第2話「夜の飛行船」

 夜の飛行船から光を放つのは、良し悪しだ。


「夜には、空賊もあまり出ないのだがな……」


 夕方頃に人工衛星島、小規模な補給基地へと立ち寄り、仮眠をとったアランは、急く気持ちのままに夜間飛行を繰り出している。


――ここいらでは、夜間でも空賊が出ますよ――

――なに、振りきれるさ――

――そりゃあ、ここまで軽量化していれば――


 だが、その補給基地での係員の台詞はもっともだ。賊に定時などはない。


「とはいえ、空賊が狙うのは貨物、暗くてはそれを落下させるリスクがある……」


 そのアランの意見も正しいことは正しいがやはり恋人の病気、それの進行が深まっている事も彼を焦らせている。でなければ夜間飛行というものが危険なのは間違いで無いのだ。


「ま、どうにかなるさ……」


 気休めにも似た言葉を吐きながら、アランは闇夜の空へとパルナートを飛ばさせる。それでも空賊対策の為、電灯は付けない。


「……」


 だが、昼間に願い竜が落としたペンダント、それが空賊の心配から別の心配にと彼の心を移させる。


「フン……」


 そのペンダントをポケットにとしまいこみながら、アランは自身が首から身に付けている元々のペンダント、それにコツコツと指を叩きつけた。


「ん……?」


 その時、アランは肌にと感じる夜の空気、パイロットスーツ越しにも肌寒く感じるそれに「何か」が混じっている事に気が付く。


「硝煙の匂い……?」


 硝煙、その匂いに嫌な気配を感じながらも、アランはパルナートの出力を上昇させようとした。その時。


 ズォン!!


「た、対空砲!?」


 その砲弾はアランのパルナートから弾道が逸れたようであるが、その砲に続き。


 ブゥ、ン!!


 羽音のような物を夜の空へと響かせながら小型艇、よく空賊が獲物を捕獲するために扱う一人乗りのエアボートがアランのパルナートにと接近してくる音が聴こえる。


「エンジン、ターボ点火!!」


 片手で自動砲台、散弾を放つその対空砲のコントロールを行いながら、アランは船のスロットルを大幅に上昇させた。


 ゴゥン!!


「アンカーを取り付けられたか!!」


 その船へとアンカー、楔を取りつけたエアボートを散弾で追い払いながら、アランはパルナートを加速させ、一気をその空賊達から距離を離そうとターボエンジンをかける。


「数は一隻!!」


 空賊の数は多くはない。目印になることを覚悟で付けた照明から判断するに、小型から中型の船一隻にエアボート数隻といった所である。が。


「どちらにしろ、このパルナートは戦闘用ではない……!!」


 とるに足らない規模の空賊といえど勝てる相手ではなく、さりとて荷物を渡す訳にはいかない。


「アイリーン!!」


 恋人の名を御守りのように叫びながら、アランはパルナートのエンジンを噴かす。その彼の船に迫り来る空賊のエアボート達。


 カンッ!!


 その高速で迫るエアボート、それに乗る空賊が放ったと思われるライフルの弾が、パルナートの外装にと弾かれる。


「アイリーン!!」


 空賊を引き離せない、その事に恐怖を感じたアランは、またしても恋人の名を叫ぶ。




――――――




 バゥフ……


 その卑小な人間達の様子を、願い竜は透明な夜の闇の中からじっと見つめている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます