第9話「手紙」

「今日も良い星空……」


 彼女、観測兵の任務席である船の場所にと座り込む彼女ウルスは、今日も望遠鏡を片手に。


「でも、この星空も見納めかあ……」


 見張り、それに精を出す。


「この、ガゼル級の妙な揺れも」


 この彼女が務める観測室は狭く息苦しい。だか。


「変な匂いが充満する、この観測室も」


 もうすぐ、彼女は除隊となる。


「火薬の匂いが立ち込める、この艦も」


 徴兵でこのガゼル級に配備されたその日、それから長いような短いような日々が過ぎた。それももう終わり。


「もうすぐ、お別れか」


 そう思うと、何かと感慨深い物がある。


「あ、願い竜……」


 その闇夜にと翼を拡げる願い竜、虹色の翼が彼女の視界一杯にと広がり。


「もしかして、若い竜かしら?」


 竜の翼、そこからは淡い燐光のような物が、星空にと散らばる。


 グゥ……


「ん?」


 何かがガゼル級、彼女の艦上空へと影がよぎった。


「何だろう……?」


 彼女が疑問に思い、その手に持つ望遠鏡をその影にと向けた、その時。


「……!!」


 突然の砲弾が彼女の席へと直撃し、そのウルスの身体が宙へと投げ出される。


 ウゥウ……!!


 そのガゼル級がかき鳴らす警報の音も、彼女の耳には入らない。


「う、うう……!!」


 宙を落下していく彼女は、致命傷を負った自らの腹部から昨日書き終わった手紙を取り出す。


「ウ、ウーゼル……」


 徐々に狭まる視界、その視界の中で彼女は。


 シャ、ア……


 最後に彼女は、虹の翼を見た。




――――――




「こちら第百二宙域、王国軍との戦闘が開始されました」


 通信兵ウーゼルはそう帝国本国にと通信を入れた後、その野外通信局にしつらえたテントからその身を乗りだし。


「ウルスの奴は、元気かな……?」


 よく晴れた青空の元で、大きく伸びをする。


 ヒィラ……


 その深呼吸をしている彼の手元へ、天から風に揺られて落ちてくる数枚の手紙。


「ウルスの、手紙……?」


 その紙の束は、そのまま彼を抱き締めるかのようにその場、草原にと舞う。


「ウル、ス……?」


 彼のその声、それには風は答えない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます