながら手なおししていきます。

    2019年10月18日 19:36

  • お待たせ致しました。
    企画へ参加頂きありがとうございます。
    読み終えたのでコメントを。

    世界観はありがちですが設定は良いと思います。
    読み辛さも無くサクサク読み進められる点も悪くはありません。
    改稿して読み手に伝える努力もされたようで、そこは評価したい所です。
    プロのライターさんから助言も貰えたようで、あとはそれをきちんと生かせるよう、常に考えながら作り上げれば、より良い物語になるでしょう。

    ひとつ。
    同時に複数書いていらっしゃるようですが、初心者の内はひとつに集中した方が良いです。
    まずひとつ、きちんと完結まで描き切り、その後新作に取り掛かる方が集中できます。
    どちらも散漫になり結果どちらも評価を得ない、そんな事例は事欠きません。
    評価の低い作品は切り捨てて、こちらに全精力を傾けた方が、良い結果を得るはずですよ。

    つい、何やらアイデアが湧いて来て書きたくなる、そんな気持ちも理解できなくはありませんが、アイデアは寝かせて置けば良いのです。
    プロットや設定をひとつの作品を仕上げている間に、とことん練り上げて終わり次第取り掛かっても遅くは無いですよ。

    以上、目標を掲げそこに向かって、読者に訴えかける作品を作り上げてください。

    作者からの返信

    ゆう様

    この度は拙作を読んで下さり、本当にありがとうございました。ゆう様の自主企画へたくさんの作品が集まっているなか、公開中の分を全部読んで下さったこと、心より感謝しております。

    実は、コメント後半でご指摘いただいた点(複数作品を同時連載)について、私自身も大変悩んでいる最中でした。
    けれども、ゆう様のコメントを読んだ瞬間、
    「やはり1つに集中して最後まで書き上げよう」と決心いたしました。

    こちらの『ダブルギア』のほうが、もう一方より反応をいただいているので、まずはこちらを全力で書き切ります。

    それと以前、公募に投稿した際、文章力の低さを何度も指摘されていたため気になってたのですが、特に読みにくさはない、ということで一安心しました。
    この先の話も、公開済みのものも、より一層よいものになるよう、気をつけていこうと思います。

    ゆう様にいただいたアドバイスを胸に、「ぐっとくる」話を書けるよう努力してまいります。
    重ね重ねになりますが、素敵な企画を主催いただいたこと、読んで下さったこと、そして的確なアドバイスをありがとうございました。

    2019年10月14日 15:57

  • すべてのエピソード 13
  • 第1話 ダブルギアの少年 2
  • 第2話 それでは、また
  • 第3話 貧乏くじか、宝のくじか
  • 第4話 榊 翼《さかき・つばさ》 1
  • 第5話 黙っているのと、嘘を吐くのは違う
  • 第6話 23名の戦乙女たち
  • 第7話 手荒い歓迎会
  • 第8話 閃光のように、苛烈な
  • 第9話 地下シェルター
  • 第10話 男装の女神
  • 第11話 不穏な警告音 1
  • 第12話 長谷部司令と榊二佐
  • 第13話 疑惑の芽
  • 第14話 ただ一人の英雄、使い捨ての英雄
  • 第15話 初陣 1
  • 第16話 泣くな。泣いてもいいけど、戦え 2
  • 第17話 戦いの舞台
  • 第18話 雛
  • 第19話 3年前のトラウマ
  • 第20話 囮
  • 第21話 仮面を捨てて
  • 第22話 日輪と月輪
  • 第23話 (翼視点)初陣2
  • 第24話 嘘の代償
  • 第25話 鳴らない警鐘
  • 第26話 榊明彦と佐東柊
  • 第27話 椅子取りゲーム 1
  • 第28話 覚悟
  • 第29話 蜘蛛の巣のような思惑
  • 第30話 胸を張れ
  • 第31話 不規則発言
  • 第32話 自覚はあるのか
  • 第33話 お出迎え
  • 第34話 歪《ひずみ》
  • 第35話 温室の管理人
  • 第36話 猛獣と小ウサギ 1
  • 第37話 手向けの花
  • 第38話 それぞれが背負う十字架
  • 第39話 頼みごと
  • 第40話 花弁を濡らすしずく
  • 第41話 教え
  • 第42話 沈黙
  • 第43話 靄《もや》のような不安
  • 第44話 出動
  • 第45話 きみがいなくなってから
  • 第46話 白く焼きつく視界
  • 第47話 革命か、さもなくば死を
  • 第48話 八つ首の悪魔
  • 第49話 立ち上がる理由
  • 第50話 覚醒 1
  • 第51話 残り13.7km
  • 第52話 あと三人
  • 第53話 黒尽くめの少年
  • 第54話 最後の砦
  • 第55話 大人の喧嘩
  • 第56話 身も心も魂も
  • 第57話 戦果報告
  • 第58話 キス・アンド・クライ 1
  • ◆主な登場人物◆(第1部のネタバレ注意)
  • 第59話 父の教え
  • 第60話 グリコのおまけ
  • 第61話 意外な弱点
  • 第62話 舵取り
  • 第63話 密室に二人
  • 第64話 史上最悪の新人
  • 第65話 臨時編成・四班 1
  • 第66話 致命的な凡ミス 1
  • 第67話 いつもと違う朝
  • 第68話 黒表紙の真実
  • 第69話 暴露
  • 第70話 真意と思惑
  • 第71話 引き返せない分かれ道
  • 第72話 足枷