第7話「サード・ウイング」

「この徹甲弾射出銃」


 ウルス、彼女はそう愚痴りながら、自らが携えるライフル銃の手入れを続ける。


「肩への反動が酷すぎるわよ」

「まあ、無茶な造りの銃だからねぇ……」

「でも、そのお陰で」


 空中軍艦の居住室、狭いその空間ではそのライフル銃は場所をとって仕方がない。


「あの空賊のエアボートを、撃退出来たんだけどね」

「何故か、一隻しか来なかったあのエアボートをね」

「それを言わないで」


 そう言いながらウルスは、居住室の丸窓から外の青空を実と見やる。


「空賊には、空賊の都合があるんでしょ……」

「まあ、空賊の事情なんか言い合っても」

「仕方ないわね」

「フフ……」


 雲の上の世界を見つめたまま、そう彼女ウルスは同室にいる女性兵と笑い合う。


「さて……」

「また、彼氏への文通?」

「うるさい」


 彼女の休憩時間は残りわずか、その間にも何とか、遠く離れた島にといる恋人に手紙を書いておきたいが。


――そちらの様子はどうですか、私は元気でやっています――


 その後の言葉、それがどうしても続かない。

 

 カァン、カァ……


 その時、当直交代を知らせる鐘の音が伝令管を通して伝わり。


「ほら、行くわよウルス」

「う、うん……」


 手紙を書き残したまま、彼女達は居住室から出ていった。




――――――




「こんな高空域に、王国の軍がいるのかしら……?」


 船外上方甲板での見張り台、そこでウルスは双眼鏡を片手に、あちらこちらの雲間を覗いている。


「おや、あれは……?」


 そのウルスの視線の先では、何やら一匹のドラゴン。


「艦長」

「何だ、ウルス?」

「方位二の上に約八、願い竜の姿が見えます」


 手元の高度計でその、何か「座礁」した船の残骸を食べている願い竜の姿を見て、彼女ウルスはこの「ガゼル級」の艦長にと、その事を伝える。


「どうやら、パルナート級の民間船を食べているようですが……」

「願い竜か、不吉だな」

「このまま、対象の観察を続けます」

「うむ……」


 太陽の光が眩しい高高度の雲海、そこで一心不乱にその船を食べている願い竜にと、ウルスは双眼鏡を傾け続けた。


「……見るだけなら、あの虹色の翼は綺麗なんだけどな」


 それでも、他のドラゴンのようにこの願い竜をシンボルとして、飛行船やエアボートに描く者は少ない。


「不吉な竜、か……」


 そう言いながら願い竜を観察していたウルスの耳に、開けっぱなしの伝令管から他の見張りの声が響く。


「こちら、艦下方観測室!!」


 その見張り兵の男の声と共に、伝令管からは警戒を知らせる音が鳴り響いた。


「王国軍、我が艦の真下にいます!!」

「各砲門!!」


 艦長のその掛け声と共に、艦内があわただしく様子、それが伝令管を通してウルスにも伝わってくる。


「下方、雲海の中に向けろ!!」


 ウルスもその下方雲海、それにと視線を向けようとしたが、どうやら本当に敵艦はガゼル艦の真下、ウルスから見て死角に浮かんでいるらしい。


「あたしが出る幕はない……」


 そう思いながら、彼女は飛行船の残骸を食べ続けている願い竜からその目を移し。


「では、他に敵艦はと……」


 太陽の光が照りつく、高高度の世界でその任務、観測を続ける。




――――――




――お元気ですか、ウーゼル――


 夜空の星々が部屋の丸窓から見える中。


「また、恋人に手紙を書いているの?」

「うるさい、いいじゃない……」


 ウルスは、恋人ウーゼルに向けて手紙を書き続ける。


――今日もまた、王国軍と戦闘があって、沢山の人が死んだよ――


 空での戦いで下にと沈んだ艦。その中にいる人々が何処へ行くのかは誰にも解らない。解明されていない謎だ。


――空の下には大きな浮遊島があり、そこに人が行き着くと言われてるけど――


 それでも、その「噂」の真偽は誰にも解らない。この空に住む人々の永遠の謎である。


――空の上にも何があるか解らず、下にも何があるかわからないね――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます