第10話「フォース・ウイング」

「よし!!」


 砲撃手であるエドワードが放った破砕弾は見事、帝国軍ガゼル級の上部見張り席へと命中し、彼は砲手席の中で喝采の声を上げる。


「これで、俺も星三つ!!」


 たとえこの王国軍の新造艦「セブレント」の砲といえども、初弾がいきなり命中するのは珍しい事だ。


「あと一つで、除隊が射程範囲!!」


 その彼の砲撃に続き、セブレントの他砲門からも火線がそのガゼル級にと向かう。


「よし、俺も……!!」


 ズゥン……


 だが、その二撃目、三撃目と続けて放った破砕弾は明後日の方向へと向かっていく。もともとが飛行船の砲というものが数で勝負する物なのだ。彼の腕が悪い訳ではない。


「……各砲座、砲撃中止」

「何だって、艦長?」


 伝令管を通して伝わった艦長からの言葉を受け。


「あ……」


 実と見ると、その帝国軍のガゼル級はターボエンジンを吹かし、戦域から離脱しようとしている。どうやら先にセブレントによって「上」を取られた事により、不利を悟ったのであろう。


「ちぇ……」


 エドワードにとっては除隊が遠のいたが為に、不機嫌そうにその舌を鳴らす。




――――――




――お元気ですか、エリア――

「よお、エドワード!!」


 居室で筆を取っていた彼を、同僚が軽く馬鹿にしたようにその手で小突く。


「また、恋人への手紙かぁ?」

「うるさい、いいだろう!?」

「へへ……」


 その同僚はエドワードにとって悪い仲間であるとは思っていないが、それでもプライベートにまで口を出してくるのは、あまり嬉しい事ではない。


――もうすぐ、俺は除隊になる――


 同僚が部屋から出ていった音をその耳にと入れながら、エドワードは手紙を書くその手を止めない。


――給料も貯まり、宝石の一つでも買ってやれる、ようやく――


 そこまで書いて、エドワードは軽くその背を伸ばしつつ。


「あ、願い竜……」


 居室の丸窓から見える、星空に映える虹色の翼へと、その視線を向ける。


「何か、不吉な事でも起きるかな?」


 他の人々は願い竜の事を不吉の象徴だと見ている風があるが、エドワードはその噂をややに馬鹿にしている。


「こんな綺麗なドラゴンが、不吉な訳があるものか……」


 そう独り言を言いながら、エドワードは再び鉛筆をその手に取った。




――――――




 真昼の超高高度では浮遊島もその姿を見せず、ただエドワードの眼下には雲海を望むのみ。


「この砲座も、まもなく見納めかあ……」


 しかし、その「命中マーク」を当てにした彼の発言は、やや捕らぬ狸の皮算用の所がある。


「早く、帝国軍の艦でも出ないかな……」


 しかし、最近ではここらの高高度空域は王国軍が優勢となっている。先のガゼル級を最後に帝国の艦はその姿を見せない。


「そうすりゃ、俺も除隊……」


 命中マークを稼がなくても、一年もすれば除隊にはなるが、それまで彼エドワードは待ちきれない。


「エリア……」


 その彼の恋人の名は、砲座室の中にと響いたのみである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます