第53話 赤き荒野にて




 クーザン荒野はおおむね、エッドが思い描いていた通りの場所だった。


 広大な荒れ野には色あせた植物が申し訳程度に残され、あとはひび割れた赤土が延々と続くのみ。背の低い樹木は時々見かけることができ、そこを拠点とする痩せた野生動物たちの姿が確認できた。


「なーんにもないでしょ。ここで野営するなんて、野盗ぐらいだよ」

「遮蔽物が少ないな。戦闘はやり易いんじゃないか」

「こちらも奇襲できないとも言えますよ」


 各々が荒野に対し、所感を述べる。

 エッドは密偵から託された地図を広げ、朱で囲まれた一角に目を落とした。


「目標はこの辺りに拠点を作って、この数日間動いていないらしい」

「えーと……ちょっと大きな木があるね。あの辺りかな?」

「恐らくな。枝のつき方が、セプが描いた絵にそっくりだ。あいつ、絵も上手いな」


「……人間の目がこれほど劣っている器官だとは、落胆しますね」


 紅い目を細めてエッドたちと同じ方角を睨んでいたログレスは、やがて諦めたように肩をすくめて呟いた。エッドと魔物まじりの少女の視界には、すでに特徴的な曲がりかたをしている一本の木が捕捉されているのだ。


 少し驚いた顔になり、アレイアが師に訊く。


「あんなに“近く”の物も見えないなんて、不便じゃないの?」

「膝に置いた本が読めれば、問題ありませんよ」

「そもそもお前、普通の人間よりも絶対視力落ちてるぞ。せめて、本は明るいところで読むんだな」

「……亡者に、健康について諭される日が来るとは思いませんでした」


 顔をしかめた友から視線を外し、エッドは再び目標地点を観察する。


 ちょうど拠点は小高い丘の向こうにあるらしく、こちらからだと詳細が確認できない。いくつかの木箱らしき物体が周囲に散らばっているのを見る限り、何者かの野営地であることは間違いないのだが――


「この荒野の中では、あそこは間違いなく一等地だ。だが勇者たちはもう移動していて、アレイアの言う野盗が居ついている可能性もある。もう少し接近したいが……」

「やめといたほうがいいね。あいつ、勘は物凄くいいんだ。これ以上近づいたら、気づかれて戦闘に突入しちゃうかも。作戦決行は、夜なんでしょ」


 アレイアはそう忠告したあと、警戒するように辺りを見回した。

 エッドは顎に手をやり、考えを絞る。


「うーん……また俺がコウモリになって、様子を探りに行くとか」

「えっ! それって、“姿変化ミラージュ”? すごい、見たいっ!」


 知的好奇心から鼻息を荒くした弟子に、ログレスは静かに頭を振った。


「手品ではありませんよ……。意外とあの術は魔力を消耗しますし、か弱い小動物の姿で“気のふれた武人”に接近するのは、如何なものかと思いますね」

「そうだな。聖宝の影響で、感覚がより鋭くなっている可能性もある。万一気付かれたら、即バッサリかもしれない」

「そっか……。まあ、あんたがコウモリ鍋にされちゃったらヤだもんね」


 そのような食べ物がウェルス大陸に流通しているのか気になったが、エッドは茶々を挟まずに続けた。想い人がこのすぐ先にいるかもしれないと思うと、身も入るというものだ。


「みずからが変化せずとも……生粋の魔物に手伝ってもらえば良いのでは?」


 ログレスは空を見上げ、淡々と意見した。

 追って顔を上げたエッドが見たのは、ぐるぐると頭上を旋回している黒い鳥たちの姿である。


 大きく不恰好な羽をばたつかせている割には、不気味なほど静かに飛んでいる。


「“屍体漁りデッドコンドル”じゃん。あんなに集まってるなんて、近くに死体でも打ち捨てられてんのかな?」

「偶然にも、瑞々しい一体が貴女のすぐ目の前にありますよ」

「……あ」


 エッドと目が合った少女は、気まずそうに視線を逸らす。亡者は苦笑して、再び黒い輪を見上げた。


「あれを使役する気か、ログ?」

「ええ。このまま我々の頭上で騒がれても厄介ですし、丁度良いかと。一羽、捕まえてきて頂けますか?」

「了解。“一瞬”で十分だ」

「元より、それ以上の時間はありません。いきますよ――」



 赤土と青空の境界がぐにゃりと溶け、混じり合う。

 エッドが目を瞬かせると、次に飛び込んできたのは黒い魔物の姿だった。


「!?」


 輪の真っ只中に突如現れた亡者に、“屍体漁り”たちはボタンのような目をさらに点にする。


 エッドは、手を上げて朗らかに言った。


「やあ。今からちょっとした仕事を手伝って欲しいんだけど、志願者はいるか?」


 言葉が通じたかは分からない。しかし魔物たちは羽ばたきの音を鋭くし、旋回をやめてエッドへの包囲網を縮めた。わざわざ懐に飛び込んできた獲物と、取引をかわす気はないらしい。


「だよな。じゃあ、悪いがそこの一番大きい君に頼む」

「ギャアッ! ギャアア!」

「ありがとう。協力感謝する」


 危険な音を打ち鳴らす朱色のクチバシにエッドは笑いかけ――そして何の躊躇もなく、素早く手を伸ばした。


「!」


 魔物はぎょっとしたが、矜持を見せて乱入者の腕に狙いを定める。

 無数に並んだ針のような歯が、灰色の腕を食いちぎろうと迫った。


「おっと――“おやつ”は、仕事のあとでな」

「ギャッ!?」


 人間離れした速さで腕が引っ込められ、魔物のクチバシは空を噛んだ。

 その間に、エッドは反対の“手”を鞭のようにしならせ、獲物の首根を正確に捉える。



「うん。ちゃんと、な」



 満足そうに、エッドは空中でひとり呟く。服飾品には向いていないだろうごわついた羽毛をしっかりと掴んだまま、目を固く閉じた。


(ログ、頼む)


 そう念じた瞬間、ふたたび身体が粘土のように捻れる心地が走る。“転移”の感覚にも、哀しいかな慣れたものである。


「わーっ! お見事!」

「鳥を捕まえるのは、亡者になる前から得意でしたね」


 乾いた地面を踏みしめると同時に、賞賛の声がエッドの耳を打つ。

 頭を振ってわずかなめまいを追い払うと、エッドは暴れる魔物を手早く持ち直して鎮める。


「誰かさんがよく追いかけられて、うちに逃げ込んできたもんでな」

「……昔話は止して、仕事をしましょう」


 ニヤニヤと薄ら笑いを浮かべているエッドを一瞥したあと、闇術師は素早く集中状態に移行する。


 猛暑の只中だというのに、重い冷気がエッドの足元を舐めた。



『汝が影に暫しの別れを告げよ。然すれば冷厳なる主人は、その身に安寧の寄り辺を与えん――追従せよ、“使役する友人コーザティヴ・フレンズ”』



 語りかけるような静かな詠唱を聞いた途端、魔物はエッドの腕でだらりと力を失った。


「……」


 やがて長い首を持ち上げ、魔物は小さな目でじっとログレスを見つめはじめる。従順に指示を待つ魔物を見た弟子が、感嘆の声を上げた。


「はあ、なんて綺麗な術式構成。あたしには、絶対無理だよ」

「頼むから、俺で練習しないでくれよ? その詠唱を聞くと、なんか腹の底がムズムズするんだ……」

「へえ! やっぱ従いたくなるの? すごい、どんな感じ? 意識は、どの程度あるの」


 無邪気な顔で迫ってくる若き闇術師から半歩後退すると、一瞬の隙をついて“屍体漁り”がエッドの手から飛び出した。


「あっ――」


 しかし魔鳥は空中で一度大きく羽ばたき、音もなく主人の肩へと舞い降りる。

 野鳥よりも発達した長い鉤爪は胴衣に穴を開けることもなく、優しく人間の肩を掴んでいた。


 ログレスは顔のすぐとなりにある、鋭いくちばしを臆せず撫でた。


「良い子ですね。少々、血生臭いですが」

「……。その術って、もしかしてあたしにも効くのかな?」

「羨ましそうな顔するなよ。何させられるか分かったもんじゃないぞ」


 エッドが少女にそう忠告すると、耳ざとい友は顔をしかめて反論した。


「不遜な物言いが目立ちますね、亡者。もう一度使役術をかけて、礼儀を学んでいただきましょうか?」

「純然たる主従関係には反対じゃなかったのか、ログレス先生?」

「理想と現実は、しばしば噛み合わないものです」


 嘆くようにため息をついた友からさりげなく距離を空け、エッドはぎこちなく微笑んだ。


「さ、さあ続きだ! それで、その鳥に何をさせるんだ?」

「またこの“対水晶ツインクリスタル”の世話になることにしましょう」


 闇術師が腰の鞄から取り出したのは、懐かしい道具だった。

 亡者になったその日、シュアーナの森で活躍した音声伝達魔具である。


「丸くなったんだな。それに、片方は……鏡?」


 エッドの記憶では小ぶりな首飾りのような水晶であったはずだが、現在は明らかに形状が変化していた。


「ええ。“優秀な道具屋”に頼んで、さらなる進化を遂げたのですよ。首飾り型の水晶で映したものが、こちらの鏡面に投影されるのです」

「おお! そりゃすごい」


 薄く引き伸ばされた“対水晶”は、言われなければただの手鏡に見えるだろう。不思議な輝きを放つ水晶板を取り囲んでいる銀細工には、波打つような繊細な意匠が凝らされている。


 しげしげと覗き込んだエッドの横で、アレイアがふふんと鼻を鳴らした。


「エッドには理解できないだろうね、この道具の崇高さは! あたしもちょっとだけ手伝ったんだ。ペッゴの腕って、本当にすごいんだから!」

「え。“腕”を見たのか?」

「そ、その腕じゃなくって……いやまあ、そっちも見たんだけど……うん、それは聞かないほうがいいかも……」


 なぜか小声になっていく道具屋の助手を深追いせず、エッドは友に向き直った。


「よし。じゃあさっそくやってくれ、ログ」

「承知しました」


 頷いたログレスは“屍体漁り”のクチバシに“対水晶”に連なる紐を噛ませ、つぶらな目に手をかざして集中した。

 短く指示を囁くと、魔鳥は音も立てずに主人の肩から飛び立つ。しっかりと羽ばたきながら、迷いなく拠点がある丘へと飛行していった。


「あの木に引っ掛けるつもりなのかな?」

「たぶんな」

「背も高いし、見晴らしもよさそうだね――っひゃ!?」

「!」


 期待に上気していた少女の顔が、小さな悲鳴と共に蒼く染まる。

 悲鳴の原因は、エッドにもすぐ理解できた。



 丘の向こうから吹き出す、可視できそうなほどの邪悪な気配――



「あっ! “屍体漁り”が!」



 目を凝らさずとも確認できたのは、まっすぐに空へと放たれた眩い光線。


 それは木にたどり着いたばかりの魔物の胴体を的確に打ち抜き、黒い羽ばたきを奪う。乾いた枝が絡み合う木上に魔鳥が墜落する鈍い音が、エッドの耳に届いた。


「ログ!」

「……。やられました」


 そう呟いた友は、日除けにもなるフードを深く引き下げてうつむく。

 しばらく黙り込んでいたが、鏡型の“対水晶”を手にとり覗いた。


「……あの魔物には、申し訳ないことをしました。けれど、仕事はやり遂げてくれたようです」

「ログレス……」

「弔いは、あとにしましょう」


 心配そうに言った弟子に、ログレスは顔を上げてしっかりと頷く。


 滅多に仕損じないこの男だが、いざ失敗をすると妙に落ち込む癖があった。

 それがいつの間にか、こうして思考を浮上させる術を学んでいる――またしても“時の流れ”を感じたエッドだったが、今回は感慨深い思いのほうが強かった。


 弟子を取らせたのは、やはり間違いではなかったようだ。


「さっきの光線って、“聖なる槍ホーリーランス”? すごかったけど」

「ええ。狙いも的確な上、あの高出力です。“優れた聖術師”があの丘の向こうにいるのは間違いないでしょう」

「……彼女だってのか?」


 回りくどい友の言葉に、エッドは自然と低い声になる。

 想い人が、危害を加える前の魔物を狙撃したことなどなかった。


 しかし心の隅では、すでに理解している――聖術を少し学んだ程度で放てる技ではない。

 

「……映りましたよ。真相を確かめましょう」


 大闇術師の言葉に、エッドとアレイアは額をぶつけそうな勢いで水晶の板を覗き込んだ。


 滑らかな板の表面が、淡く発光している。やがて冬のガラス窓の向こうを見ているかのような、ぼんやりとした景色が浮かび上がった。


 しかし、製作者が期待していたであろう道具への喝采は起こらない。


「……」


 エッドは、声もなく四角い水晶板に見入る。


 じっと“こちら”を見上げているのは、光の残滓を手にまとったまま立ち尽くすひとりの女。



 虚ろな昏き光を翠玉の瞳に宿した、メリエール・ランフアの姿だった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます