第5話 黙っているのと、嘘を吐くのは違う

さかきです。佐東さとう三尉を連れてまいりました」


 一拍置いて、内側からドアが開かれた。

 秘書らしき二十代の女性が、深々とお辞儀をする。部屋の一番奥へ視線を向けると、アンティークな造りのデスクの傍らに立ち、資料へ目を落とす軍服姿の青年が目に入った。

 秘書に促され、柊だけが入室する。

 デスクの前へ歩み寄る間、柊は軍帽を被った人物から視線が外せなかった。着ているものは、戦闘中に翼が着ていた服と基本の造りは同じだ。しかし、襟章や肩章が派手になっていて、一目で立場ある人物と分かる。


 まっすぐな鼻梁から細い顎のラインは一分の隙もなく整い、切れ長の瞳は強固な意志を感じさせる。身長は柊とさほど変わらなかったが、声をかけるのも躊躇われるような堂々たる佇まいの青年は、手にしたファイルを閉じ、デスクへ置いた。


「長時間の移動、ご苦労であった」

「は、はい」


 落ち着いたハスキーボイスを響かせ、青年は距離を一歩詰める。


「特定巨大生物災害対策本部・第一小隊、小隊長のさかき真実まことだ」

佐東さとうしゅうです」


 凛々しい小隊長を前に、思わず背後に立つ秘書へ振り返る。

 ヘッドギアをしている翼を見ても、少年と信じて疑わなかった。声を聴いた後は、成長期前の子どもだろうと考えた。顔を見た後も、あどけなさの残る年下の少年と思い込んでいた――それは、ダブルギアには未成年の男しかなれない、と刷り込まれていたせいもある。

 しかし、小隊全員が女性だ、と聞かされた後なのに、目の前に立つ軍帽を被った人物は青年にしか見えない。それも、とびきり端正な面立ちの美青年だ。


 新人がこういった反応をみせるのは、いつものことなのだろう。榊の秘書は、含み笑いを堪えている。小隊長の榊も、顔色一つ変えない。


「何か気になるか」

「あ、いえ……その、少しだけ」


 あの化け物と戦う一個小隊を率いる、叩き上げの女戦士だ。小隊長は、ゴリラのような筋肉達磨の女傑だろう、と予想していたのだ。そこへ、すらりとした細身で映画スターさながらの美男子が出迎えたものだから、面食らってしまうのも仕方がない。


「小隊長だけは、国から派遣された男、とかそういうのですか?」

「私も十代の頃はヘッドギアを被って前線に立っていた。つまり、そういうことだ」

「ということは、やっぱり女……」


(これが本物の男装の麗人か!)

 不躾なまなざしも、榊にとっては慣れたものなのだろう。特に気を悪くした様子もない。


「私は、小隊を代表して政治家や記者等、外部の人間と接する機会がある。こうでなければ務まらんよ。で、他に聞きたいことは?」


 榊は見た目よりフランクな性格なのかもしれない。更なる発言を許された柊は、次の質問を口にした。


「榊、ってことは、榊翼さんの親戚ですか?」

「私と翼は、年の離れた姉妹になる。そして我々は、初代隊長、さかきこうの孫にあたる血筋だ」

「国会襲撃事件の、あの・・榊閣下・・・子孫・・ですか!?」


 榊孝――その名は、勉強が苦手な柊でさえ、当然のように知っている。

 十七年前、敵性知的生命体【D】が世界各地で暴れだしたとき、榊孝は、僅か五名の隊員を率いて、内閣総理大臣を守り抜いた英雄だ。

 榊孝はその戦闘で命を落としたものの、死の間際に全てを総理へ託し、ダブルギアの正式な発足の足掛かりとなった人物である。そう、小学校で習った。

 もっとも、榊孝が・・・女性・・である・・・ことは・・・秘されていたが。


「じゃあ小隊長は、榊閣下に戦闘を教わったことも?」


 英雄の子孫を前に、思わず声が高くなる。だが、それもおきまりの反応らしい。湯気を立てる茶碗を置きながら、くすくすと秘書が笑い声をあげた。


「教わるも何も、榊小隊長はその国会襲撃事件へ、最年少の戦闘員として出陣していますのよ。いわば、ダブルギアの第一期生ですもの」

「うそだろ……」


 教科書にカラーイラスト入りで紹介される人物と、こんな至近距離で話すことになるとは――。柊の素直な反応に、榊は少し表情を緩めた。


「ここへ来るまで、自衛官から多少は聞いているだろうが、彼らは、あくまでも協力関係にある外部の人間だ。少し、正確な情報を話しておこう」


 勧められるがまま、柊は応接セットのソファに腰を下ろした。スプリングの心地よさに、ため息が零れそうになる。彼が落ち着くのを待ち、榊は説明を始めた。


 一般に【D】と呼ばれる化け物の世界的な正式名称は、敵性知的生命体という。

 神や精霊、悪魔といった目に見えない存在の力を神降ろしダウンロードされた生物であり、常識はずれの能力を手に、暴虐の限りを尽している。【D】の侵攻は日本だけでなく、世界中の国と地域がその被害に遭っていた。

 寿命は最長で一週間。死ぬと塵となり、崩れ去る。しかし二十八日周期で次の個体が現われるため、十七年の間に幾つもの国と地域がその名を消した。


「最大の問題は、人間側の武器が効かないことだ」

「それは、自分の身をもって実感しました。あんな化け物、銃や弓矢で倒せるレベルじゃないです」

「襲撃が始まった頃、ある国が、自国の保有する核を使用したことがある。それでさえ、ほんの半日、足止めしただけだ。その代償として、投下地点の都市は壊滅状態となったが」


 そんな絶望的な災厄と、唯一、対等に渡り合える部隊。それが、特定巨大生物災害対策本部・第一小隊――通称ダブルギアだ。

 彼ら(本当は彼女たち)は、日本の神話で中心的存在として語られる、天照大神アマテラスオオミカミの加護を受けた護国の戦士である。


「我々は、天照大神の御力みちから神降ろしダウンロードしている。ゆえに、同じように何かしらの神の力を与えられた【D】にも攻撃が通じる、という仕組みだ」

「は、はい。学校でもそう習いました」


 目には目を、歯には歯を、神の使徒には神の使徒を――当然だろう、というように榊は目を細めてみせる。


「理論上、戦士を生み出せる神は、天照大神以外にも存在する。例えば佐東……君に神降ろしダウンロードした『月読命ツクヨミノミコト』もその一つだ。その最も有名な例が、酒呑童子しゅてんどうじという鬼を倒したことで知られる源頼光みなもとのらいこうだ」


「その頼光って人に倒された酒呑童子は、【D】なんですか?」

「そうだ。とはいえ、月読命のダブルギアは、百年に一人以下の覚醒率とされる。世界の神々にも可能性はあるが、望みはあまり高くない」


 覚醒の可能性だけなら、日本人に限らず、誰にでもあり得るものらしい。

 だが、実質的には日本人の少女しか見込めないとすれば、国が少女たちの保護を優先するのも当然だ。


「だから、ダブルギアが女子っていうことは秘密なんですね?」


 一つ頷き、榊は考え込むように細い顎へそっと指をあてた。


「それもある。だが、戦闘員が全員少年である、と誤情報を流す最大の理由は、日本の神話に書かれているのだ」

「?」

「天照大神は戦場へ赴く際、男装した・・・・と」


 初めて聞く話に、柊は目を白黒させた。子どもの頃から厳しい訓練に明け暮れてきた彼は、『古事記』や『日本書紀』など、読んだこともない。

 しかし榊は、座学で使う教本にあるから読んでおくように、とだけ告げた。


「他にも、一般の国民には公開できない秘密は多い。しかし、我々が国民のために戦い、いつの日か地上を取り戻さんと願っていることは、紛れもない事実だ。どうか、誇りと信念をもって職務に当たってもらいたい」


 責任の重さに、胸が苦しくなる。だが、それと同時に思い出したのは、できるものなら自分を覚醒させてほしい、と目元を赤くして語る自衛官の男の姿だった。

 肩を強張らせていた柊は、やがて小さな吐息を洩らした。


「やってみます」

「宜しい。私の話は以上だ」


 榊の声は少し明るくなったように感じられたが、柊の緊張は続いていた。


「あの……確認なんですけど。俺以外のダブルギアは、本当に、全員が女子なんですか?」

「そうだ。現役の戦闘員、二十三名はもちろん、小隊発足以降に覚醒したダブルギアは、その全てが天照大神の加護を受けていた。つまり、女性隊員しか存在したことがない」

「で、俺だけが月読命のダブルギアと」

「おまえより前の男性覚醒者は、明治時代にまでさかのぼる」


 嫌な予感に、冷たい汗が背中を伝う。


「みんなとは力を借りてる神様が違う、なんて言ったら、俺、村八分ですよね?」

「だろうな」


 真顔で答える榊に、柊は両手で頭を抱えた。


「やっぱりそうですよね。小隊長たちは、仕事だから納得してくれただけで、俺だけ神様が違うなんて、普通は宗教戦争まったなしですよね……」

「閉鎖空間で命懸けの戦闘訓練に明け暮れる日々だ。些細なことから喧嘩に発展することは、ままある。まして、はっきりと他の隊員と違う点があれば、難癖をつける者も、少なからず出てくるだろう」

「じゃあ、どうすればいいんですか!」


 すると、榊は表情を変えることなく、さらりと答えた。


「黙っていれば宜しい」


 何を言われたか、一瞬、理解できなかった。


「は?」

「これまで、天照大神のダブルギアしか入隊したことがないのだ。わざわざ言わなければ、佐東も天照大神の加護を受けている、と誰もが思い込むだろう。それに、黙っているのと嘘を吐くのは違う」


 ただでさえ新入りは目をつけられやすいのに、後ろ盾となる神が違うなんて、あまりにもデリケートな問題だ。榊の提案は、非常に現実的といえるだろう。

 しかし、そこに付随する難問に気づいた柊の頬が引きる。


「いや、あの、それだと俺……女子ってことに・・・・・・・なり・・ません・・・?」

「天照大神のダブルギアは女性しかなれないのだ、致し方あるまい」


 淡々とした榊の返答に、堪えきれなくなった秘書が書類棚にしがみついて笑い始めた。理解不能な展開に、柊の開いた口は塞がらない。


「俺のどこが女子に見えるんですか!」

「刷り込みとはそういうものだ。それに、誰しも鏡の前では、無意識に自分の理想とする面構えになるらしい。おまえが覗く鏡には、実物よりも精悍な若者が映っているのだろう」

「顔がいいとか悪いとかじゃなくて、男か女か・・・・ですよ?」

忌憚きたんなく言わせてもらうなら、君の容姿は、高身長の地味系女子、といったところか。精々、地下世代特有の極端な中性顔――いわゆる、性別不明・・・・だ」


 言葉に詰まって秘書へ視線を送ったが、笑いながら榊に同意するばかりだ。


「性別を疑われたことなんて、一度もなかったのに……」

「現代の子どもは、小学生から女子校・男子校に分かれて暮らす。十六歳の就職まで約九年間、異性を見ずに生活するのだ。同じ学校に通うということは男だろう、と消去法で断定されていたに過ぎない」


 対面のソファから立ち上がると、榊は手を腰に当て、柊を見下ろした。

 すらりとした体躯は、どこからどう見ても、凛々しい青年のそれだ。


「おまえは、確かに背丈はあるようだが、それとて私とそう変わらない。ここまで伸びる女は滅多にいないが、現役の隊員には、佐東より大柄な者もいる」

(もっとデカいのがいるんですか……)

「加護を受けた神の御名みなと同じだ。黙っていれば、誰も疑わない。『ダブルギアは少女部隊』というのが、この・・基地・・での・・共通認識・・・・なのだから」


 ムチャクチャな、と言いかけたが、口をつぐむ。

 たった一人の異性で、しかも後ろ盾の神も違う――と、正直に話せばどうなるか。ここへ来る前と同じ日々が再現されるだけだ。遠巻きにされ、陰口をたたかれ、無理やり危険な任務に押し込まれるかもしれない。

 自分より大柄な女子がいるなら、訓練にかこつけて暴力を振るわれる可能性だって、絶対にないとは言い切れないだろう。


 黙っているのと嘘を吐くのは違う――榊の言葉を屁理屈と一蹴するには、これまで柊が生きて来た環境は過酷すぎた。それに、万が一バレたとしても、「黙っているように」という榊の命令に従っただけ、という事実もある。

 僅かな罪悪感さえ飲み込んでしまえば、静かに生きていけるのだ。それに反論するだけの理由など、柊は持ち合わせていなかった。


「分かりました。そうします」

「そうか。ちょうど翼も来たところだ。今日は出撃があったから、消灯時間まで非番となる。小隊の仲間たちにも挨拶してくるといい」


 柊は荷物を掴むと一礼し、小隊長室を出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます